ダイエットするのなら腹八分目は厳守

食事 食事制限について
naimbic / Pixabay
スポンサーリンク

今回は、ダイエットで守ってほしい事についてお話します。

基本的な事ですが、「腹八分目」ですね。

 

意外と守れていない人もいます。今から、腹八分目のメリットと注意点について紹介します。

 

スポンサーリンク

なぜ太るのか

 

まず、ダイエットする人はなぜ太るのかについて理解する必要があります。

何度もこのブログで言ってきましたが

摂取カロリー>消費カロリー

になると太ります。

摂取カロリーは、主に食べ物ですね。

逆に消費カロリーは、基礎代謝と日頃の活動によるエネルギーから成り立っています。

 

太るまたは痩せるシステムというのは単純ですが、この単純さが余計に難しくしています。

ダイエットでは、摂取カロリーをなるべく減らすというのが基本ですが、ここで貢献してくれるのが「腹八分目」です。

要するに、ご飯を食べる時にはお腹いっぱいまで食べるのではなくて、適度にお腹が膨れたら食べるのを止めるという事ですね。

例えば

お腹一杯食べると1000カロリーを摂取

腹八分目だと800カロリーになり約200カロリー制限する事が可能です。ちょっと大雑把な例ですが、要するに20%カット出来るという事です。

これだけも今までより太りにくくなりますよね。

特に太っている人は、日頃から摂取カロリーが多く、お腹いっぱい食べる事が多いと思います。ご飯を食べる時にお腹一杯食べる人は、まずは腹八分目を意識して食事を撮ってください。

いきなり、カロリーを大幅に制限すると大変ですが、腹八分目なら達成しやすい目標です。

 

お腹一杯食べるシチュエーション

 

お腹一杯食べるのは、ダイエットにはあまりよろしくないです。

そこで、そのようなシチュエーションをなるべく作らないことも大事ですね。

一番、お腹一杯食べるシチュエーションが家では自分が好きなものを食べる時ですね。特に鍋や焼き肉などは食べる量が多くなりがちです。鍋+ご飯でも相当なカロリーを摂取する可能性があるので、自炊する時にはこの点に注意しましょう。

 

そして、問題は外食です。

外食だと自分が好きなものを注文しますね。外食だから自分が好きなものを沢山食べたいし、デザートが好きな人はスイーツも注文してしまいます。

良くデザートは別腹だという事で、外食した時に積極的に食べる人がいますが、これは過剰にカロリーを摂取する原因になります。

また、食べ方だも注意ですね。食べ放題の場合は、基本的に時間制限があります。この時間制限内に自分が好きなものを全部食べたいから、どうしても早食いして沢山のものを食べてしまう事が多いです。

噛まずに食べると、満腹度が上がらずにすぐにお腹が空いてしまう事もあります。また、健康にも良くないですよね。

 

このように、外食は自炊以上に注意する点があり、外食が多い人は注意しましょう。たまに外食する場合でも、その時に過剰にカロリーを摂取するとすぐに太ってしまう事もあります。痩せるのは難しいですが、太るのは簡単です。なぜなら、人は食への欲が大きいからです。

 

美味しいものを食べると幸せですよね。

 

このように、大食いしてしまうシチュエーションは日頃の生活でも多いので、ダイエットに励む人はなるべく外食を控えて、自炊を心がけてください。

どうしても外食する場合は、いつもよりも控えめにして、出来ればデザートを食べないようにします。日々の努力が代エッチ成功の近道なので我慢しなければいけない所は我慢します。

 

腹八分目で満足出来ない人

 

とはいっても、腹八分目では満足できない人もいますね。

今までお腹いっぱい食べて、スイーツなども楽しみに食べていた人は腹八分目でも難しい部分があります。

 

では、どうすれば良いのか?これは難しいですね。

そこで、出てくるのがダイエット食品です。

以前紹介したダイエット食品にはおからクッキーがありましたね?

おからクッキーはダイエットに最適なお菓子
今回は、「おからクッキー」について紹介します。 ダイエットに適したお菓子には何があるのかというとやはりおからクッキーが定番ですよね。もちろん、他にもありますがおからクッキーには長所が盛りだくさんなのでおすすめしている人は多いです。 ...

自分で作る事が出来るので個人的にはおすすめです。

 

でも代わりになるのはおからクッキーだけではないです。今では、ダイエットブームという事もあり、ダイエット食品なんで多く販売されています。

 

しかも味が美味しいものも沢山あり、その上でカロリーが低いです。

 

普通のスイーツよりもカロリーが大幅に制限されているものもあるので、腹八分目+ダイエット食品というのはありですね。

 

本来であれば、腹八分目で抑えておくのが良いですが、どうしてもお腹が空いて何か食べたいという人はダイエット食品を食べます。

 

また、先ほども言った通り、良く噛んで食べると満腹中週が上がるので空腹になりにくいです。特に夜は良く噛んで食べて、寝る前にお腹が空かないように注意しましょう。

 

まとめ

 

今回は、腹八分目という事を意識したダイエット方法について紹介しました。

 

基本なので、出来れば腹八分目を守りましょう。一度の食事で食べ過ぎるというのが一番太る原因です。食べたエネルギーは、必要なものはエネルギーとして消費されますが、必要でないものは脂肪になります。脂肪になると、当然太るのでこのような無駄なエネルギーを摂取して、脂肪を蓄積しないという事はダイエット成功のポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました