花粉とダイエットの注意点

さて、最近はかなり温度が高くなってきて、運動しやすい時期になっていますけどこの時期に注意しなければいけないのが「花粉」ですね。

3月から4月はスギ花粉の飛散が多くなり、4月から5月初めにかけてはヒノキ花粉が多くなりますね。この2つの花粉は飛散量も多く、発症している人も多いですから日本でも最も注意しなければいけない花粉となっています。

ダイエットと花粉はあまり関係がないように思えますが、実はかなり関係があります。

ちょうど良い季節ですので今回は花粉をテーマにしてお話します。

そこで、今日のテーマですが、「花粉とダイエットの注意点」になります。




 

花粉症の人はつらい外での運動

 

さて、花粉は当然外では多く飛び散っていますけど、ダイエット活動をしている人の中には外で運動をしている人も多くいます。

この時期に外で運動をすると、当然花粉症の人は症状が悪化するケースが多くなり運動している時に息苦しくなったり、目がかゆ過ぎて運動に集中できない事になります。

また、大量の花粉を吸い込むことになるので、運動から戻ってきても花粉症の症状がしばらくの間続いてしまうことになります。また、服などに付着した花粉を家の中に侵入させてしまうこともあるので外での運動は花粉症の人にはリスクがあるのかなと思います。

少しでも軽減するための方法としては

マスクと花粉用のメガネを着用

花粉が多い時間帯に外で運動しない

運動から戻ってきたら花粉を落とす

ような事が上げられます。マスクや花粉用のメガネをするだけでも体内の花粉の侵入を大幅に減らす事ができるんで一定の効果が期待できそうです。

マスクの場合は、花粉をしっかりとガードしてくれるものが適切で、なるべくフィルターの層が厚いものを選択するのが良いです。

また、花粉は時間帯によって飛散量が違います。

一番、飛散量が多いのが昼過ぎ夕方になります。

昼間は、ぽかぽかしていて花粉を飛ばすのに絶好の気温となるので大量の花粉が飛散している錠歌いです。また、夕方は花粉の飛散数自体は少ないですが、昼間に舞い散った花粉が地面に落ちてくる時間帯になるので地上で暮らす私たちにとっては大量の花粉を吸い込んでしまう可能性があります。

運動するのであれば、早朝か夜になりそうですね。



 

花粉の飛散時期

さて、スギとヒノキの花粉が多くなる時期ですが、とりあえずいつピークを迎えるのかを知っておくのは大事です。

ピーク時には野外の運動は避けて、室内の運動をメインにダイエット活動に励むと花粉症の人もリスクをあまり負わずに運動をする事ができます。

スギ花粉のピーク

福岡 2月下旬~3月上旬

高松 3月上旬~3月中旬

広島 3月上旬~3月中旬

大坂 3月上旬~3月中旬

金沢 3月中旬~3月下旬

名古屋 3月上旬~3月中旬

東京 3月上旬~4月上旬

仙台 3月中旬~3月下旬

ヒノキ花粉のピーク

福岡 3月下旬~4月上旬

高松 4月上旬~4月中旬

広島 4月上旬

大坂 4月上旬~4月下旬

金沢 ピークなし

名古屋 4月上旬~4月中旬

東京 4月上旬~4月下旬

仙台 ピークなし

となっています。スギ花粉に関しては多くの地域でピークがありあますが、ヒノキについてはピークがない所もあります。また、東京ではスギ花粉が他の地域よりもピーク時期が長いのが特徴ですから都会に住んでいる人は特に注意が必要です。

基本的に去年よりも飛散数が多くなっているのが特徴です。ただ、例年と比べるとそこまで飛散数自体は多くはないですが、去年よりも多いという事は注意が必要です。

 

花粉の時期のダイエット

以上のように、花粉症の人にとってはこの時期の野外でのダイエットは少々きつくなりそうですね。

いくら対策をしていても花粉をまったく吸い込まずに外で運動するのは至難の業ですからこの時期は、外での運動を控えて部屋の中やスポーツジムでの運動をメインにした方がよさそうです。

また、花粉症の症状が悪化すると、集中力が途切れたり、気分が悪くなったりなどの症状も起きやすいです。

つまり、体調が崩れる可能性が高くなるので、花粉専用の薬などを投与して症状を軽めにしていく努力も必要です。飲み薬やスプレー型の薬など多くありますので、市販で販売している薬を活用するのもこの時期においては大事な事です。

何かと苦労するこの時期のダイエットですが、花粉症でない人はそこまで気にする必要はないですが、花粉症の人はどのようにダイエットしていけばいいのかこの時期は考えていく必要があります。




 

今日のまとめ

花粉症の人は外で運動する時に注意

花粉飛散ピークを把握する

花粉の時期は野外での運動を控える

ダイエットをする時は年齢は比較的大事

ダイエットをする時は、どのようにダイエットをしていけばいいのかがまずは大事です。

痩せやすくしかも健康に害がないダイエット方法ですと、結果的に成功しやすくなります。

しかし、それ以外にも大事な事があり、「年齢」になります。そこで、今日のテーマは、「ダイエットをする時は年齢は比較的大事」になります。




 

