自分のペースでダイエットしよう





ダイエットは、簡単に出来るようで実は難しいです。

 

世の中にはダイエット方法は無数にりますし、ダイエット教材や食品なども多くありますよね。もしかしたらあなたの友達もダイエットに励んでいる可能性もあります。そんな中、ダイエットで無理なく成功させるためには自分のペースで行っていく事も重要です。

 

人の合わせない事

 

ダイエットをしていく時には、人に合わせない事が大事です。

例えば友達は一週間で5キロ痩せた、一か月で10キロ痩せたとなるとちょっとうらやましいですよね。自分も早く痩せたいと思ってしまい、友達ようにように早く痩せる方法を実戦してしまう事があります。しかし、この行動自体が既にダイエットの失敗への道に進んでいると言えますね。

 

友達はそのようにうまく痩せれたという事ですが、同じ方法で自分が急激に痩せられるのかというと少し疑問です。さらに、どのように痩せたのかを聞かずに行うと、あなた自身が間違ったダイエットをしてしまい、うまく痩せられない、または体調不良になってしまったという事になりかねないです。

 

もし、友達からダイエット方法を教えてもらっても、あなたの体に合っていないダイエット方法である可能性も否定できないです。友達が手っ取り早く体重を減量しても、その言葉に流されずに、自分に合ったダイエット方法で、マイペースで行います。

 

あせらずに行う事によって、気持ちにも余裕が出来ますね。もし、友達は早く痩せれたのに、自分がなかなか痩せられないのだろうと思ってしまうと、気持ちが焦ってしまって、間違った方向に進みやすいです。ダイエットは、そんな簡単なものではないので、焦らない事が大事です。

 

自分が何キロ痩せたいのかを考える

 

さて、自分が何キロ痩せたいのかを考える事は大事です。例えば一年間で10キロ痩せたいのであれば、1カ月で1キロぐらい痩せていけば目標に達することが出来ます。

 

目標を決めることによって、自分がどれぐらい毎月減量していけば良いのかを把握出来るので、ダイエットプランも考えやすいですね。後は、マイペースに目標に向かって痩せていけば良いです。ここで大事なのは、他の情報に惑わされない事です。

 

例えば、ダイエット中に、簡単に1カ月で10キロ痩せられるという広告を見ると、興味を持ってしまいますね。もし、興味が強くなり、今行っているダイエットを辞めてその広告のダイエットをしていくと、それだけでプランが変わってしまいます。

 

もし、広告のダイエットをして失敗したら後で後悔しますね。成功すれば良いですが、大きくプランが変わってしまうというのはあまり良くないでしょう。一度決めた目標はあまり変更せずに、ダイエットしていく方が成功しやすいです。途中で目標を何度も変えてしまうと、一体自分は何を目標にダイエットしているんだろうと分からなくなりますので、一度決めた目標をまずは達成出来るように、頑張っていきます。

 

ダイエットは成功することが大事

 

ダイエットは早く痩せらればそれで良いというわけではないです。

 

最終的にうまく成功させる事が大事です。うまく成功させるという事は、健康を維持して目標体重にまで減量していき、リバウンドしない状態の事を言います。

 

健康、体重、リバウンドどれかがうまく行かなければ成功したとは言えないです。うまくダイエットするためには、あせらずに自分のペースで正しいダイエットを行う事が一番大事です。実際、ダイエットを成功させる事自体は難しくないです。

 

正しいダイエット方法はいくらでも存在しますし、後は自分が計画的に行うだけです。なぜ、失敗するのかというと周りの情報に流されているからです。人間、どうしても楽をする生き物です。簡単にダイエット出来る方法があれば、その方法にシフトチェンジしていきます。簡単に痩せられるという事に弱いのが人間という事ですね。

このように、惑わされる事が多くなると、失敗することが多いです。基本的な事さえ守れば、意外に簡単に痩せる事が出来ます。

 

まとめ

人にペースに合わせない

目標を決める

ダイエットは成功することが大事

ダイエットに失敗する原因は何?これだけは理解しておこう

ダイエットは、成功する人、失敗する人がそれぞれですね。

失敗すると、ダイエットしたことが無駄になってしまいますし、精神的にきついですね。では、なぜ失敗に終わってしまうのか?もしかしたら致命的な誤解をしている可能性があります。

 

今回は、これだけは知っておきたいダイエットの知識についてお話します。

 

食事制限だけで痩せられると思っている

 

一番失敗の原因が食事制限だけで痩せられると思っている事です。実際に食事制限をすると痩せる事が出来るのかというと、「痩せる事ができます」というのが現状です。

 

では、なぜ失敗するのかという事ですが、食事制限は大きな欠点があるからです。それが「リバウンド」です。リバウンドとは、痩せたのにまた元の体重に戻ってしまう減少です。食事制限ダイエットではこのリバウンドが起こりやすいです。

 

