ダイエットは中年以降では苦戦する

Pocket

年齢問わず、今日ではダイエットに励んでいる人は多いです。

そこで、若い人から中年世代において特に痩せるために努力している人が多いですが、ここで1つお話しておきたいのが、中年以降とそれまでとはダイエットの難易度が違ってくることです。

そこで、今日のテーマは、「ダイエットは中年以降では苦戦する」です。




 

ダイエットは年齢が関係してくれる

silviarita

ダイエットは、どの年齢の時でも同じように方法を取れば、同じような結果が出るとは限らないです。

年齢によって、効果が違ってくる可能性があり、特に若い時と中年以降とでは難易度が大きく違ってくる可能性があります。

どちらの時期にダイエットするのが難しいかといえば、中年以降になります。良く、若い時は簡単に痩せられたけど、30歳を過ぎると若い時みたいに簡単に痩せられなくなったと聞くことも多いです。

実際、それは正しい意見であり、年齢を取るに従ってダイエット成功の難易度は上がると見て良いです。その原因となっているのが、「基礎代謝」ですね。

基礎代謝は、何もしなくても消費されるエネルギーであり、簡単に行くと生命活動エネルギーですね。

これが、年齢を取るごとによって低下するのが基本です。

つまり、同じダイエットをしても、20歳前半の時と30歳前半の時には、結果が大きく違ってくる可能性があります。私たち、人間はどうしても加齢による影響でさまざまな部分が劣化します。

その点を意識して、中年以降にダイエットするのでれば、よりダイエットに関する知識を身に付ける必要があり、若い時に行ったダイエット方法プラスアルファーを考える必要があります。

 

基礎代謝をあ上げる事

中年以降のダイエットで苦戦する原因の1つが基礎代謝の低下ですが、そこで、中年以降の人がダイエットで成功するためにはこの基礎代謝を上げることが先決です。

基礎代謝を上げる方法としてお勧めなのが「筋トレ」です。

筋トレは、ダイエットにおいて間接的に効果を上げてくれるものであり、既に基礎代謝を上げる効果がある事はご存じだと思います。

有酸素運動だけでは、中年以降の場合は少し物足りなくなるので、筋トレなどの無酸素運動で基礎代謝を少しずつでも上げる努力をします。

基礎代謝が低下するのであれば、自分自身で向上させる必要があるので、中年以降の世代の人にとては、より筋トレが重要な項目になります。

 

結果が出るのが遅いは仕方がない

中年以降の世代でダイエットに苦戦している人が多いですが、基礎代謝の低下であったり、新進代謝の劣化が原因となって、ダイエットが成功しにくい体になります。

ただ、運動と食事この2つをしっかりと行えば中年以降でも十分にダイエットに成功できます。

食事においては、うまくカロリーをコントロールして1日の摂取カロリーを1300カロリーから1500カロリーに抑えるように努力します。

また、運動も有酸素運動と無酸素運動を取り入れて、無酸素運動で基礎代謝を上げながら、有酸素運動で脂肪燃焼をしていきます。基本がしっかり出来ていれば中年以降でも十分に痩せることができます。

ただ、基本がしっかり出来ているダイエット方法でも、痩せるスピードはやはり若い時よりも落ちてきます。

そこで、中年以降のダイエットでは、結果がでるのは遅くなって仕方がないと思って、あせらずにダイエットしていくのが望ましいです。

痩せていくスピードが遅いから他にもダイエット方法を取り入れるのではなくて、長い目で見て少しずつ痩せていっているのであればそれは、今のダイエット方法でも長い目で見ると十分に痩せることができるという事ですから、マイペースでダイエットしていくのがお勧めです。




 

今日のまとめ

ダイエットは年齢が関係している

基礎代謝を上げる事

中年以降のダイエットは結果がでるのが遅いのでその点を考慮する

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA