食事制限ダイエットは効果が出やすい

ダイエットをしていく時には、どのように痩せていこうか考える必要があります。痩せる方法にはいくつかの方法があり

食事制限

運動

ダイエットアプリ

ダイエット食品

が主にあります。この中で一番効果が出やすいのが「食事制限」です。なぜ、食事制限をする事によってダイエットに効果的なのかをお話します。

 

痩せる仕組みを理解しよう

 

なぜ、食事制限が痩せやすいのかを知るためにはまずはダイエットの基本を理解する必要があります。

痩せるためには

消費カロリー<摂取カロリー

が基本となります。

 

つまり、消費カロリーが摂取カロリーを上回ると痩せていくという仕組みです。摂取カロリーは主に食事ですね。私たちは食事からカロリーを摂取する事になるので、沢山食べると太りやすく、カロリーを制限すると痩せていきます。

つまり、どれだけ日頃の食事の摂取カロリーを抑えるかがダイエットでは重要だという事です。

 

実際に、ケーキ1個でも300カロリーぐらい摂取する事になります。ケーキを食べて昼食や夕食をたくさん食べると簡単に過剰摂取につながってしまいます。人間の1日の消費カロリーは平均的に1800カロリー前後です。運動をあまりしていない人や仕事で座っている人が多い場合はもう少し消費カロリーは低くなります。ケーキ1個食べるだけで一日の消費カロリーの6分の1ですから、摂取カロリーを上手くコントロールしていく事が必要ですよね。

 

摂取カロリーが消費カロリーを上回っている状態では、いっこうに痩せる事が出来ないですし、太る事になります。自分の基礎代謝や運動での消費カロリー、さらに自分が食べたもののカロリーなどを把握する事によって、おおよそどれぐらいのカロリーを消費しているのか、どれぐらいのカロリーを摂取しているのか分かるので、本格的にダイエットしていいたい場合は、自分の消費カロリーと摂取カロリーを計算する事は必要不可欠です。




 

他のダイエット活動はどうなの?

 

食事制限が一番効果た期待出来るダイエット方法ですが、他にもダイエット方法がありますよね。

例えば運動です。運動をする事によって、消費カロリーを増やす事が出来ます。ですので、運動をしてダイエットしている人は多くいます。主に皆さんが行っているのは

・有酸素運動

ですよね。有酸素運動は酸素を取り込みながら運動していくものであり、脂肪燃焼効果が期待出来ます。ウォーキングや水泳、ランニングなどはすべて有酸素運動です。

 

ただ、運動によるダイエットには限度があります。その原因としては

運動による消費カロリーは少ない
という事です。
実際に、ウィーキングを30分行っても120キロカロリーぐらいしか消費する事が出来ないです。水泳など少しハードな有酸素運動だと30分でも多くのカロリーを消費する事は可能ですが、多くの人が行っているウォーキングやジョギングではあまりカロリーは消費されないです。
長期的に見ると、少しずつ体重は減量していくと思いますが、なかなか思うように痩せる事が出来ないことが多いですよね。いつもウォーキングしているのになかなか痩せる事ができないのは運動による消費カロリーが少ないからです。
また、ダイエットサプリは脂肪燃焼効果などがあり、簡単に痩せられるように思いますがダイエットサプリを飲んでいれば自然と痩せるわけではないです。ダイエットサプリは多く存在しますが、なかなか痩せる事ができない人もいます。
ダイエットサプリは確かに脂肪燃焼効果などがありますが、結局補佐をする役目なので食事制限や運動をしていない状態ではあまり効果がでないという事です。魔法の薬ではないことを知っておく必要がありますね。
このように、ダイエットを成功させたい、早く成果を出したいという人は「食事制限」メインでやりましょう。そして、運動やサプリなどを補佐として活躍します。運動だけすれば大丈夫、サプリさえ飲めば簡単に痩せる事が出来るという考えは捨てるべきです。

食事制限は効果が出やすいけどもろ刃の剣

さて、食事制限はダイエットに効果があると言ってきましたけど、もちろん注意しなければいけない部分もあります。
食事制限を間違った方法で行うと大変な事になります。主な注意点としては

過剰に制限すると体調不良になる

リバウンドに注意

拒食症に注意

 

主にこの3点があります。

やはり、食事制限は効果的ですが、コントロールが必要です。一日の摂取カロリーが1000カロリーを下回ると栄養不足になり、日頃の活動に影響してきますね。

 

また、食べる事を制限し過ぎると拒否反応が出るようになり、拒食症になる可能性もあります。つまり、食事制限は効果的なダイエット方法ですが、もろ刃の剣であり、他のダイエット方法よりも難しいと言えます。ただ、正しい知識を身に付けて行えば上記のようなデメリットは起こりにくいです。

 

結局はどれだけ正しい方法で食事制限が出来るという事が大事なので、食事制限少し不安なだと思わずに、正しい食事制限をマスターしてダイエットに励んでもらいたいです。




 

まとめ

・食事制限はダイエット方法の中でも効果的

・運動やサプリは補佐として活用する

・食事制限は正しい方法で行う必要がある

ダイエットとインスタント食品

ダイエットをする時に考えなければいけないのが食事ですよね。

私たちの周りには便利な食事があり、それがインスタント食品ですね。手軽に食べられる物と言えば、カップラーメンやカップうどんになります。麺類はお湯を注ぐだけで食べることができるので、多くの人がこのカップ麺を食べたことがあります。

 

さて、ダイエットをする時にこのカップ麺とどう向き合えば良いのかについてお話します。そこで、今日のテーマは、「ダイエットとインスタント食品」になります。

 

カップ麺のカロリー

さて、気になるカップ麺のカロリーですが、概ね300カロリーから500カロリーになっていますね。量や麺の種類によって違ってきますがだいたいこの数値になっています。

400カロリー前後と覚えておきましょう。おそらくだしを含んだ数値となっているので、麺だけ食べてだしをあまり飲まなければもう少し抑えられると思います。

ただ、1杯で400カロリー前後もあるので、ダイエットをする時には注意しなければいけないですね。昼食にカップ麺だけというのであればそこまで気にするようなカロリーではないですが、カップ麺におにぎりなど他の物を食べるといっきにカロロリーを多く摂取してしまうことになるので食事制限をする時にはなるべく避けた方が無難です。

 

さらに、カップ麺というのは健康的かというと私はそうではないと思っています。つまり、カップ麺を頻繁に食べるというのは、ダイエットしにくいだけでなくて、健康においてもあまりプラス要素がないので、ダイエットに向いていない食品になります。たしかに手軽に食べられるものですが、過度に摂取にしないように注意しましょう。

 

たまにならOK

カップ麺は、比較的カロリーが高く、そこまで健康的ではないという事をお話しましたけど、手軽に食べられるのが良いですね。

 

ダイエット中でも、仕事や家事が忙しくて食事に力を注ぎきれないこともあります。そんな時にはカップ麺は悪くないと思います。仕事や家事が忙しい時に、ダイエットのための食事を作るのは大変ですから頑張り過ぎるとストレスが溜まります。

ただ、あくまでたまにカップ麺というのは覚えておきます。ダイエットしている場合は、カップ麺はあまり相応しくないので、忙しい時でも頻繁にカップ麺を食べないように注意します。あくまでたまにですね。最近は、カップ麺の種類も多く、美味しい物も多いです。忙しい時のためにカロリーが比較的低く、美味しいカップ麺を食べられるように情報収集するのは良いですね。

 

カップ麺のだしに注意

さて、カップ麺を食べる時に注意してほしいのが、だしですね。そばは別として、ラーメンとうどんに関して基本的にだしが入っていますね。

このだしをすべて飲んでしまうのは控えるようにします。

 

その理由としては、カロリーを多く摂取してしまうのと塩分などを多く摂取してしまう可能性があるからです。カップ麺のだしには塩分が多く含まれている可能性があります。塩分を過剰に摂取すると体にとって害ですからだしが美味しくても最低でも半分ぐらいにまで抑えておきます。どうしても麺類になるとだしが美味しいですから、だしをすべて飲んでしまう可能性がありますが、ダイエットしている人は特にだしの過剰摂取に注意します

 

今日のまとめ

カップ麺のカロリーは約400カロリー

たまにカップ麺ならOK

だしに注意

注意したい糖質制限ダイエット

はい、一週間ぶりの更新になります。

ちょっと最近更新するのが不規則になっていますけど、なるべく定期的に更新できるようには勤めていきます。

さて、今日は人気がある糖質制限ダイエットについてです。過去にも触れてきていますけど、メリットについてはすでに記事として書いています。簡単にメリットをお話すると

ダイエットに効果的

カロリーを制限しやすい

血糖値が上がりにくい

簡単にできる

などがあります。

 

上の記事にも少し記載していますから、プラス面は多いと言えます。

そもそも、私たちが良く食べるご飯や麺類というのはカロリーが比較的高いですからそれらを制限するというのは効率的に痩せる目的であればメリットが大きいですね。

さて、今日は、メリットではなくてちょっとデメリットについてもお話します。そこで、今日のテーマですが、「注意したい糖質制限ダイエット」になります。




 