例えばダイエット中は摂取カロリーを1000カロリーまで落とします。

消費カロリーが1500カロリーだった場合は、1日に約500カロリー消費されますね。1カ月だと15000カロリーも消費される事になります。さすがにこのペースだと半年でダイエットは成功します。

 

しかし、問題はこの後ですね。食事制限ダイエットで目標体重まで痩せると、通常ですとダイエットはここで終了ですよね。つまり、食事制限も止めてしまいます。しかし、ここで起きてしまうのが食への欲ですね。今まで我慢してきたら一度食事制限を解消しておいしいものを食べていくと、食への要求が大きくなり、おいしいものを食べていく習慣が付きます。当然、ダイエット中よりも摂取カロリーが増えて、少しずつ体重が増加するという事です。

 

特に元々食べるのが好きだった人は、食事制限を解消するといっきに食への要求が高まり、食べ過ぎてしまう事があります。また、ちょっとぐらい食べても大丈夫という安心感から食べ過ぎても気にしない事が起こります。結果的にリバウンドして、元の体重に戻ってしまうので、ダイエットは長期的に見ると失敗になりやすいです。また、もう1つリバウンドする原因があり、食事制限だとで痩せていくと、当然栄養が不足したり、筋力が低下します。

筋トレを維持するためには、栄養が必要不可欠なので、栄養が不足するという事は、筋力を維持出来なり、少しずつ筋力量が減ります。筋肉が減ると、基礎代謝エネルギーが減り、痩せにくい体になりますね。

 

筋力が低下して基礎代謝が減っている状態で、食べ過ぎると簡単に太ります。

簡単に言うと

 

ダイエット前 基礎代謝1500 摂取カロリー2000

ダイエット中 基礎代謝1500(筋力低下により少しずつ低下) 摂取カロリー1000

ダイエット後 基礎代謝1200(筋肉量の低下)摂取カロリー1500から2000

 

という感じですね。例えばダイエット前よりも同じカロリー摂取でも、基礎代謝が減ったダイエット後は太りやすくなるという事です。こうなるとリバウンドするのも時間の問題ですね。これが食事制限だけでダイエットを行うと失敗する原因です。

 

ダイエット後も摂取カロリーを1500までにおさせたり、運動をしていくとまた違っていますが、元の生活に戻すとリバウンドする事を覚えておきましょう。これがあるから、食事制限だけでダイエットするのは必ず止めておくようにします。

 

有酸素運動だけで痩せられる

 

有酸素運動だけで痩せていく人もダイエットに失敗しやすいです。

 

でも、有酸素運動って消費カロリーを増やしてくれるんでしょう?失敗するわけないよね。と思っている方、それは大きな間違いです。

 

まず、有酸素運動を30分した消費カロリーはウォーキングですと約120カロリーぐらいしかないです。つまり、あまりカロリーを消費出来ないですね。1か月行っても、3600カロリーの消費ですから、痩せていくのはかなりの時間が必要です。数年ぐらいしたら痩せているとは思いますけど、あまり結果が出ないですから途中で止めていく人は多いですね。

もう1つ有酸素運動で失敗する原因があります。それが、筋肉量を減らしてしまう事です。有酸素運動を1日に40分以上すると、脂肪が燃焼されるだけでなくて、筋力もエネルギーとして使ってしまいます。つまり、カロリーは消費されるけど、筋力が低下して基礎代謝が下がるという事ですね。

 

基礎代謝は、私たちの消費エネルギーの大半を背負っています。つまり、筋力の低下で基礎代謝が下がると痩せにくくなり、有酸素運動をしているのになかなか痩せないという自体になります。有酸素運動を1日に長時間行う事は、あまり意味がないという事です。まあ、体力は付くので、その点ではプラスですが、ダイエットを考えるとあまり効果は期待できないです。

 

では、運動で痩せていくためにはどうすれば良いか?ですが、有酸素運動と無酸素運動を行う事です。有酸素運動だけではあまり減量出来ないです。しかも、基礎代謝が下がる可能性があるので欠点もあります。

しかし、無酸素運動をすると筋肉を低下せずに逆に筋肉を増やす事が出来ます。もちろん、無酸素運動は筋トレを選びます。筋トレによって前進を鍛えて、基礎代謝の低下を抑えて、さらに筋肉量を増やします。そうすると、基礎代謝が増えて、痩せやすい体になります。

 

もちろん、有酸素運動を行っていても、筋トレをしているので、筋肉量の低下が起こらずに消費カロリーだけ増えていきます。運動でダイエットするためには、有酸素運動と無酸素運動両方を行っていく必要があるのです。

 

サプリメントだけで痩せられる

 

サプリメントだけで痩せられると思っている人もダイエットに失敗します。

そもそも、ダイエットサプリは脂肪燃焼を補佐する役目ですね。サプリだけでは思うように脂肪燃焼されないです。食事制限をしたり、運動をしていくと初めて効果が出てきます。

