肥満と生活習慣病の関係とは

Pocket

生活習慣病は、出来る限りなりたくないですね。

私も同じ気持ちです。生活習慣病の危険因子は多くありますが、その1つが「肥満」です。

肥満と生活習慣病は大きく関わってくるので肥満になっている人は注意します。そこで、今日のテーマは、「肥満と生活習慣病の関係とは」になります。




 

肥満はさまざまな数値を上げる可能性

mohamed_hassan 

肥満は、以前から健康においてマイナス要因になることが言われています。実際に標準体重と肥満体重の人では、平均寿命にも下がります。もちろん、標準体重の人の方が長く生きている調査結果がありますから、肥満は私たちにとってはあまり良くない物です。

生活習慣病のリスクも上がります。癌や糖尿病、痛風などのリスクが上がり、免疫力が低下してくる中年以降になるとさらに危険度が増してきます。

肥満は、さまざまな数値を上げる要因にもなっています。

血糖値、尿酸値、中性脂肪値などあらゆる数値を上げて病気のリスクを上げることになるので肥満のままですと将来少しやばいという事を理解してもらいたいです。肥満だからすぐに病気になるわけではなくて、長く肥満状態が続くことによって病気を発症するリスクが上がるということです。肥満を解消すれば問題ないですからダイエットなどして肥満を解消して、肥満による生活習慣病を防ぐことが大事です。標準体重よりも少しオーバーしているぐらいであればそこまで心配はないですが、大幅にオーバーしている場合は早く、肥満が解消するための努力をします。

 

肥満を解消するなら早めのダイエット

肥満を解消する場合は、早めにダイエットしましょう。

ダイエットをする時は年齢も重要であり、20歳と30歳の時にダイエットでは大きく違います。若い時の方が新進代謝が良く、痩せやすい体です。しかし、30歳を過ぎると体の機能も低下してきますから、痩せにくい体になります。

個人差はありますが、出来る限り若い時に肥満を解消するのがベストです。もし、30歳から痩せる時には、複数のダイエットを取り入れて少しでも痩せやすい準備をします。

今は、ダイエット食品やサプリ、インターネットからの情報などダイエットしやすい環境です。つまり、ダイエットして痩せるというのは以前よりは簡単ですから肥満を解消するのは大変そうと思わずに自分の健康のためにダイエットするのがお勧めです。

 

肥満はやはり生活習慣を見直す

肥満の状態が続くと生活習慣病を発症しやすいですが、なぜ肥満になったのかを考える必要があります。

体質の場合は、仕方がない部分もありますが、徐々に肥満気味になった人は生活習慣に問題があることが多いです。

例えば過剰にエネルギーを摂取したり、運動不足、仕事で椅子に座っていることが多いなど原因はさまざまです。基本的には摂取カロリーが多く、消費カロリーが少ないことが原因ですから、肥満になってしまった人は自分の生活習慣を見直すことによって原因を見つけることが可能です。

原因を突き止めれば、後はその原因を取り除いていく事で肥満になりにくい生活習慣に戻すことが可能です。いくらダイエットして痩せても、肥満になりやすい生活習慣を続けていては、ダイエット後にリバウンドしてまた肥満体型になるので肥満になった原因を見つける事は大事です。




 

今日のまとめ

肥満はさまざまな数値を上げる

若い時にダイエット

肥満になった原因を見つける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA