花粉とダイエットの注意点

Pocket

さて、最近はかなり温度が高くなってきて、運動しやすい時期になっていますけどこの時期に注意しなければいけないのが「花粉」ですね。

3月から4月はスギ花粉の飛散が多くなり、4月から5月初めにかけてはヒノキ花粉が多くなりますね。この2つの花粉は飛散量も多く、発症している人も多いですから日本でも最も注意しなければいけない花粉となっています。

ダイエットと花粉はあまり関係がないように思えますが、実はかなり関係があります。

ちょうど良い季節ですので今回は花粉をテーマにしてお話します。

そこで、今日のテーマですが、「花粉とダイエットの注意点」になります。




 

花粉症の人はつらい外での運動

 

さて、花粉は当然外では多く飛び散っていますけど、ダイエット活動をしている人の中には外で運動をしている人も多くいます。

この時期に外で運動をすると、当然花粉症の人は症状が悪化するケースが多くなり運動している時に息苦しくなったり、目がかゆ過ぎて運動に集中できない事になります。

また、大量の花粉を吸い込むことになるので、運動から戻ってきても花粉症の症状がしばらくの間続いてしまうことになります。また、服などに付着した花粉を家の中に侵入させてしまうこともあるので外での運動は花粉症の人にはリスクがあるのかなと思います。

少しでも軽減するための方法としては

マスクと花粉用のメガネを着用

花粉が多い時間帯に外で運動しない

運動から戻ってきたら花粉を落とす

ような事が上げられます。マスクや花粉用のメガネをするだけでも体内の花粉の侵入を大幅に減らす事ができるんで一定の効果が期待できそうです。

マスクの場合は、花粉をしっかりとガードしてくれるものが適切で、なるべくフィルターの層が厚いものを選択するのが良いです。

また、花粉は時間帯によって飛散量が違います。

一番、飛散量が多いのが昼過ぎ夕方になります。

昼間は、ぽかぽかしていて花粉を飛ばすのに絶好の気温となるので大量の花粉が飛散している錠歌いです。また、夕方は花粉の飛散数自体は少ないですが、昼間に舞い散った花粉が地面に落ちてくる時間帯になるので地上で暮らす私たちにとっては大量の花粉を吸い込んでしまう可能性があります。

運動するのであれば、早朝か夜になりそうですね。



 

花粉の飛散時期

さて、スギとヒノキの花粉が多くなる時期ですが、とりあえずいつピークを迎えるのかを知っておくのは大事です。

ピーク時には野外の運動は避けて、室内の運動をメインにダイエット活動に励むと花粉症の人もリスクをあまり負わずに運動をする事ができます。

スギ花粉のピーク

福岡 2月下旬~3月上旬

高松 3月上旬~3月中旬

広島 3月上旬~3月中旬

大坂 3月上旬~3月中旬

金沢 3月中旬~3月下旬

名古屋 3月上旬~3月中旬

東京 3月上旬~4月上旬

仙台 3月中旬~3月下旬

ヒノキ花粉のピーク

福岡 3月下旬~4月上旬

高松 4月上旬~4月中旬

広島 4月上旬

大坂 4月上旬~4月下旬

金沢 ピークなし

名古屋 4月上旬~4月中旬

東京 4月上旬~4月下旬

仙台 ピークなし

となっています。スギ花粉に関しては多くの地域でピークがありあますが、ヒノキについてはピークがない所もあります。また、東京ではスギ花粉が他の地域よりもピーク時期が長いのが特徴ですから都会に住んでいる人は特に注意が必要です。

基本的に去年よりも飛散数が多くなっているのが特徴です。ただ、例年と比べるとそこまで飛散数自体は多くはないですが、去年よりも多いという事は注意が必要です。

 

花粉の時期のダイエット

以上のように、花粉症の人にとってはこの時期の野外でのダイエットは少々きつくなりそうですね。

いくら対策をしていても花粉をまったく吸い込まずに外で運動するのは至難の業ですからこの時期は、外での運動を控えて部屋の中やスポーツジムでの運動をメインにした方がよさそうです。

また、花粉症の症状が悪化すると、集中力が途切れたり、気分が悪くなったりなどの症状も起きやすいです。

つまり、体調が崩れる可能性が高くなるので、花粉専用の薬などを投与して症状を軽めにしていく努力も必要です。飲み薬やスプレー型の薬など多くありますので、市販で販売している薬を活用するのもこの時期においては大事な事です。

何かと苦労するこの時期のダイエットですが、花粉症でない人はそこまで気にする必要はないですが、花粉症の人はどのようにダイエットしていけばいいのかこの時期は考えていく必要があります。




 

今日のまとめ

花粉症の人は外で運動する時に注意

花粉飛散ピークを把握する

花粉の時期は野外での運動を控える

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA