有酸素運動の消費カロリーを把握しよう

Pocket

こんばんわ。

有酸素運動は、健康的に痩せるためには大事な運動になりますが、やはりどれぐらい消費カロリーがあるのかを把握する事は大事です。

少しでも一度の運動で多くの消費カロリーを希望している人は、できる限り消費カロリーが高い運動を行う方が良いですし、消費カロリーが低い運動をしてもなかなか痩せられないという可能性も出てきます。

そこで、今日のテーマは「有酸素運動の消費カロリーを把握しよう」になります。




主な有酸素運動の消費カロリー

skeeze

まずは、主な有酸素運動の消費カロリーについてお話します。

 

順位 運動名 消費カロリー
1 水泳 700~1300
2 ジョギング 470~610
3 階段昇り降り 220~480
4 ダンス(激しい) 300~390
5 ラジオ体操 220~280
6 ダンス(軽い) 200~260
7 ヨガ 200~260
8 自転車 180~230
9 ウォーキング 170~220

 

になります。主に1時間の運動をした場合であり、さらに数字は平均的な数字です。

性別や運動の激しさなどによって多少人によって異なってきますので大まかな数字だという事を理解していただきたいです。男性の方が消費カロリーが多くなる傾向があるのでその点でも理解して上の表を見ていただきたいです。

1位になったのが水泳です。特にクロールというのは筋力も体力も使い、さらに体への負担が大きいですので多くの消費カロリーを消費します。同じ水泳でも、平泳ぎなどはクロールよりも消費カロリーが落ちますけど、それでも多くの消費カロリーを消費できて、ダイエットにおいてはお勧めの運動です。

水泳をするためには、スポーツジムのプールを利用したり、水泳教室に通うのがお勧めです。

 

外の運動ですと、2位にジョギングがランクインしています。基本的に外での有酸素運動はウォーキングを行っている人が多いですが、ジョギングはウォーキングよりも消費カロリーが多く、早く痩せたい人にお勧めです。

その分、ウォーキングよりも体への負担が大きいですので運動に慣れている人にお勧めの運動です。

ウォーキングも比較的カロリーを消費できる運動ですので、毎日30分から40分ウォーキングするだけでもそれなりの効果が期待できます。

このように、大まかな有酸素運動の消費カロリーを表にしましたけど、自分がやりやすい運動の中で一番消費カロリーが高い物を選択するのがお勧めです。

 

自分の好きな有酸素運動を選択

有酸素運動の種類は多く、消費カロリーについてもそれぞれ差がありますが、一番は続ける事です。

これは、私が以前からお話していますけど、いくらカロリーが消費できる運動でも、長期的に行わないとダイエット効果はあまり期待できないです。

どの有酸素運動をするにしても継続が大事ですから自分が好きな有酸素運動を選択する事がお勧めです。

ダンスが好きであれば、ダンスを有酸素運動として取りれて行けばいいですし、歩くのが嫌でなくあまり体への負担をかけたくないのであればウォーキングがベストです。

消費カロリーも大事ですが、自分が好きで長く続けられそうな運動を選択するようにします。




 

複数の有酸素運動を取り入れる

skeeze

さて、有酸素運動はウォーキングだけなど1つだけ取り入れていけば間に合いますけど、複数の有酸素運動を取り入れていくのを私はお勧めします。

その理由としては、まずは1つの有酸素運動を毎日行うと飽きてしまう可能性があるからです。飽きない人は問題ないですが、飽きやすい人は複数の有酸素運動を取り入れて定期的に有酸素運動の種類を変更していくようにします

そうすることで飽きずに有酸素運動を続けやすい可能性があります

また、ウォーキングですと雨や雪の日は外でできないです。そこで、ウォーキングが出来ない時は家の中でダンスをするなどがお勧めです。そうすると、有酸素運動を毎日する事ができます。

このように工夫しながら有酸素運動をしていくとうまく痩せやすいですので複数の有酸素運動を取り入れる事はメリットがあります。

 

今日のまとめ

有酸素運動の消費カロリーを把握

自分の好きな有酸素運動を選択

複数の有酸素運動を取り入れる

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA