食事制限ダイエットで失敗する原因

ダイエット方法の中で多数の人が行っているダイエットが、食事制限ダイエットですね。

 

一般的には糖質制限ダイエットと言われています。この食事制限は、摂取カロリーを制限する事が出来るので、効果的に痩せる事が出来ます。

 

沢山運動をして消費カロリーを増やすよりも摂取カロリーを減らした方が効率的なので、運動よりも食事によって痩せていく人が多いです。ただ、食事制限ダイエットで失敗する人も多いです。そこで、なぜ失敗するのかその原因についてお話します。

 

上手く制限出来ていない

 

食事制限ダイエットで失敗する原因としては、上手く制限出来ていない事が上げられます。

例えば

カロリーが高いものを多く摂取している

ついつい間食をしてしまう

カロリーが高い清涼飲料水などを飲む

 

これらが原因としてあります。

いくら食べる量を少なくしても、カロリーが高いものを中心に食べていては結局総カロリーはあまり減っていないです。

カロリーが高いものは多くありますが、例えばケーキやお菓子類、ステーキなどもカロリーが高いですね。

逆に野菜は平均的にカロリーが低いですし、お菓子でもおからクッキーなどダイエット目当てで作られたものはカロリーが低いです。自分が毎日何を食べているのかを記録して、高カロリーの食品はなるべく減らす必要があります。

特に注意したいのが油です。

お肉や魚には脂がついていて、特にお肉は脂が多いですよね。お肉の脂を過剰に摂取すると当然太りやすくなるのでなるべく脂身が少ないお肉を食べるようにしましょう。鶏肉は基本的に脂身が少ないですが、皮は高カロリーなので注意しなければいけないです。

 

ダイエット中は、お肉やお魚の料を減らして、野菜を中心に食べましょう。野菜は低カロリーなので、沢山食べても問題ないです。

おすすめの献立としては

・ご飯    150g

・鳥の唐揚げ 3つ

・野菜サラダ  200g

・お味噌汁  1人前

 

これぐらいなら別にカロリー的にも問題ないですし、バランスが取れていますね。なるべくダイエット中は、野菜サラダをメニューに入れるようにします。お昼と夕食に野菜サラダを食べて、栄養とカロリー両方をクリア出来るように心がけます。

 

また、ダイエット失敗の原因としては、やはり間食ですね。間食でスイーツやラーメンなどを食べている間は、カロリーをなかなか制限する事が出来ないです。

そこで、間食をダイエット食品に置き換えてみます。ダイエット食品は、カロリーを考えて作られたものであり、置き換えダイエットでも有効活用している人が多いですね。

 

また、ジュースにもカロリーが含まれています。

特にカフェオレや清涼飲料水などは高カロリーなので、1日に何本も飲んでしまうといくら食事でカロリーが制限出来ていても太ってしまいます。

 

食事制限だけでダイエットしているのはダメ

 

食事制限だけでも、カロリーを制限する事が可能なので十分痩せる事は可能です。

しかし、食事制限だけでは短期間で痩せる事は難しいです。かなり制限すれば痩せる事は可能ですが、制限し過ぎると、栄養を十分に取る事が出来ないので、不健康になります。

栄養不足になると、脳が活性化されずに集中力が欠けたり、精神的にもストレスが溜まりやすいです。栄養不足に鳴らない程度に食事制限をしていく必要がありますね。

 

しかし、そうなるとカロリー制限にも限度があります。

そこで、運動を取り入れて消費カロリーを増やします。摂取カロリーを制限して、運動によって消費カロリーを増やせばさらに効果的に痩せる事が出来ます。

 

食事制限の場合

・1日の摂取カロリー1400カロリー

食事制限+運動の場合

・1日の摂取カロリー1400カロリー+運動によるカロリー200カロリーで総カロリー1200カロリー

となります。

結果的に、運動を取り入れた方が痩せやすいです。また、200カロリー運動で消費するためにはジョギング1時間ぐらいは必要になりますが、歩く頻度を増やす事が出来ればそう難しくはないです。

 

また、運動によって基礎代謝を上げる事が出来ればさらに痩せやすくなりますね。

 

このように、効果的に痩せたいのであれば、食事制限+運動でダイエットしていきましょう。他にもダイエット方法はありますが、まずはこの2つを取り入れます。

 

お腹が空く事が多い

 

ダイエットをしている時には、食事制限をするのでどうしてもお腹が空きやすくなります。

今までよりもカロリーを制限するので多少お腹が空くのは仕方がない事です。しかし、お腹が空くとどうしても食べたくなり、余計にカロリーを摂取します。

いくら、昼食や夕食などのカロリーを制限しても、お腹が空いた時に食べては結局カロリーが制限出来ないです。そこでなるべくお腹が空かないように工夫しましょう。

 

簡単に出来る方法としては

良く噛んで食べる

夕食の時間帯を遅らせる

 

この2つです。

 

まず、良く噛んでゆっくりご飯を食べる事を意識すると、唾液が沢山でますよね。唾液には殺菌効果があるので、健康の部分でメリットが大きいです。さらに、良く噛んで食べると満腹度が上がるので、同じ量を食べても満腹になりやすいです。

 

逆に早食いすると、満腹度があまり上がらないためにすぐお腹が空いたり、沢山食べたのにあまりお腹が満腹にならなかったという状態になります。

 

柔らかいものばかり食べると、あまり噛まなくなるので、時々堅いものを食べるのがおすすめです。歯ごたえ場あるものを食べる事によって自然と噛むことが多くなり、満腹度が上がりますね。

 

また、夕食の時間帯を遅らせる事もおすすめの方法です。夕食が19時といったように早い場合は、夜22時ぐらいにお腹が空く事があります。これが夜食に繋がります。

そこで、夕食の時間帯を21時ぐらいに遅らせる事によって、寝る時にお腹が空いた状態になりにくいので夜食を食べずに済みます。このように工夫しながら食事制限していくと成功する可能性が高いので、考えながらダイエットしましょう。

 

まとめ

・食事制限はカロリーとジュースがポイント

・運動を取り入れる

・空腹にならないように対策する

卵はダイエットに最適な食品 積極的に食べよう

ダイエットをしている人は、食事に気を使っている人が多いと思います。

実際、摂取カロリーを減らさなければなかなか痩せないので、食事制限によるダイエットは正しいと言えますね。ただ、カロリーを意識するだけでは効率よく痩せないですし、健康を考えると食べる食品も考えなければいけないです。

 

ダイエットに向いている食品は、低カロリーで栄養が豊富に含まれているものですよね。さらに、満腹度が高い食品だとさらに良いです。この3つをクリアしているものはそうそうないですが、実は身近な食べ物であるんですよね。

 

それが「」です。今回は、卵とダイエット、そして健康についてお話しますね。

 

卵の栄養素

 

jill111 / Pixabay

 

まず、お伝えしなければいけないのが卵の栄養素です。

本当に卵は健康に良いのか、効率的に栄養素を摂取する事が出来るのかをお話します。

 

卵に含まれている栄養素

たんぱく質

脂質

ビタミンE

ビタミンD

ビタミンB12

ビタミンB6

ビタミンB2

カルシウム

マグネシウム

リン

亜鉛

要酸

 

これを見てもらえば分かりますが、豊富な栄養素が含まれています。また、必須アミノ酸も豊富に含まれており、ベストな食品と言えますね。

 

必須アミノ酸は抗酸化作用がある

必須アミノ酸の中には「メチオニン」と呼ばれているものがあり、これが抗酸化作用を持っています。メチオニンによって作られた抗酸化物質は、老廃物の排出を促して代謝を高める働きがあるので、老化を帽子したり、生活習慣病を予防したりなどの良い効果があるので注目されています。

 

さらに卵黄には抗酸化作用がある「カロチノイド」という物質も含まれているので卵は健康に良いですね。

 

たんぱく質が豊富

 

卵と言えば動物性たんぱく質です。

良質なたんぱく質が豊富に含まれており、一日2個食べると一日に必要なたんぱく質の3分の1を摂取する事が出来るので、たんぱく質を効率的に摂取する事が可能です。

 

たんぱく質は、骨や髪を含めた体を作る働きを持っており、さらに基礎代謝を上げている筋肉も作ります。いくら筋トレをしてもたんぱく質を十分の摂取しなければ筋肉量が増えませんが、たんぱく質をしっかりと摂取すればそれだけ筋肉が作る環境が整います。

筋トレでダイエットしたい人は、卵は必要な食品ですね。

 

脳を活性化させるコリンに注目

 

卵には、脳に良い影響を与えてくれる「コリン」です。神経伝達物質であり、記憶や学習に深く関わっています。さらに血管を膨張させて血圧を下げる効果もあるので、高血圧になっている人や高血圧を予防したい人にとってもおすすめの食品です。

 

このように、ダイエットと健康どちらにもすぐれているのが栄養成分を見るだけでも分かると思います。何気なく食べていた卵ですが、実は優れた食品である事を理解しましょう。

 

ただ、ビタミンCと食物繊維は含まれていないので、その点は注意しましょう。




 

なぜ卵はダイエットに効果的なのか

 

卵の栄養成分を見れば、分かりますが一番注目しなければいけないのが

低カロリー

豊富な栄養素

満腹度

 

この3つです。

卵1つのカロリーは、約79キロカロリーです。卵の大きさによって少しは前後しますが、これだけ栄養素が含まれているのに、このカロリーの低さは驚きです。

ダイエットにおいては、カロリーを制限することも大事なので卵はこの条件を満たしていると言えますね。

最近は、「卵ダイエット」などもはやっています。卵だけ食べるというのは、一部の栄養素が足りないのでおすすめしませんが、1日に卵を2個~3個食べるのはおすすめです

 

また、卵は満腹中枢を上げるので、腹もちが良い食べもjのです。卵はいつたべても良いですが、時間がない朝食がおすすめです。腹もちが良いので、朝にハムエッグや目玉焼き+味噌汁でも良いですね。卵料理は豊富にあり、簡単なものもあるので料理も簡単です。

まだ、卵を効率よく食べれていない人は、ぜひ卵を積極的に取り入れてダイエットに活かしましょう。ダイエットしながらさらに健康にも良いとなると食べないわけにはいかないでしょう。

 

卵で注意する事

 

とはいえ卵を積極的に食べる時には注意しなければいけないことがあります。

食べ過ぎ

アレルギー

病気を発症している人

 

まず、卵はいくら良い食品でも食べすぎは良くないです。ベストは一日に2個~3個ですね。

5個以上食べるのは、カロリーオーバーやコレステロールの取り過ぎです。最近の話では、卵のコレステロールはほとんど健康の害にならないという結果もあります。今までは、卵はコレステロールが高いからあまり多く食べない方が良いと言われていましたけど、今はそのような常識はなくて一応1日の制限なども特に設けられていないです。

 

ただ、5個ぐらい食べるとカロリーが500キロカロリーですし、栄養が豊富に含まれているという事は多数の栄養が過剰摂取となります。つまり、食べ過ぎには注意です。

 

さらに、アレルギーを持っている人も注意です。卵アレルギーは決して珍しいものではないです。アレルギーになっている人が卵を食べると健康に大きな害をもたらすので、残念ながら卵アレルギーの人は、食べる事が出来ないです。

 

また、病気を発症している人は一応医師に卵を食べていいのか、どれぐらい食べても良いのか聞きましょう。病気の中にはカロリーやコレステロールなどに注意しなければいけないものもあるので、その点は確認しておくのが良いです。




 

まとめ

 

今回は、卵とダイエットの関係についてお話しました。この記事を読んでくれた人は、卵の良さを把握出来たと思います。また、卵に関するおすすめの商品なども紹介できたら良いので良い商品があれば紹介していきます。

・卵は栄養素が豊富で健康に良い

・カロリーが低いのでダイエットに向いている食品

・コレステロールは特に気にする必要がない

カロリー制限で注意しておきたい事

食事制限をする時にもっとも大事になるのが当然カロリー制限です。

 

カロリーを制限することによって、摂取カロリーが少なくなり結果的に痩せやすくなります。ただ、このカロリー制限が思いのほかけっこう大変です。そこで、カロリー制限をする時に注意する事について今日はお話していきます。

 

大事なのは食品1つ1つのカロリー

 

カロリーを制限する時に大事になるのは、食品1つ1つのカロリーです。

カロリーが多く含まれている食品を摂取するとあまり食べていない感覚でも、多くのカロリーを摂取する可能性があります。例えばショートケーキのカロリーは約300カロリーですが、1個食べるだけでもこれだけのカロリーを摂取してしまいます。

もし、ショートケーキを三人分摂取すると、それだけで1000キロカロリーになり太りやすくなりますよね。逆にカロリーが低い野菜やおからなどを上手く利用したおからクッキーなどのダイエット食品はカロリーが低くなっているので、多少多く摂取しても問題ないです。

食べる量も大事ですが、カロリーが少ないものを出来る限り摂取していくこともダイエットを成功させるためのポイントです。お菓子類は基本的にカロリーが高いですが、ダイエットのために開発されたお菓子類はカロリーが低くなっているので、どうしてもお菓子類を食べたい人はダイエットお菓子やスイーツを食べるように心がけてくださいね。

自炊だと自分でカロリーをコントロールできますが、外食の場合はついついカロリーを摂取し過ぎてしまう事があります。特に飲み会になるとドリンクを含めるとカロリーを摂取しやすい状況になるので、ダイエット期間中は飲み会を控える事もポイントです。もし、飲み会など外食をする場合でも、普段よりも食べる量を控えて、常にカロリーを意識するのが良いですね。

 

また、たまに外食する場合でも注意が必要です。たまに外食する時ぐらいはダイエットを忘れてしっかり食べようという考えだと、今まで抑えてきた食欲がかなり出てしまって、結果的に暴食につながります。すると、今までせっかくカロリーを制限してきたのにその努力が無駄になってしまうこともあるので、油断しないように注意します。




 

飲み物にも注意

 

さて、カロリーを制限する時には、飲み物にも注意します。

お茶や水などはカロリーが含まれていないので、問題ないですがジュース類は多くのカロリーが含まれているので、注意が必要です。

例えば清涼飲料水ですね。コーラやファンたなどありますが、砂糖が多く含まれているのが特徴としてあります。また、砂糖が含まれていない場合でも、砂糖に代わるものが含まれて、結果的にカロリーを多く摂取する事になります。

清涼飲料水を一日に何度も飲んでいる人は、いくら食事でカロリーを制限してもあまり意味がないので、日頃の飲み物も改善していく必要があります。

おすすめは当然お茶と水です。少しでもカロリーを制限するためには、飲み物で余分なカロリーを摂取しない事は大事です。

 

また、珈琲を飲む人も注意です。砂糖やミルクを入れるとそれだけでカロリーがアップします。珈琲を飲む時は出来ればブラックでベストですが、どうしても砂糖を入れる場合は少量に留めておくようにします。砂糖を二袋入れたりなど、入れる量が多くなるとかなりカロリーが高い珈琲に仕上がってしまうので、珈琲好きの人は注意が必要です。

 

カロリーを制限しすぎないことも大事

 

カロリーを制限する時に注意しなければいけないことには、カロリーを制限しすぎない事です。

ダイエットをする人の中には、カロリーを強く意識している人も多くいます。例えば過剰に食事制限をして一日のカロリーが1000カロリーを下回っている人もいます。このような状況になると栄養不足になったり、拒食症になる危険があります。

 

また、体調不良になり、ストレスも溜めやすくなりあまりよろしくないです。空腹状態が続くと人はストレスを溜めやすくイライラしやすくなり精神的にもあまり良くないです。

たしかに、過剰にカロリーを制限する事によって、痩せやすくなりますが結果的に体に大きな悪影響が出てしまいきついダイエットになります。また、ダイエットを止めてるといっきに食欲が出てしまいリバウンドしやすくなるのでその点も含めるとカロリーを制限し過ぎるというのはマイナス面が多いです。

 

ダイエットは短期的に成功するのではなくて、長期的に成功しなければいけないです。せっかく痩せたのにまた太ったり、体調が悪くなり日頃の生活に支障が出てしまった場合はダイエットは失敗したと言えます。過度な食事制限をしている人は特に若者に多いですよね。やはり、ダイエットはストレスをあまり溜めずに気持ちよく成功していく事が結果的に良いものをもたらしてくれます。

ただ、痩せるだけでなくて体調や精神面を含めて正しいダイエットをしていく必要があります。




 

まとめ

・カロリーが低いものを摂取していく

・飲み物に注意

・過度な食事制限はしない