リバウンドしやすい人の特徴

今現在は、痩せるという目的は達成しやすくなっています。

ダイエットしたい人には情報収集しやすい世の中ですよね。

ダイエット教材

インターネット

ダイエットの本

など簡単に考えてみてもさまざまな情報源があります。特にダイエットの事を書いているブログやサイトは多くの人が見る事ができますからインターネットで情報を集めてダイエットしている人は多いと思います。

ダイエット関係のブログやサイトも数が多くなっていますから、少しでも価値を高めようと競争意識が起こり質が高いダイエットの記事、新しいダイエット方法も取り入れやすくなっており見る人からすると嬉しいですよね。

ダイエットは、痩せることが一番の目的ですが、このようにさまざまな情報源がある今は、痩せるのはそこまで難しくないですよね。自分が努力して我慢すれば痩せられるという時代ですから多くの人が目標体重まで痩せられるのが現在になります。

もちろん、すべての人がうまく痩せられているわけではないですけどまったく痩せる事ができずに苦戦している人は減っています。

しかし、今問題になっているのは痩せた後ですね。どれだけ痩せた体重をキープできるのかが1つの課題になっています。そこで、今回はリバウンドしやすい人についてお話します。

リバウンドするとさまざまデメリットがあります。その点については既に記事に記載してありますので参考にしていただけたら良いです。

 

そこで、今日のテーマですが「リバウンドしやすい人の特徴」になります。




 

ダイエット終了したらすぐに生活が元に戻る人

RitaE

さて、ダイエットでリバウンドしてしまう人の特徴が、まずはダイエット活動が終了したらすぐに以前の生活スタイルに戻る人です。

例えば、ダイエット中は

食事制限、運動、サプリ

この3つをしていて痩せたとします。しかし、目標体重まで痩せる事ができてダイエットを終了した途端に、食事制限、運動、サプリの活動を止めてしまう人です。

たしかに、目標体重まで痩せる事ができればもうダイエットする必要はないですから元の生活に戻るのは自然な流れです。

しかし、これはリバウンドの引き金になることが多いです。

まず、食事制限を止めると制限をしなくても良いということから自分が好きな物を食べてしまう可能性がありますし、カロリーを気にせずに食べる事でカロリーオーバーする日が続いてしまう可能性があります。

そうなると半年後には太ってしまって少しずつリバウンドしてしまいます。

さらに、以前の生活習慣が原因で太ってしまった人も多いです。

例えば、運動不足やカロリーオーバーなどです。こういう人たちがダイエットが終了してまた元の生活に戻ると当然太ってしまいますよね、リバウンドするのはごく自然な流れです。

 

このように、ダイエットが終了したら安心したのか、すぐに元の生活に戻るというのはリバウンドの危険が伴います。ではどうすればいいかですが、

ダイエット中みたいに食事制限や運動などはしなくても良いですから、多少は意識する必要があります。

例えば夕食のご飯の量で例えると

ダイエット前 500カロリー

ダイエット中 200カロリー

ダイエット後 400カロリー

のように、ダイエット中みたいに制限する必要はないですがダイエット前よりも制限する感じです。これならリバウンドするリスクを最小限度に抑える事ができます。

運動も同じですね。

ダイエット中見たいには運動しなくても良いですが、ダイエットが終了しても自分の健康のために適度に運動をしてリバウンドのリスクを減らします。

このように、リバウンドを防ぐための工夫をすればダイエット後に体重が元に戻ってしまう危険度が下がります。

 

食べるのが好きな人

さて、食べるのが元から好きな人もリバウンドしやすいです。

ダイエット中は、体重を痩せるためにカロリー制限をうまくしていく事は可能ですが、その目標が達成すると制限を止める事が多いです。

食べる事が好きな人は、制限を止めた途端に今までの食欲が爆発したみたいに自分が好きな物を食べてしまう傾向があります。

また、そこまで食欲が活発にならなくても、甘い物が好きな人はダイエット中よりもあきらかにお菓子を食べる機会が多くなって結果的に少しずつ体重が増えていく傾向になります。

食べることが好きな人はそれでストレスを発散したり、人生を楽しく生きていると思うのでダイエット中みたいに制限しないさいというのは厳しいですが、少しでもカロリーが高いものは沢山食べないように意識します。

カロリーが低いお菓子を作ったり、見つけたりすると良いかもしれませんね。食べるのが好きな人はどうしても一日の総カロリーが高くなる傾向が強いですからうまく痩せる事ができてもダイエット後の生活は依然よりもカロリーを気にして食生活を改善するのがリバウンドしないための秘訣です。

 

健康を意識しない人

さて、ダイエットをしてリバウンドする人の特徴になりますが、最後が健康を意識しない人です。

 

ダイエットする時もとりあえず痩せたいという気持ちだけでダイエットした人に多いですが、健康を意識する人としていない人ではリバウンドのリスクも違います。

 

肥満気味になってうまくダイエット出来た場合は、健康を意識している人であれば肥満になっていたころには健康への危機感が出ていたと思いますし、うまく痩せる事ができたら今度は肥満にならないようにもっと健康的な生活をしていこうという考えが強くなって生活習慣が改善されてリバウンドするリスクが減ります。

しかし、健康を意識していない人の場合は、痩せる事に成功するとまた元の生活に戻ってしまいますし、生活習慣を改善しようとは考えないことが多いですから、太りやすい生活習慣の場合は再び太ってしまいます。健康を意識していない人は、多少体重が重くなっても気にしない可能性がありますから気付いた時にはかなりリバウンドしていたという事もあります。

このように、健康を意識するのかしないかでリバウンドのリスクが代わりますからダイエットして成功したらなるべく健康を意識して生活習慣を改善するようにします。




 

今日のまとめ

ダイエット終了したらすぐに元の生活に戻る人は要注意

食べる事が好きな人は要注意

健康を意識していない人は要注意

今注目の置き換えダイエットの意味

世の中にはダイエット方法は多く存在しますけど、最近注目を集めているのが置き換えダイエットですね。

私はそれほど置き換えダイエットの経験がないですが、今回は置き換えダイエットの意味についてお話します。

ダイエットをする時には、複数の痩せる方法を知っておいが方が得ですからこのダイエット方法も効果が期待できるものですから知っておいて損はないです。そこで、今日のテーマは、「今注目の置き換えダイエットの意味」になります。




 

置き換えダイエットとは?

Deedee86 

置き換えダイエットって名前だけではなんの事か分からないですよね。

簡単に言うと私たちは基本的に朝、昼、夕食の3食食べますけど、これらのご飯の代わりに健康食品やダイエット食品を摂取する事です。

例と言うと

朝ご飯 ダイエット食品 夕食

といった感じです。この場合は、昼食の代わりにダイエット食品を摂取しています。これが一般的な置き換えダイエットですね。3食の1つをダイエット食品に置き換えたり、2食を置き換えるといった感じです。

 

このダイエットの特徴ですが、単純に摂取カロリーを抑えるということです。ダイエット食品は基本的にカロリーが低い物が多いですから、昼食をダイエット食品に置き換えるだけでも1日の摂取カロリーを大幅に抑える事ができます。

これなら食事制限という意味でも、効果がありますし今人気になっているのも分かりますね。

もちろん、メリットデメリットそれぞれありますが、今のダイエット方法であまりうまく行っていない人はこの置き換えダイエットを試してみるのがお勧めです。

 

基本的には食事制限の1つ

今人気がある置き換えダイエットですが、基本的には食事制限の1つです。

 

ただ、単純な食事制限ではなくて、何かを必ず食べるという意味では単純な食事制限よりも楽です。

普通の食事制限の場合は、例えば昼と夕食だけ摂取したり、総カロリーを減らしていきます。特に1日2食に制限した場合は、どうしてもお腹がすく時間が長くなり、ストレスが溜まります。

しかし、置き換えダイエットでは、ご飯を抜くのではなくてあくまで昼食の代わりにダイエット食品を摂取するみたいな感じですから、空腹になる可能性は低いです。もちろん、最初は物足りなさを感じる事がありますが慣れてくるとご飯を抜くダイエットよりも慣れやすく成功しやすいダイエットです。

空腹時間が長くなると、仕事や学業に専念できない可能性があるので、置き換えダイエットはうまくカロリーを制限しながら健康の事を考えたダイエット方法です。

誰でも気軽に出来る方法ですから、手軽にダイエットしたい人はぜひ置き換えダイエットをして無理なくダイエットしていくようにします。

 

置き換えダイエットすれば成功するとは限らない

さて、置き換えダイエットは、成功しやすいダイエットの1つですが、必ず成功するとは限らないです。

いくら成功しやすい方法でも知識がなければ正しい置き換えダイエットが出来ないですから、まずは置き換えダイエットについて正しい知識を身に付ける事が必要です。

置き換えダイエットの成功のポイントとしては

どのダイエット食品を摂取するか

どのご飯を置き換えするのか

全体の摂取カロリーを計算する

この3点です。

まず、ご飯の代わりに置き換えるダイエット食品ですが、一番は栄養とカロリーですね。

栄養がなるべく豊富に入っている事が大事で、さらにカロリーが低めの物を選択します。栄養が乏しいですと栄養不足になる可能性があり、カロリーが多いですとカロリーを上手く制限できない可能性があります。

この栄養とカロリーの二つが整っているダイエット食品を選ぶ事が必要です。

また、どのご飯と置き換えるかですとなるべく夕食がお勧めです。夕食はどうしてもがっつり食べる事が多くなりがちですから夕食をダイエット食品に置き換える事で大幅なカロリー制限ができます。

ただ、夕食にどうしてもご飯系を食べたい人は朝や昼に置き換える方が慣れやすいです。

また、夕食に置き換えるのがなぜいいのかというと、朝や昼食でしっかりとエネルギーを確保しなければ仕事や学業に影響してくる可能性があります。その点でもやはり夕食に置き換えるのがお勧めですが、自分の生活スタイルに合った置き換えダイエットをしていきます。

最後に全体のカロリーを計算する事です。

いくらカロリーが低いダイエット食費に置き換えたとしても、他の食事のカロリーが高ければあまり意味がないです。

例えば昼食にダイエット食品を摂取してカロリーを制限しても、朝と夜にがっつりカロリーを摂取していてもあまりダイエット効果は期待できないということです。

置き換えダイエットをする時も、置き換える食事以外の食事もカロリーを考えながら摂取していく事が大事ですから、全体のカロリーをいかにコントロールできるかがポイントです。




 

今日のまとめ

置き換えダイエットはしやすい

置き換えダイエットをしたからといって成功するとは限らない

全体のカロリーのコントロールが大事

1キログラム痩せるには何キロカロリー消費すればいいの?

痩せるための知識として知っておきたいのが、1キログラム痩せるためには、何キロカロリー消費すればいいのかになります。

摂取カロリー<消費カロリーとなった時に体のカロリーは消費される事になります。

つまり、1日の摂取カロリーが2400で消費カロリーが2600だった場合は、1日に200カロリー消費された事になります。

もし、摂取カロリーの方が多ければカロリーは消費されたのではなくて、体の中に蓄積されたということになります。

そこで、今日のテーマですが、「1キログラム痩せるには何キロカロリー消費すればいいの?」になります。




 

1キロ痩せるためには7200カロリーを消費する

PublicDomainPictures

さて、1キロ痩せるためには何キロカロリー消費すればいいかですが、「7200」カロリーになります。

意外に1キロ痩せるためにはそれなりのカロリーを消費しなければいけないので簡単な事ではないですね。

もし、1日に200カロリー消費しているとすれば、1キロ痩せるためには36日必要になります。

つまり、1カ月で1キロ痩せるペースではないですね。こう考えてみるといかに1キロ痩せるためにはそれなりのダイエットを行わなければいけないのか分かりますし、1カ月に数キロ痩せるのは以外に大変だと分かりますね。

数字だけ見れば難しいように思えますが、そこまで悲観する事ではないです。

たしかに食事制限だけで痩せようと思えばそれなりに制限しなければ痩せる事はできないですが、有酸素運動や無酸素運動、さらに脂肪燃焼を助けてくれるサプリなどを活用すればもっと早く7200カロリーを消費することができて、1カ月に無難に数キロ痩せる事はできます。

 

健康を考えるなら食事制限以外がポイント

さて、このブログはあくまで健康的に痩せる事が目的ですから、食事制限だけで痩せるのはあまり肯定的ではないです。

実際に7200カロリー痩せるために食事制限を頑張ると、摂取カロリーをかなり抑えてしまう行動に出る可能性があり、そうなると栄養の摂取において問題が起きますね。

体に必要な栄養素が不足する可能性があり、健康を維持したまま痩せる事ができない可能性があったり、痩せた時に体の内部がダメージを受けている可能性がありお勧めできないです。

そこで、食事制限は適度に行って、後は運動やダイエットサプリでフォローするようにします。

有酸素運動は、脂肪燃焼効果があるので1日に200カロリー前後消費することが可能です。

無酸素運動は、基礎代謝を上げる効果があり結果的に痩せやすい体になります。

どちらか片方の運動しか行えない場合は、脂肪燃焼効果がある有酸素運動を行うようにします。

ダイエットサプリも、ダイエットをフォローしてくれる成分が含まれているので一定の効果が期待できます。

 

計画的に痩せるとうまく痩せられる

jsks

さて、1キロ痩せるためには7200カロリーと決まっているので、自分がどのようなダイエットをしていけば1カ月に数キロ痩せる事が出来るのかはある程度、計算することができます。

食品にはそれぞれ摂取カロリーがある程度決めらていますので、自分が毎日食べる料理にどれぐらいのカロリーが含まれているのか計算することができます。

また、運動においてもどれぐらいの運動をすればどれぐらいカロリーが消費されるのかもある程度決まっているので、うまく計算しながらダイエットをしていくと目標通りに結果になりやすいです。

1か月に2キロ痩せるためには、14400カロリー消費する必要があるので、そのための食事制限と運動を取り入れて体の負担なくダイエットしていきます。

ダイエットで計画が大事になってくるといいますが、それはカロリーを計算できるということから言われており、ダイエット帳やダイエットアプリを活用しながら細かく自分のダイエット記録などを書いて、細かく計算しながらダイエットします。

1か月に2キロから3キロ痩せていくのが体の負担も少なく健康的に痩せる事ができると思います。




 

今日のまとめ

1キロ痩せるためには7200カロリーを消費する

健康を考えるなら運動やダイエットサプリを取り入れる

計画的に考えるとうまく痩せる事ができる