糖質不足

RitaE

さて、糖質制限ダイエットでまず注意しなければいけないのが、「糖質不足」になります。

糖質制限は確かに痩せやすいですけど、適度に制限するのではなくて徹底的に制限しようとする人もいます。

今まで、ご飯を毎食200グラムぐらい摂取していた人が、まったく食べなかったり100グラム以下にしたりと過激に制限してしまう人がいますが、これは大きな落とし穴になります。

たしかに、制限すればするだけ体重は減量しますけど、糖質不足になる大きなデメリットもあります。

脳の活動不良

体がだるい

などの体調が崩れてしまうケースも多くなり、ちょっとしたエネルギー不足になりますね。さらに、糖質制限していると食物繊維も制限してしまう可能性があります。

ご飯や麺類などは炭水化物が多く含まれていますけど、糖質制限でご飯や麺類などを過剰に制限すると糖質だけでなくて食物繊維も不足する可能性が高いです。

食物繊維が不足すると

便の状態が悪くなる

腸内環境が悪くなる

大腸がん

といったように、最悪大腸の病気になるので糖質制限をする時には、食物繊維も同時に制限しないように注意します。ただ、ご飯や麺類などを制限すると食物繊維の摂取量も低下するので、食物繊維が多く含まれている繊維類を摂取するように心がけます。

最悪、食物繊維が多く含まれているサプリがあるのでそちらを活用します。このように、糖質制限というのはどれだけコントロールできるかがポイントであり、過剰に行うと健康の害になり大きなリスクを伴う可能性が高いですから注意します。

 

○たんぱく質と脂質を過剰摂取する可能性

さて、糖質制限をすると大幅にカロリーを制限できますけど、それを他の栄養で補わないと空腹になりますし、体が動きにくいです。

そこで、糖質を制限する代わりにたんぱく質や脂質でその分をフォローする人も多いです。

ここで、注意しなければいけないのがたんぱく質と脂質の過剰摂取になります。

たんぱく質を過剰に摂取すると

肝臓と腎臓に大きな負担が起きる

という可能性があります。

たんぱく質は体内で余ると窒素に変わります。余った窒素はアンモニアに変わりますが、アンモニアは私たちにとって有害な物質ですから肝臓で無害の尿素に変換されます。

そして腎臓から尿となって排出されるのです。

もし、たんぱく質を過剰摂取して窒素が多くなるとこのように腎臓と肝臓の活動が活発になり最終的にこれらの臓器が疲れきってしまいます。

また、たんぱく質はカロリーが多い食品も多いですから、いくら糖質制限してもカロリーが高いたんぱく質を多く摂取するとダイエット効果が薄くなってしまうので注意が必要です。

さらに、動物性たんぱく質の取り過ぎは尿路結石の可能性が高くなったり、腸内環境が悪くなる可能性があります。

動物性タンパク質は、悪玉菌の餌になる可能性があり、どんどん悪玉菌が多くなって最終的に腸の病気になる可能性があります。腸内環境が悪くなると便の状態が悪くなったり、おならが臭くなったりなど起こりやすいですから、動物性たんぱく質を良く摂取している人で、これらの症状が現れやすくなったら腸内環境が悪くなっている証拠ですから注意します。

また、脂質の取り過ぎも体に害ですからたんぱく質と脂質この二つの取り過ぎには糖質制限ダイエットでは注意しなければいけないです。

簡単にまとめると

肝臓と腎臓に大きな負担

カロリーの摂りすぎ

尿路結石の可能性

悪玉菌の増加で腸内環境悪化

になります。

たんぱく質は私たちにとって必要な存在ではあるが、取り過ぎは逆にマイナス効果もあることを覚えておきます。

 

糖質制限をするなら計画的に

糖質制限は、ダイエットしやすいメリットもありますが、デイメリットもあります。

そこで、メリットを活かしつつデメリットを減らしていくとうまく糖質制限ダイエットができます。そこで大事なポイントが

炭水化物の摂取を制限しすぎない

たんぱく質と脂質は適度に増やす程度

になります。

炭水化物を制限する時は今までよりも3分の2ぐらいにします。つまり3分の1量を減らすということです。これなら過剰制限ではないですし、炭水化物を最低限度摂取することができますし、食物繊維が過剰に不足するという事態も防げる可能性があります。

 

次に、たんぱく質と脂質で不足分を補う時は適度に増やす程度にして過剰摂取しないようにします。また、動物性たんぱく質はなるべく多く摂取しないことが大事ですし、カロリーを意識して摂取します。

 

何かと糖質制限をする時は考えなければいけないことがありますが、糖質制限は成功するとうまくダイエットができてしかも健康を維持したまま痩せる事ができるのでうまくできる自信がある人はお勧めのダイエット方法ですね。




 

今日のまとめ

糖質制限しすぎない

たんぱく質と脂質の過剰摂取に注意

計画的に行う事