卵はダイエットに最適な食品 積極的に食べよう

スポンサーリンク

ダイエットをしている人は、食事に気を使っている人が多いと思います。

実際、摂取カロリーを減らさなければなかなか痩せないので、食事制限によるダイエットは正しいと言えますね。ただ、カロリーを意識するだけでは効率よく痩せないですし、健康を考えると食べる食品も考えなければいけないです。

 

ダイエットに向いている食品は、低カロリーで栄養が豊富に含まれているものですよね。さらに、満腹度が高い食品だとさらに良いです。この3つをクリアしているものはそうそうないですが、実は身近な食べ物であるんですよね。

 

それが「」です。今回は、卵とダイエット、そして健康についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

卵の栄養素

 

jill111 / Pixabay

 

まず、お伝えしなければいけないのが卵の栄養素です。

本当に卵は健康に良いのか、効率的に栄養素を摂取する事が出来るのかをお話します。

 

卵に含まれている栄養素

たんぱく質

脂質

ビタミンE

ビタミンD

ビタミンB12

ビタミンB6

ビタミンB2

カルシウム

マグネシウム

リン

亜鉛

要酸

 

これを見てもらえば分かりますが、豊富な栄養素が含まれています。また、必須アミノ酸も豊富に含まれており、ベストな食品と言えますね。

 

必須アミノ酸は抗酸化作用がある

必須アミノ酸の中には「メチオニン」と呼ばれているものがあり、これが抗酸化作用を持っています。メチオニンによって作られた抗酸化物質は、老廃物の排出を促して代謝を高める働きがあるので、老化を帽子したり、生活習慣病を予防したりなどの良い効果があるので注目されています。

 

さらに卵黄には抗酸化作用がある「カロチノイド」という物質も含まれているので卵は健康に良いですね。

 

たんぱく質が豊富

 

卵と言えば動物性たんぱく質です。

良質なたんぱく質が豊富に含まれており、一日2個食べると一日に必要なたんぱく質の3分の1を摂取する事が出来るので、たんぱく質を効率的に摂取する事が可能です。

 

たんぱく質は、骨や髪を含めた体を作る働きを持っており、さらに基礎代謝を上げている筋肉も作ります。いくら筋トレをしてもたんぱく質を十分の摂取しなければ筋肉量が増えませんが、たんぱく質をしっかりと摂取すればそれだけ筋肉が作る環境が整います。

筋トレでダイエットしたい人は、卵は必要な食品ですね。

 

脳を活性化させるコリンに注目

 

卵には、脳に良い影響を与えてくれる「コリン」です。神経伝達物質であり、記憶や学習に深く関わっています。さらに血管を膨張させて血圧を下げる効果もあるので、高血圧になっている人や高血圧を予防したい人にとってもおすすめの食品です。

 

このように、ダイエットと健康どちらにもすぐれているのが栄養成分を見るだけでも分かると思います。何気なく食べていた卵ですが、実は優れた食品である事を理解しましょう。

 

ただ、ビタミンCと食物繊維は含まれていないので、その点は注意しましょう。




 

なぜ卵はダイエットに効果的なのか

 

卵の栄養成分を見れば、分かりますが一番注目しなければいけないのが

低カロリー

豊富な栄養素

満腹度

 

この3つです。

卵1つのカロリーは、約79キロカロリーです。卵の大きさによって少しは前後しますが、これだけ栄養素が含まれているのに、このカロリーの低さは驚きです。

ダイエットにおいては、カロリーを制限することも大事なので卵はこの条件を満たしていると言えますね。

最近は、「卵ダイエット」などもはやっています。卵だけ食べるというのは、一部の栄養素が足りないのでおすすめしませんが、1日に卵を2個~3個食べるのはおすすめです

 

また、卵は満腹中枢を上げるので、腹もちが良い食べもjのです。卵はいつたべても良いですが、時間がない朝食がおすすめです。腹もちが良いので、朝にハムエッグや目玉焼き+味噌汁でも良いですね。卵料理は豊富にあり、簡単なものもあるので料理も簡単です。

まだ、卵を効率よく食べれていない人は、ぜひ卵を積極的に取り入れてダイエットに活かしましょう。ダイエットしながらさらに健康にも良いとなると食べないわけにはいかないでしょう。

 

卵で注意する事

 

とはいえ卵を積極的に食べる時には注意しなければいけないことがあります。

食べ過ぎ

アレルギー

病気を発症している人

 

まず、卵はいくら良い食品でも食べすぎは良くないです。ベストは一日に2個~3個ですね。

5個以上食べるのは、カロリーオーバーやコレステロールの取り過ぎです。最近の話では、卵のコレステロールはほとんど健康の害にならないという結果もあります。今までは、卵はコレステロールが高いからあまり多く食べない方が良いと言われていましたけど、今はそのような常識はなくて一応1日の制限なども特に設けられていないです。

 

ただ、5個ぐらい食べるとカロリーが500キロカロリーですし、栄養が豊富に含まれているという事は多数の栄養が過剰摂取となります。つまり、食べ過ぎには注意です。

 

さらに、アレルギーを持っている人も注意です。卵アレルギーは決して珍しいものではないです。アレルギーになっている人が卵を食べると健康に大きな害をもたらすので、残念ながら卵アレルギーの人は、食べる事が出来ないです。

 

また、病気を発症している人は一応医師に卵を食べていいのか、どれぐらい食べても良いのか聞きましょう。病気の中にはカロリーやコレステロールなどに注意しなければいけないものもあるので、その点は確認しておくのが良いです。




 

まとめ

 

今回は、卵とダイエットの関係についてお話しました。この記事を読んでくれた人は、卵の良さを把握出来たと思います。また、卵に関するおすすめの商品なども紹介できたら良いので良い商品があれば紹介していきます。

・卵は栄養素が豊富で健康に良い

・カロリーが低いのでダイエットに向いている食品

・コレステロールは特に気にする必要がない

コメント

タイトルとURLをコピーしました