健康的に痩せるためには間食を制限

スポンサーリンク

こんにちは

健康的に痩せるためには、さまざまな事を考える事が必要ですが、やはり間食についてもそれなりの知識を身に付けて考えていく必要があります。

そこで、今日のテーマですが「健康的に痩せるためには間食を制限」になります。




 

スポンサーリンク

間食のデメリット

間食を摂取する人は比較的多いと思います。

例えばアイスや洋菓子、和菓子など沢山あります。普段と食事と比べると甘い物が多くなりがちですが、お菓子類は甘くしかも美味しい特徴があるので欠かすことができない人も多いです。

しかし、健康的に痩せるためにはお菓子類を多く摂取するのはあまり良くないです。

その理由としては

炭水化物を多く摂取してしまう

砂糖を多く摂取してしまう

事が上げられそれが結果的にカロリーを多く摂取してしまうことになります。過去にも言った事がありますが、いくら普段の食事をうまく制限する事ができても間食を多く摂取していると結果的に一日の総カロリーが多くなってしまって、食事制限があまり意味をなさないです。

また、お菓子類は多く摂取すると栄養も偏ってしまう可能性があり取り過ぎは健康にとってマイナスになる可能性もあるので注意します。

間食でもカロリーが低い物やお菓子類ばかりではなくて栄養バランスが良い物を摂取すればそこまで問題はないですが、間食がお菓子中心で、しかも毎日それなりの量を摂取している人は、健康を考えるのであれば当然制限する事が大事です。また、ダイエットする人もカロリーを含めて間食をどれだけ制限できるかがポイントとなるのでその点を考えながら行います。




 

主なお菓子のカロリー

名前グラムカロリー
あんまん100約400
カステラ一切れ約190
どら焼き100約190
アイス100150~240
ケーキ100約300
スイートポテト100約180
プリン100約170

となっています。比較的人気があるスイーツを並べましたけど100グラムでもそれなりのカロリーを摂取する事になりますし、アレンジする分だけカロリーが高くなってしまう可能性もあります。

アイスやケーキなど種類によってカロリーが大きく変わる事があり、チョコ系は特にカロリーが高くなってしまう可能性があるので注意します。洋菓子でもカロリーが低い物を多く使用する事によってカロリーが控えめの洋菓子を食べる事ができます。

ダイエットケーキやダイエットクッキーなどがありますが、これらは出来る限りカロリーが低い物を使用しているので結果的にカロリーが低くなっています。

 

まったく食べないというのは控える

私たちが大好きな間食ですが、今まで摂取してきた人は健康的に痩せるためにまったく食べないようにするというのは私はあまりお勧めできないです。

もちろん、間食を止めてダイエットに専念する事によって、それだけ炭水化物や砂糖などを制限する事ができますし、総カロリーをうまく制限できて痩せやすくなります。

しかし、間食が大好きな人がまったく摂取しなくなるとストレスがたまる可能性があります。ストレスがたまるとイライラしたり、体調が悪くなったりとマイナスになるのでストレスがたまりやすい人は間食をまったく止めるのではなくて、量を減らして制限していく形をとっていく事がお勧めです

うまく両を減らすだけでもダイエットには効果がありますし、健康的に痩せられる可能性は十分あります。




 

今日のまとめ

間食の取り過ぎはデメリットが大きい

間食の主なカロリーを把握しよう

間食をまったくしないのではなくて制限する事が大事

コメント

タイトルとURLをコピーしました