ダイエットをする時は年齢は比較的大事

スポンサーリンク

ダイエットをする時は、どのようにダイエットをしていけばいいのかがまずは大事です。

痩せやすくしかも健康に害がないダイエット方法ですと、結果的に成功しやすくなります。

しかし、それ以外にも大事な事があり、「年齢」になります。そこで、今日のテーマは、「ダイエットをする時は年齢は比較的大事」になります。




 

スポンサーリンク

若いほど有利

さて、今までは、ダイエット方法について大きく振れてきましたけど、痩せる時には効率よく痩せられる方法以外にも「年齢」も1つのポイントになります。

20代の時と30代の時とでは新進代謝が違っており、代謝の違いはダイエットにも影響します。また、基礎代謝が年々減少することになるので、20代の時は基礎代謝エネルギーが1650ぐらいあったけど、30代になったら1600ぐらいに低下するという感じで、年を取るほど基礎代謝が下がって痩せにくくなります。

ダイエットする時には消費カロリーが大事になりますが、実は運動による消費カロリーは小さく、多くが基礎代謝によるカロリーの消費になります。

大部分を占める基礎代謝が下がる事は、それだけ若い時よりも痩せにくくなるのでより痩せやすいダイエットを取り入れる必要があります。

そこで、ダイエットするのであればなるべく若い時にやっておくのがお勧めです。痩せたいけど、今は忙しいから将来的に暇ができた時に痩せるという考えではなくて、ダイエットしなければいけないと感じたら明日からダイエット活動を開始してなるべく早めの実戦を心がけます。

10代から20代前半は特に代謝が良く、基礎代謝も高いですからダイエットを成功する可能性も高く、ダイエットするにはお勧めの時期です。

 

基礎代謝を上げるためには

さて、若い時にダイエットできなかった人、もしくはダイエットしたくなったのが30代を超えた人は、ダイエットする時のポイントとしては基礎代謝を上げる事です。

基礎代謝も多少は上げる事ができます。基礎代謝を上げる方法としては無酸素運動があります。

無酸素運動は、激しい運動になり例えば短距離走や筋トレなどが上げられます。特に筋トレは筋肉を効率的に付ける事が可能で、全身を鍛える事によって基礎代謝をを少しずつ上げる事が可能です。

30代からでも筋トレをする事によって基礎代謝を上げる事が可能ですからダイエットする時には筋トレを取り入れるようにします。

若い人は、別に基礎代謝を上げなくてもそれなりの成果を出す事ができますが、中年以降の人は、基礎代謝を上げるための努力をする事も大事です。筋トレといっても別に難しい筋トレをしなければいけないわけではなくて、腹筋や背筋、腕立て伏せなど身近な筋トレを3日に1回ぐらいのペースで行えば良いです。

ただ、筋トレをする時には負荷をかける事が必要ですので、正しいフォームをマスターして行うことが基礎代謝を上げるためのポイントです。

 

若い時のダイエットの注意点

さて、以上のように若い時ほど基礎代謝が高いですからダイエットしやすいという事をお話してきましたけど、若い時のダイエットにも注意点があります。

特に10代に当たる成長期においてダイエットする時は、成長に悪影響がでないようにダイエットする必要があります。

過去の記事にも書きましたけど、成長期に栄養が不足すると将来的に骨粗鬆症になる危険があったり、女性ですと過度な食事制限は閉経してしまう事もあります。

成長期にダイエットする人は、過度な食事制限は控えてなるべく運動やサプリメインでダイエットします。

過度な食事な例ですと

果物だけ食べる

野菜だけ食べる

ご飯をまったく摂取しない

などがあります。

つまり特定の食品だけ食べたり、著しくエネルギーを摂取しないという行為は、健康に害を与える可能性があり、成長にも影響が出ます。

ダイエットをする時は自分の体の事を考えながらしていく事が成功の秘訣ですから、成長を妨げないダイエットをしていく事を心がけるようにします。それができるとうまくダイエットが成功します。




 

今日のまとめ

ダイエットは若いほど有利

中年以降の人は基礎代謝を上げる

成長期のダイエットは栄養に注意

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました