自宅で筋トレでも十分痩せられる

Pocket

明けましておめでとうございます。

 

さて、今年も頑張ってダイエットしていこう、そしてダイエットしている人を応援しようという事で始まります。

そこで、最初の議題ですが、筋トレになります。筋トレはスポーツジムに通っている人が多いですが、自宅でもダイエットのための筋トレは出来ないのか?という事についてお話します。

 

スポーツジムみたいに本格的に筋トレするのは簡単ではないですが、ダイエット目的であれば十分効果的な筋トレが出来ます。

 

自宅で出来る筋トレは多い

 

自宅でも出来る筋トレは多いです。

 

メイン所でいうと、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどがあります。

この3つは、別に何の道具も必要ないですので、気軽に出来る運動ですね。また、この3つの運動は効果も高く、特にスクワットは一番太い筋肉である太ももを鍛える事が出来るので、基礎代謝を上げるためにはもってこいの筋トレです。

 

また、簡単な筋トレ道具はすぐに手に入りますね。

自宅で筋トレをするのであれば、「ダンベル」は準備しておいた方が良いでしょう。ダンベルはスポーツショップで販売している事が多いです。まあ、ネットでも販売していますし、低価のものも多いので、簡単に手に入れる事が出来ます。

 

では、ダンベルがあるとどのような筋トレが出来るかと言うと、

例えばダンベル持ち上げが出来ます。腕の筋肉を鍛えてくれるので、助かります。さらに、スクワットする時にダンベルを持ってスクワットする事によってより負荷をかける事が出来ます。ハードはスクワットをしたい人にはお勧めです。

 

ダンベルを購入する時にお勧めなのは、重さを調整出来るものを購入します。例えば2キロだけのダンベルを購入した場合は、その重さに慣れてくると負荷をかけづらくなります。しかし、重さを調整出来るものだと、1つのダンベルで2キロから4キロというように段階的に負荷をかける事が出来ますね。

 

購入するダンベルはよりトレーニングしやすいものをチョイスします。

 

ダイエットでムキムキになる必要はない

 

筋トレは、スポーツジムに通う方が効果的です。

しかし、ダイエット目的の場合は、そこまでムキムキになる必要はないですよね。基礎代謝を上げていき、適度に引き締まった体にしていけば良いです。

 

つまり、ハードは筋トレは必要ないです。ダイエット目的でわざわざスポーツジムに通う必要はないという事ですね。やはり、家で手軽に痩せられる方が手間がかかりませんよね。さらに、仕事をしている人は、スポーツジムに通う時間も限られてきます。

 

仕事が終わって、スポーツジムに通うとなると疲労が蓄積されて、仕事に影響します。つまり、家で気軽に筋トレした方が楽だという事です。

 

家で負荷をかけるように意識して筋トレしていけば、例えば腹筋が程良く割れる事が出来ますし、腕の筋肉も周りの人から見て、この人は筋肉があるというぐらいにまで出来ます。ダイエットで一番大事なのは、続ける事なので、その意味でも家で筋トレした方が続けやすいですね。

 

また、プロテインを飲めばさらに引き締まります。

 

このように、ダイエットが目的の場合は、家で効果的な筋トレをしていきましょう。

 

負荷を意識することが大事

 

筋トレを家でやって、うまく痩せていくためには、負荷を意識することが必要です。

 

同じ内容の筋トレを長期間やっていくと、当然体も慣れてきます。そのままでは、負荷をかける事が出来ていないので、筋肉量がなかなか増えないですよね。そこで、慣れてきたら負荷を一段階上げていく事は必ず必要です。

 

例えば腹筋20回を25回にしたり、1セットを2セットに増やしていきます。負荷をかけなければ筋トレをしている意味はないです。私たちの体は最初は負荷を感じても、少しずつ慣れてきます。筋肉は負荷をかけていくから、成長するのであって負荷をかけない場合はそこでストップします。

 

この負荷を上げていくというのは、筋トレでも難しい部分です。というのも、負荷を上げていくと、当然体はしんどくなります。筋トレがえらくで長く続けられないことに繋がる可能性があります。だからこそ、少しずつ負荷を書けるようにします。また、ダイエットに対するモチベーションを高めていく事も大事ですよね。筋トレでダイエットしたいのであれば、最低でも1年以上は続けていく必要があるので、単純運動ですけど、その道のりは簡単ではないという事です。

 

まとめ

ダイエット目的あれば自宅でも可能

ムキムキになる必要はない

筋トレは続ける事が大事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA