なぜ肥満になってしまうのか

スポンサーリンク

私たちにとって肥満は大敵と言えます。

肥満になると、メタボリックシンドロームになる危険性が高くなります。当然、生活習慣病になるリスクも高く長生き出来ない可能性も高まってきます。

 

そこで、なぜ肥満になってしまうのか今回はこのテーマを元にお話していきます。

 

スポンサーリンク

摂取カロリーの多さ

 

肥満になる原因としては、摂取カロリーが多い事が上げられます。これはすでに多くの人がご存じですが、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回るとそれだけl脂肪が蓄積される事になります。つまり、過剰にカロリーを摂取すると、少しずつ脂肪が付いて肥満になっていきます。

 

私たちが食べる食品はすべてにカロリーが含まれます。つまり、大食いしたり、1日に何度もご飯を食べると自然と摂取カロリーは多くなりますね。また、間食や夜食、高カロリー食品ばかり摂取するのも過剰摂取に繋がります。すぐに太るのではなくて、少しずつ太るので初めは太った事に気づかずにしばらくたって自分が太ってしまったと認識する人が多いです。

 

お腹や太ももに脂肪が蓄積されやすく、見た目も悪くなりますね。過剰摂取を避けるだけでも太りにくい体になります。日々の食生活を見直して、1500カロリー~1900カロリーぐらいに抑える事が出来れば太るリスクは下がります。基礎代謝が1300カロリー~1400カロリーぐらいあるので、仕事や運動をしていれば総カロリーは1500カロリー~1900カロリーぐらいにはなると思います。

 

食べる事が好きな人はついつい飲食するのが多くなったり、お菓子を食べなりなどしてしまい太る原因を作ってしまいます。飲食が好きというのは仕方がない事ですが、やはり肥満にならないようにするためにはある程度は、摂取カロリーに注意しなければいけないという事です。カロリーを制限するのは自分次第になりますが、30歳を過ぎたら病気のリスクも高くなるので早くカロリーを意識して、正しい食生活にしていく必要があります。

 

基礎代謝が低下している

 

肥満になる原因としては、基礎代謝が低下しているという事が考えられます。

 

良く食べて、基礎代謝が低下している二重パンチだとかなり太りやすくなります。基礎代謝エネルギーは私たちの消費エネルギーの大半を占めています。この基礎代謝が低下すると、当然1日の消費カロリーも低下してちょっと食べ過ぎただけで脂肪が付いてしまう事が起こります。

 

基礎代謝が低下する原因としては体調不良や筋力の低下ですね。

 

特に年齢に重ねるごとに筋力は低下します。20歳と30歳では筋肉量に差があります。当然若い方が筋力が付いている人が多いですね。では、どうすれば良いかですが筋力を低下させないように努力する事です。

 

このブログでも何度も行っていますが、筋力アップの方法はトレーニングですね。筋トレをすると筋力の低下を抑える事が出来て、さらに筋力が増してくるので30歳でもマッチョみたいな人もいますよね。加齢によってたしかに筋力は低下しますが、筋トレする事によってその加齢による筋力低下をうまくフォローする事が可能です。

 

筋トレをしなければ当然筋肉は衰えていきます。仕事で力仕事をしている人は、筋力を維持する事が出来ますが、力仕事ではない人は筋肉を使う機会が少なくなり結果的に衰えていきます。週に2回から3回筋トレをするだけでも大きな成果を上げる事が出来るので、肥満になりたくないのであれば筋トレをして基礎代謝を上げていくようにします。

 

ダイエットでも筋トレは大事なポイントなので、太りにくい体にするためにも筋トレは大事なポイントです。

 

運動によるカロリー消費が少ない

 

肥満になってしまう原因の1つが、日頃の消費エネルギーが少ない事です。例えば事務職であれば、動く事自体が少なくなりますね。椅子に座ってパソコンでの作業が多くなるので、仕事の消費カロリーは少ないです。さらに、車を運転する機会が多かったり、運動しないような人は消費カロリーが少なく、摂取カロリーを上回る事が出来ないです。

 

つまり、そんなに食べていないのにちょっと太ってしまうという事も起こります。

 

いくら1500カロリーぐらいしか摂取していなくても、1日の消費カロリーが1300ぐらいだと当然太りますよね。

 

日頃どれだけ動いているのかも肥満予防には重要になるので、車をなるべく使わずに歩いたり、暇な時に運動したりなど少しでもカロリーが消費出来るような生活にしていく事が必要です。簡単な事ではないですが、習慣になればそこまで難しくない事です。

 

他にも遺伝やドリンクの飲みすぎというのも原因としてありますね。肥満体形は遺伝する事があるのでより肥満に注意しなければいけないです。さらに、カロリーが多いドリンクを多く飲む事も肥満に繋がります。砂糖が多く入っているものは当然カロリーが高いです。珈琲やソフトドリンクなどはおいしいですが、カロリーが高めに設定されています。

 

珈琲の場合は、砂糖を少なくしたり、ブラックだとそこまで気にしなくても良いですが、砂糖を多く入れる人は注意が必要ですね。このように、肥満になる原因は多く存在します。周りから指摘されて肥満対策をするのではなくて、自分で肥満にならないように努力して、少しでも健康を維持する事が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました