青汁の簡単な選び方ポイント

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は、青汁についてお話します。以前に1回だけ記事にしましたけど、今回は青汁の選び方について少し触れていきます。

そこで、今日のテーマは、「青汁の簡単な選び方ポイント」になります。




 

スポンサーリンク

主な成分を把握

さて、青汁を選ぶ時ですがどの青汁も体にとって良い成分が含まれている事が多く、健康的に痩せるためには欠かすことができないドリンクです。

そこで、青汁は多くの種類がありますが主に

大麦若葉

ケール

朝日菜

 

があります。

これらは、青汁の三大原材料と言われていますので、覚えておくようにします。ぞれぞれ特徴がありますが、その特徴については後日記事にしておきます。

初めての人にお勧めなのが大麦若葉です。理由としては、バランス良く健康的に必要な栄養素が含まれているからです。実際に大麦若葉を原料としている青汁は人気がありますし、もしかしたら皆さんも聞いた事があると思います。それだけ、青汁の原料において大麦若葉は定着していますし、良く売れています。

ケールや朝日菜も人気がありますが、私個人としては初心者の人はバランスが取れている大麦若葉がお勧めです。




 

成分をチェック

青汁を選ぶ時ですが、当然健康のために始めるものですから、健康に良い成分が多く含まれているものを選択する事も大事です。

青汁によって、成分が違いますからどのような成分が含まれているのか、各青汁をチェックして成分が豊富案ものを選択します。成分チェックの仕方としては、青汁が入った商品パックの裏側を見たり、自分が気になる青汁があればその青汁を生産している企業のホームページをチェックしてどのような青汁なのかを確認します。

多くの青汁が体にとって良いものですが、成分をチェックして選ぶ事によって、より体によって良い青汁を選択する事ができます。

また、余分な成分があまり含まれていない物を選択します。体にとってあまり良くない成分が含まれていたりなど安全面に不安を感じる青汁を選ばないようにします。

青汁の情報をチェックしながら選ぶだけでも、良い青汁を選択できる可能性は高くなります。

 

ジュースタイプか粒タイプか

青汁の形態にもさまざまあり

ジュースタイプ

粉タイプ

粒タイプ

などがあります。粉タイプは粉末に水を加えて飲む事が多いですので、ジュースタイプとそれほど変わらないです。

ここで、大事になるのがジュースとして飲むのとか、それとも粒として飲むのかです。

青汁の味にそれほど抵抗感がない人はジュースタイプがお勧めです。ジュースタイプですと喉も潤いますし青汁の味を感じることで健康的な事をしていると実感する事ができます

もし、少し味に抵抗感がある人はフルーツジュースなどを混ぜると飲みやすくなるので少し工夫するだけで飲みやすくなります。

どうしても青汁の抵抗感があり、フルーツジュースを混ぜても飲むのは難しいという人は粒タイプがお勧めです。粒タイプですと、それほど味を感じることなく飲む事ができます。

今では青汁もさまざまな形態があるので飲みやすくなっています。




今日のまとめ

青汁の原材料に注目

成分をチェック

ジュースタイプか粒タイプからを選ぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました