ダイエットが失敗する事例の紹介

Pocket

ダイエットは成功する人もいれば失敗する人もいます。

なぜ、このような違いが生まれるかですが、主な原因が成功し8やすいダイエットをしている人は成功する可能性が高いですし、失敗する可能性が高いダイエットをしている人は失敗しやすいです。

もちろん、痩せることができてもリバウンドしてしまった場合も失敗と位置付けています。

そこで、今日のテーマですが、「ダイエットが失敗する事例の紹介」になります。私も今まで人のダイエット成功談や失敗談を聞いてきましたし、ネット上でもそれらの体験談は書かれているので今回はどのような事をしたら失敗するのかその事例の紹介していきます。




 

食事制限だけのダイエット

adonyig

さて、一番多い失敗事例が食事制限ダイエットになります。

摂取カロリーを抑えることができる食事制限ダイエットは、痩せるためには取り入れておきたい方法ですが、食事制限だけのダイエットは危険が伴います。

カロリーだけを制限していくと、当然カロリー制限に力が入って早く痩せたい場合はもっと制限したくなります。その結果、過度の食制限になり必要以上にカロリーを制限してしまって、不健康になったり、ダイエットに耐えきれずに途中リタイアするケースが多いです。

また、痩せても食事制限だけのダイエットはリバウンドすることが多いです。

リバウンドすると大きなデメリットがあり、

痩せにくい体になる

リバウンドしてダイエットへのモチベーションがなくなる

精神的に辛い

など、いくつかのデメリットがあるのでリバウンドはダイエットにおいて致命的になります。

 

食事制限すると、食への欲を我慢している状態であり、ダイエットを止めてしまったら食事への欲が一気に解放されるのでリバウンドしやすいです。

 

広告だけを頼りにする

ダイエット失敗の事例の1つにダイエット広告だけを頼りにする方法です。

皆さんも見たことがあると思いますが、ダイエット広告の中には過激な発言をしているものもあります。

例えば、一か月に体重が15キロや痩せた、簡単に痩せることができたなどがこれに当てはまります。もちろん、ダイエット広告の中には優秀な商品を紹介しているものもあり、ダイエット広告にアクセスしてダイエット商品を活用するのも得策です。

しかし、その広告についての情報を何も収集しなければ、もしその広告のダイエット商品があまり効果がなかった場合は、なかなか痩せることが出来ずにダイエットに失敗する可能性があります

それが、何度も続くとダイエットはなかなか成功しないと考えたり、ダイエット商品は何を使っても意味がないと思うこむようになりダイエットから距離を離してしまう可能性があります。

 

多くのダイエット方法を取り入れる

PublicDomainPictures

さて、最後に紹介する失敗する事例が、多くのダイエット方法を取り入れる事です。

1つだけのダイエット方法と取り入れるのは少し効果が薄いですが、多くのダイエットを取り入れるのもあまり好ましくないです。

多くのダイエットを取り入れるデメリットとしては

中には続けることがでいないものもが表れる

手間がかかりめんどくさい

この2つの理由で結果的にストレスがたまったり、リタイアする可能性が高いです。

次から次へとダイエット方法と取り入れると、何が効果があるダイエットなのかも分からないですし、あまり効果がないダイエットも続けてしまう可能性があります

さらに、次第にめんどくさくなりダイエットを止めてしまう方向に行く可能性もあるので多くのダイエット方法と取り入れるのではなくて2つから3つの効果があるダイエット方法だけを取り入れていくのがお勧めになります




 

今日のまとめ

食事制限だけのダイエットは失敗しやすい

広告だけを頼りにしない

多くのダイエットを取り入れない

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA