健康維持のために必要なお肉と必須アミノ酸

私たちの周りには沢山の食品がありますが、それぞれの食品には良さがあります。

そこで、みなさんが大好きなお肉に関しても、健康維持にためには欠かすことができない成分が含まれているので、お肉を食べる事は大事な事です。

そこで、知っておきたいのが必須アミノ酸であり、今回のテーマも「健康維持のために必要なお肉と必須アミノ酸」になります。




 

お肉の良さは必須アミノ酸

RitaE

さて、お肉が健康にとって大事なものだといいましたけど、その理由として上げられるのがやはり「必須アミノ酸」になります。

良くお肉は良質な蛋白源と言いますが、良質なたんぱく質とは、体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸をバランス良く含まれている事を言います。

この条件をクリアしているのが、お肉であり、お肉は良質な蛋白源として私たちの健康には欠かすことができないです。

たんぱく質の働きとしては、みなさんがご存じのように体を作ってくれる働きがあります。筋肉や臓器、さらに酵素、ホルモン、免疫などさまざまな部分で活躍している栄養素であり、もし不足すると体の各部分の維持が難しくなったり、体の調子を崩したりなどマイナス要素があります。

過剰摂取すると、逆に体にとってマイナスになる事があるので過剰摂取は良くないですが、不足するとそれはそれで大きなマイナスになるので、不足と過剰この2つの頭の中に入れてたんぱく質を摂取していきます。

 

過剰摂取が1つの問題になっている

さて、お肉は良質なたんぱく質を摂取できるものちして、紹介してきましたけど最近気になるのが過剰摂取ですね。

お肉は特に牛肉はうまみ成分が多く、多くの人が好んで食べます。例えばステーキやハンバーグ、焼き肉などみなさん好きな人が多いのではないでしょうか?

美味しいという事もありますが、これらお肉メニューを好むようになるとやはり食べる頻度が多くなって過剰摂取になりやすいですね。特に牛肉の過剰摂取は、悪玉菌を増やしたり、腸内で悪臭を放ったりなど体にとっては良くない事も起きます。

適度に食べる分には問題ないですが、過剰に食べると牛肉は特に問題が起きます。

以前は、癌と言えば胃がんが主流でしたよね。

しかし、最近は胃がんというよりは、大腸がんや乳がんといった欧米で猛威をふるっている癌が日本でも多くなりましたね。

大腸がんは、男女共に多くなっている病気の1つですが、これはお肉の過剰摂取が1つの原因としてあげられています。お肉はたしかに良質なたんぱく質を摂取できるものであり、体の各部分に良い影響を与えてくれますが、過剰摂取すると大きな負担になる事も覚えておきます。

 

お肉と言えば牛肉、豚肉、鶏肉

PublicDomainPictures

さて、お肉と言えば、牛肉と豚肉と鶏肉ですね。

この3つが日本では出回っています。では、それぞれに違いはあるのかについてお話します。

牛肉

私たちがより好んで食べるのが牛肉ですね。

牛肉の栄養成分の特徴としては鉄分が多い事です。

他のお肉と比べると数倍多く含まれているので鉄分が不足している人にとっては牛肉はお勧めです。

鉄分は、貧血予防の効果があります。貧血にちょっと不安を抱えている人は牛肉を摂取するのも1つの対策です。鉄分が多く含まれている部分としては、赤みの部分がお勧めです。

ただ、脂肪が気になる方は牛肉の食べる部分に注意します。もも肉やひれ肉は脂肪が少なめの事が多いですが、サーロインやひき肉は脂肪分が多いです。

ステーキが好きな人は、どうしてもサーロインを好んで食べる傾向があり、脂肪が蓄積されやすいので注意します。

豚肉

豚肉に含まれている成分と言えばビタミンB1ですね。

この栄養素は、糖質を体内でエネルギーに変換するためには必要なものですので、糖質の代謝を良くしてくれる可能性が高いです。

糖質と言えばやはりお米ですけど、私たち日本人は良くお米を食べるので、このビタミンB1をしっかりと摂取する事は必要です。

 

鶏肉

鶏肉は健康に良いとされていますけど、その理由の1つにビタミンAが豊富に含まれている事が言えます。

ビタミンAは、皮膚や粘膜などの健康を守る働きをしますから体の健康によっては欠かすことができないです。

目にも良い効果をもたらすので視力低下の予防になります。このように、健康を意識したいのであれば鶏肉は欠かすことができないです。

また、鶏肉の特徴の1つが皮以外は基本的に低脂肪だということです。低脂肪ですと、脂肪を気にする人にもプラス要素ですし、脂肪の過剰摂取を抑えたい場合は鶏肉がお勧めです。

以上のようにお肉によって含まれている成分が違ってくるので自分に合ったお肉を選ぶ事も大事です。




 

今日のまとめ

必須アミノ酸を含んでいる

過剰摂取に注意する

牛肉、豚肉、鶏肉それぞれ成分が違う

食事制限の基本は高カロリー食品を控える事

食事制限は、みなさん既にご存じだと思いますけど、このダイエット方法の基本が摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ることです。

消費カロリーが上回らないと痩せることができないので、カロリーを意識して食事制限する必要があります。

そこで、今回のテーマですが「食事制限の基本は高カロリー食品を控える事」になります。




 

量よりもカロリーを重視

stevepb 

 

食事制限をしていく時ですが、食べる量よりもカロリーを意識する必要があります。

食べる量が多くても、総カロリーが少なければ問題ないですし、食べる量が少なくても総カロリーが多いと問題になります

主に野菜は、カロリーが少ない物が多いですので野菜を多く取り入れるというのがダイエットにおいてのポイントです。野菜を多く摂取してもそれほど摂取カロリーが高くならないので安心して食べることができますし、量が多ければ満腹感も味わうことができるので一石二鳥ですね。

逆に、高カロリー食品は少ない量でも総カロリー値が多くなる可能性があるので控えめにすることが大事です。別に高カロリー食品を食べてはいけないわけではなくて、食べる量を減らすように努力します。

野菜などのカロリーが少ない食品を多く摂取して、高カロリー食品を減らすだけでも食事制限においてダイエット効果が期待できる可能性があります。

 

美味しい物ほどカロリーが高い

さて、食事制限においてカロリーが低いものを多く摂取していけばいいといく事ですが、美味しいものほどなぜカロリーが高い事が多いです。

ステーキやハンバーグなどみなさんが好きな料理はそれなりにカロリーが高いですし、お菓子類などもカロリーが高いですね。

つまり、美味しい物を制限していく必要があるので、ダイエットしていく時に多少の我慢は大事です。

しかし、カロリーが高い物を制限すればいいだけであって、食べてはいけないわけではないです。量さえうまくコントールできれば総カロリーが多くなる可能性は低いです。

また、普段はカロリーが低い食品ばかり摂取して週に1回や2回は高カロリーの料理を楽しむ方法もありです。まずは、いつもよりも若干減らすつまりで取り組んで、慣れてきたら少しずつ高カロリー食品の制限をしていくと比較的うまくいきやすいです。

カロリーが多い物が好きな人にとっては簡単ではないですが痩せる目的を果たすためにも制限も必要です。

 

野菜の献立を増やす

さて、食事制限においてカロリーが低い食品を多く摂取していくのが基本ですが、やはり野菜を中心に食べていくのがお勧めですね。

野菜と言えば野菜サラダがありますが、多くの野菜を入れてより栄養を考えて作ることが必要ですし、味に飽きないようにいくつかのドレッシングも購入します。

ドレッシングは味を変えられるものですから、野菜サラダを毎日摂取していこうと考えている人にとってはお勧めですね。

また、野菜を使った料理の献立を増やすことも大事ですね。

肉じゃがや野菜コロッケ、野菜炒めなど身近なものでも多くありますね。肉じゃがは肉の量を減らすことで総カロリーを抑えることができますが、肉じゃがの一人前の肉の量を考えるとそこまで肉の量を減らす必要はないのかなと思います。

野菜を使った美味しい献立は多くあります。栄養士に聞いたり、料理が妻い人に聞く、さらにインターネットで調べるこの3つをするだけでも美味しい野菜料理を作ることができるので良いです。




 

今日のまとめ

量よりも総カロリーが大事

美味しい物ほどカロリーが高い

野菜料理の献立を増やす事

健康的に痩せるためには間食を制限

こんにちは

健康的に痩せるためには、さまざまな事を考える事が必要ですが、やはり間食についてもそれなりの知識を身に付けて考えていく必要があります。

そこで、今日のテーマですが「健康的に痩せるためには間食を制限」になります。




 

間食のデメリット

Free-Photos

間食を摂取する人は比較的多いと思います。

例えばアイスや洋菓子、和菓子など沢山あります。普段と食事と比べると甘い物が多くなりがちですが、お菓子類は甘くしかも美味しい特徴があるので欠かすことができない人も多いです。

しかし、健康的に痩せるためにはお菓子類を多く摂取するのはあまり良くないです。

その理由としては

炭水化物を多く摂取してしまう

砂糖を多く摂取してしまう

事が上げられそれが結果的にカロリーを多く摂取してしまうことになります。過去にも言った事がありますが、いくら普段の食事をうまく制限する事ができても間食を多く摂取していると結果的に一日の総カロリーが多くなってしまって、食事制限があまり意味をなさないです。

また、お菓子類は多く摂取すると栄養も偏ってしまう可能性があり取り過ぎは健康にとってマイナスになる可能性もあるので注意します。

間食でもカロリーが低い物やお菓子類ばかりではなくて栄養バランスが良い物を摂取すればそこまで問題はないですが、間食がお菓子中心で、しかも毎日それなりの量を摂取している人は、健康を考えるのであれば当然制限する事が大事です。また、ダイエットする人もカロリーを含めて間食をどれだけ制限できるかがポイントとなるのでその点を考えながら行います。




 

主なお菓子のカロリー

名前 グラム カロリー
あんまん 100 約400
カステラ 一切れ 約190
どら焼き 100 約190
アイス 100 150~240
ケーキ 100 約300
スイートポテト 100 約180
プリン 100 約170

となっています。比較的人気があるスイーツを並べましたけど100グラムでもそれなりのカロリーを摂取する事になりますし、アレンジする分だけカロリーが高くなってしまう可能性もあります。

アイスやケーキなど種類によってカロリーが大きく変わる事があり、チョコ系は特にカロリーが高くなってしまう可能性があるので注意します。洋菓子でもカロリーが低い物を多く使用する事によってカロリーが控えめの洋菓子を食べる事ができます。

ダイエットケーキやダイエットクッキーなどがありますが、これらは出来る限りカロリーが低い物を使用しているので結果的にカロリーが低くなっています。

 

まったく食べないというのは控える

jsks

私たちが大好きな間食ですが、今まで摂取してきた人は健康的に痩せるためにまったく食べないようにするというのは私はあまりお勧めできないです。

もちろん、間食を止めてダイエットに専念する事によって、それだけ炭水化物や砂糖などを制限する事ができますし、総カロリーをうまく制限できて痩せやすくなります。

しかし、間食が大好きな人がまったく摂取しなくなるとストレスがたまる可能性があります。ストレスがたまるとイライラしたり、体調が悪くなったりとマイナスになるのでストレスがたまりやすい人は間食をまったく止めるのではなくて、量を減らして制限していく形をとっていく事がお勧めです

うまく両を減らすだけでもダイエットには効果がありますし、健康的に痩せられる可能性は十分あります。




 

今日のまとめ

間食の取り過ぎはデメリットが大きい

間食の主なカロリーを把握しよう

間食をまったくしないのではなくて制限する事が大事