 

サプリメントはさまざまな成分が含まれていて、脂肪燃焼出来ると記載しているのでそれだけでも痩せられると勘違いしている人も多いですが、そんな魔法の薬ではないです。

 

メインに使うものではなくて、あくまで補佐として使っていきましょう。

 

このように、3つの失敗する原因についてお話しました。どれもダイエットを始めた人が誤解してしまうものばかりです。そんなダイエットは簡単ではないですし、甘くはないです。もし、簡単に痩せる事が出来たら誰も苦労しないですし、ダイエットで悩んでいる人はほとんどいないと思います。

 

人間の体は、機械みたいにうまくは出来ていないです。体の事を理解して、適切なダイエット方法を行う事が必要ですね。

 

まとめ

食事制限だけでダイエットを行うとリバウンドする

有酸素運動だけでは痩せる事が出来ない

サプリメントは魔法ではない

ダイエット食品を摂取したからといって痩せるわけではない

今回はダイエット食品についてお話します。

 

ダイエット食品は、市販でも多く販売していますよね。ドラッグストアやスーパーなど手軽に購入できますし、ネットでも多く販売しています。ダイエットする人にとっては心強い味方になっています。私も、ダイエット食品を摂取してのダイエットはお勧めですし、ダイエットを成功するための近道になる可能性もあります。

 

そこで、今回のテーマですが、「ダイエット食品を摂取したからといって痩せるわけではない」になります。

 

ダイエット食品の効果

RitaE 

 

文頭でダイエット食品をお勧めしながら、今回の記事のテーマはちょっとダイエット食品を否定しているかのようになっていますが、まずはダイエット食品の効果についてお話します。

 

ダイエット食品は、食品によって効果は違いますが、主にあるのが

カロリー制限効果

脂肪燃焼効果

になります。

ダイエット食品は、当然カロリーを意識されて作られています。つまり、多くの食品が低カロリーというのが1つのテーマになっています。

低カロリーで美味しい、低カロリーで満腹感があるなどのダイエット食品が多いですね。低カロリーがという事は、それだけ1日の摂取カロリーを制限できる可能性があります。

ダイエット食品は置き換えダイエットにも効果を発揮できるものであり、朝と夜は普通のご飯メニューを食べて、昼はダイエット食品などのように置き換えてダイエットする時でもうまく使えます。

この場合ですと、昼食のカロリーを大幅に制限することができますから、1日の摂取カロリーが自然と少なくなりますね。このように、低カロリーが多いダイエット食品はカロリーを制限する必要があるダイエットにおいて効果を発揮してくれます。

 

また、ダイエット食品の中には脂肪燃焼効果を取り入れているものもあり、これもダイエットにおいてプラス要素ですね。

このように、ダイエット食品はダイエットに必要な効果を発揮してくれるものですから、私はダイエット食品を有効活用するのを勧めています。

 

ダイエット食品の穴

さて、次はダイエット食品の穴ですけど、ダイエット食品を食べたから痩せるわけではないという事です。

ダイエット食品の基本的な効果は1日の摂取カロリーを制限できたり、多少の脂肪燃焼効果があったりなどになります。つまり、ダイエット食品を摂取していれば勝手に減量していくというのは難しい事です。

脂肪燃焼効果があるダイエット食品を摂取していれば体重が減量する可能性はありますが、大幅に減量する事は難しいですね。

 

名前にダイエット食品と書かれているので、どうしても初めて摂取する人はダイエット食品を食べれば簡単にダイエットできると勘違いします。ダイエット食品だけ食べて勝手に痩せてくれるのであれば誰も苦労しないです。

あくまでダイエットの手助けになってくれるものであり、ダイエット食品だけ食べればダイエットは簡単だと認識しない事です。

 

コントロールが大事

ダイエット食品を摂取して、ダイエットするのは効果的ですが、大事になるのが摂取カロリーのコントロールです。

 

いくらダイエット食品を食べても例えば朝や夜のご飯のカロリーが高かったり、間食などを摂取していると低カロリーのダイエット食品を摂取していてもその効果を実感するのは難しいです。

ダイエット食品を活用してうまく痩せるためには、間食はなるべく控えてさらに他のご飯の摂取カロリーを考える必要があります

ダイエット食品を食べれば他のご飯の摂取カロリーが気にする必要がないではなくて、昼にダイエット食品を食べる場合は朝と夜のご飯のカロリーが多すぎないようにしてダイエット食品によってうまく1日のカロリーを制限します。ダイエット食品自体のカロリーが低いですから他のご飯のカロリーが高すぎないようにすれば大丈夫です。しっかりと制限する必要はないですから気が楽です。

 

今日のまとめ

ダイエット食費の効果は低カロリーと脂肪燃焼

ダイエット食品を摂取すれば痩せるわけではない

ダイエット食品以外の食事のカロリーのコントロールが大事