注意したい糖質制限ダイエット

スポンサーリンク

はい、一週間ぶりの更新になります。

ちょっと最近更新するのが不規則になっていますけど、なるべく定期的に更新できるようには勤めていきます。

さて、今日は人気がある糖質制限ダイエットについてです。過去にも触れてきていますけど、メリットについてはすでに記事として書いています。簡単にメリットをお話すると

ダイエットに効果的

カロリーを制限しやすい

血糖値が上がりにくい

簡単にできる

などがあります。

 

糖質制限ダイエットの良い部分とは
おはようございます。 久しぶりに朝早くの更新になりますが、今回はダイエットにおいて1つのテーマとなっちる糖質による記事になります。 そこで、今回のテーマは、「糖質制限ダイエットの良い部分とは」についてお話します。 糖質制限...

上の記事にも少し記載していますから、プラス面は多いと言えます。

そもそも、私たちが良く食べるご飯や麺類というのはカロリーが比較的高いですからそれらを制限するというのは効率的に痩せる目的であればメリットが大きいですね。

さて、今日は、メリットではなくてちょっとデメリットについてもお話します。そこで、今日のテーマですが、「注意したい糖質制限ダイエット」になります。




 

スポンサーリンク

糖質不足

さて、糖質制限ダイエットでまず注意しなければいけないのが、「糖質不足」になります。

糖質制限は確かに痩せやすいですけど、適度に制限するのではなくて徹底的に制限しようとする人もいます。

今まで、ご飯を毎食200グラムぐらい摂取していた人が、まったく食べなかったり100グラム以下にしたりと過激に制限してしまう人がいますが、これは大きな落とし穴になります。

たしかに、制限すればするだけ体重は減量しますけど、糖質不足になる大きなデメリットもあります。

脳の活動不良

体がだるい

などの体調が崩れてしまうケースも多くなり、ちょっとしたエネルギー不足になりますね。さらに、糖質制限していると食物繊維も制限してしまう可能性があります。

ご飯や麺類などは炭水化物が多く含まれていますけど、糖質制限でご飯や麺類などを過剰に制限すると糖質だけでなくて食物繊維も不足する可能性が高いです。

食物繊維が不足すると

便の状態が悪くなる

腸内環境が悪くなる

大腸がん

といったように、最悪大腸の病気になるので糖質制限をする時には、食物繊維も同時に制限しないように注意します。ただ、ご飯や麺類などを制限すると食物繊維の摂取量も低下するので、食物繊維が多く含まれている繊維類を摂取するように心がけます。

最悪、食物繊維が多く含まれているサプリがあるのでそちらを活用します。このように、糖質制限というのはどれだけコントロールできるかがポイントであり、過剰に行うと健康の害になり大きなリスクを伴う可能性が高いですから注意します。

 

○たんぱく質と脂質を過剰摂取する可能性

さて、糖質制限をすると大幅にカロリーを制限できますけど、それを他の栄養で補わないと空腹になりますし、体が動きにくいです。

そこで、糖質を制限する代わりにたんぱく質や脂質でその分をフォローする人も多いです。

ここで、注意しなければいけないのがたんぱく質と脂質の過剰摂取になります。

たんぱく質を過剰に摂取すると

肝臓と腎臓に大きな負担が起きる

という可能性があります。

たんぱく質は体内で余ると窒素に変わります。余った窒素はアンモニアに変わりますが、アンモニアは私たちにとって有害な物質ですから肝臓で無害の尿素に変換されます。

そして腎臓から尿となって排出されるのです。

もし、たんぱく質を過剰摂取して窒素が多くなるとこのように腎臓と肝臓の活動が活発になり最終的にこれらの臓器が疲れきってしまいます。

また、たんぱく質はカロリーが多い食品も多いですから、いくら糖質制限してもカロリーが高いたんぱく質を多く摂取するとダイエット効果が薄くなってしまうので注意が必要です。

さらに、動物性たんぱく質の取り過ぎは尿路結石の可能性が高くなったり、腸内環境が悪くなる可能性があります。

動物性タンパク質は、悪玉菌の餌になる可能性があり、どんどん悪玉菌が多くなって最終的に腸の病気になる可能性があります。腸内環境が悪くなると便の状態が悪くなったり、おならが臭くなったりなど起こりやすいですから、動物性たんぱく質を良く摂取している人で、これらの症状が現れやすくなったら腸内環境が悪くなっている証拠ですから注意します。

また、脂質の取り過ぎも体に害ですからたんぱく質と脂質この二つの取り過ぎには糖質制限ダイエットでは注意しなければいけないです。

簡単にまとめると

肝臓と腎臓に大きな負担

カロリーの摂りすぎ

尿路結石の可能性

悪玉菌の増加で腸内環境悪化

になります。

たんぱく質は私たちにとって必要な存在ではあるが、取り過ぎは逆にマイナス効果もあることを覚えておきます。

 

糖質制限をするなら計画的に

糖質制限は、ダイエットしやすいメリットもありますが、デイメリットもあります。

そこで、メリットを活かしつつデメリットを減らしていくとうまく糖質制限ダイエットができます。そこで大事なポイントが

炭水化物の摂取を制限しすぎない

たんぱく質と脂質は適度に増やす程度

になります。

炭水化物を制限する時は今までよりも3分の2ぐらいにします。つまり3分の1量を減らすということです。これなら過剰制限ではないですし、炭水化物を最低限度摂取することができますし、食物繊維が過剰に不足するという事態も防げる可能性があります。

 

次に、たんぱく質と脂質で不足分を補う時は適度に増やす程度にして過剰摂取しないようにします。また、動物性たんぱく質はなるべく多く摂取しないことが大事ですし、カロリーを意識して摂取します。

 

何かと糖質制限をする時は考えなければいけないことがありますが、糖質制限は成功するとうまくダイエットができてしかも健康を維持したまま痩せる事ができるのでうまくできる自信がある人はお勧めのダイエット方法ですね。




 

今日のまとめ

糖質制限しすぎない

たんぱく質と脂質の過剰摂取に注意

計画的に行う事

コメント

タイトルとURLをコピーしました