有酸素運動で痩せる事ができない理由

スポンサーリンク

こんばんわ。

久しぶりのブログの更新になります。とは言え、まだ前回の更新からあまり経過していないですが、そこまで気にする事はないですね。

さて、今日のテーマですが、「有酸素運動で痩せる事ができない理由」になります。




 

スポンサーリンク

有酸素運動は本来は痩せる事ができる

有酸素運動は、ダイエット方法の1つであり、

脂肪燃焼効果がある

ということからも、ダイエット効果が期待できるものです。有酸素運動は毎日または2日に1回行うことでそれなりの脂肪燃焼効果が長期的を見るとあります。

そこで、有酸素運動のおさらいですが

1回につき30分程度行う

なるべく3日以上あけない

短期的には効果が出にくい

になります。この3つを把握して、有酸素運動するだけでもダイエット効果が期待できて、半年ぐらい経過すると体重の減量が期待できます。1か月に数キロぐらい痩せていける可能性もあり、多くの人が行っているダイエット方法ですね。

このように、本来であれば有酸素運動を行うと痩せる事が可能です。しかし、痩せる事ができない人も存在します。

なぜ、有酸素運動をしっかりしているのに痩せる事ができないのか今回は触れていきます。




 

有酸素運動の基本的な事を守っていない

有酸素運動で痩せる事ができない理由の1つに、基本的な事を守っていない事です。

1日に有酸素運動の時間が短すぎるまたは長すぎる

たまにしか有酸素運動していない

この2点ですね。

まず、有酸素運動を1日20分未満しても、そこまでカロリーが消費されないのであまり効果が見込めない可能性があります。やらないよりは当然効果がありますが、しっかりと有酸素運動を行っている人と比べると効果は半減します。

また、有酸素運動を長くし過ぎても効果は半減します。例えば毎日有酸素運動は1時間以上するというように、あまりに1回の時間が長いと筋力の低下が起こります。

筋力が低下すると基礎代謝が下がるので結果的に痩せにくくなります。

有酸素運動は1回につき、20分から40分ぐらいにしておきます。

次に、たまにしか有酸素運動をしていない人です。例えば週2回から3回のように頻度が少ないですとそれだけ効果は半減されます。

なるべく毎日または2日に1回は行います。日にちが飽き過ぎるとせっかく有酸素運動したのが水の泡になってしまう可能性があるので注意します。

この2つを意識するだけでも効果はある程度期待できます。

 

摂取カロリーが多い

有酸素運動で痩せる事ができない理由の1つに摂取カロリーが多い事です。

ダイエットの基本知識として、摂取カロリー<消費カロリーになります。つまり、1日単位で摂取カロリーがおいですと太る可能性が高くなり、消費カロリーが少ないですとその分痩せる可能性が出てきます。

いくら有酸素運動をしっかり行っても、摂取カロリーが多いですと結果的に摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまって、痩せる事ができないです。

30分ウォーキングしても200から300カロリーの消費ですので、摂取カロリー自体が多すぎると当然痩せる事ができないです。

過度な食事制限は健康に悪影響が出てきますが、適度な食事制限は必要です。このように、運動すれば自然と痩せる事ができるという甘い考えではなくて摂取カロリーにも注意しなければいけないです。摂取カロリーと消費カロリーのバランスが痩せる秘訣です。




 

今日のまとめ

有酸素運動をすれば基本的に痩せる

有酸素運動の基礎を把握しておく

摂取カロリーを取り過ぎないように注意する

コメント

タイトルとURLをコピーしました