若いほど有利

PublicDomainPictures 

さて、今までは、ダイエット方法について大きく振れてきましたけど、痩せる時には効率よく痩せられる方法以外にも「年齢」も1つのポイントになります。

20代の時と30代の時とでは新進代謝が違っており、代謝の違いはダイエットにも影響します。また、基礎代謝が年々減少することになるので、20代の時は基礎代謝エネルギーが1650ぐらいあったけど、30代になったら1600ぐらいに低下するという感じで、年を取るほど基礎代謝が下がって痩せにくくなります。

ダイエットする時には消費カロリーが大事になりますが、実は運動による消費カロリーは小さく、多くが基礎代謝によるカロリーの消費になります。

大部分を占める基礎代謝が下がる事は、それだけ若い時よりも痩せにくくなるのでより痩せやすいダイエットを取り入れる必要があります。

そこで、ダイエットするのであればなるべく若い時にやっておくのがお勧めです。痩せたいけど、今は忙しいから将来的に暇ができた時に痩せるという考えではなくて、ダイエットしなければいけないと感じたら明日からダイエット活動を開始してなるべく早めの実戦を心がけます。

10代から20代前半は特に代謝が良く、基礎代謝も高いですからダイエットを成功する可能性も高く、ダイエットするにはお勧めの時期です。

 

基礎代謝を上げるためには

さて、若い時にダイエットできなかった人、もしくはダイエットしたくなったのが30代を超えた人は、ダイエットする時のポイントとしては基礎代謝を上げる事です。

基礎代謝も多少は上げる事ができます。基礎代謝を上げる方法としては無酸素運動があります。

無酸素運動は、激しい運動になり例えば短距離走や筋トレなどが上げられます。特に筋トレは筋肉を効率的に付ける事が可能で、全身を鍛える事によって基礎代謝をを少しずつ上げる事が可能です。

30代からでも筋トレをする事によって基礎代謝を上げる事が可能ですからダイエットする時には筋トレを取り入れるようにします。

若い人は、別に基礎代謝を上げなくてもそれなりの成果を出す事ができますが、中年以降の人は、基礎代謝を上げるための努力をする事も大事です。筋トレといっても別に難しい筋トレをしなければいけないわけではなくて、腹筋や背筋、腕立て伏せなど身近な筋トレを3日に1回ぐらいのペースで行えば良いです。

ただ、筋トレをする時には負荷をかける事が必要ですので、正しいフォームをマスターして行うことが基礎代謝を上げるためのポイントです。

 

若い時のダイエットの注意点

Wounds_and_Cracks 

さて、以上のように若い時ほど基礎代謝が高いですからダイエットしやすいという事をお話してきましたけど、若い時のダイエットにも注意点があります。

特に10代に当たる成長期においてダイエットする時は、成長に悪影響がでないようにダイエットする必要があります。

過去の記事にも書きましたけど、成長期に栄養が不足すると将来的に骨粗鬆症になる危険があったり、女性ですと過度な食事制限は閉経してしまう事もあります。

成長期にダイエットする人は、過度な食事制限は控えてなるべく運動やサプリメインでダイエットします。

過度な食事な例ですと

果物だけ食べる

野菜だけ食べる

ご飯をまったく摂取しない

などがあります。

つまり特定の食品だけ食べたり、著しくエネルギーを摂取しないという行為は、健康に害を与える可能性があり、成長にも影響が出ます。

ダイエットをする時は自分の体の事を考えながらしていく事が成功の秘訣ですから、成長を妨げないダイエットをしていく事を心がけるようにします。それができるとうまくダイエットが成功します。




 

今日のまとめ

ダイエットは若いほど有利

中年以降の人は基礎代謝を上げる

成長期のダイエットは栄養に注意

 

ダイエット今年の目標を決める

あけましておめでとうございます。

さて、とうとう2018年がやってきました。今年は戌年ということで、戌年の人にとっては縁起の良い年になってくれるといいですね。

今年の最初のブログ更新が遅くなりましたけど、体調不良で寝ていました。正月から少し嫌な雰囲気ではありますが、おみくじは中吉というまずまずの結果を出して、今年も何かしら前進できる年にしたいですね。

さて、今日のテーマですけど、「ダイエット今年の目標を決める」になります。




 

再度目標を決めてみよう

Myriams-Fotos

1年の始まりということで、ダイエットを続けている人、またはこれからダイエットやろうとする人もそうですけど、やはり今年の目標を決める事が大事ですね。

既にダイエットをしている人は、既に目標を決めていると思いますが、ここで再度目標を決めてしっかりと今年のダイエット活動の目標を明確にしておきます。

目標を改めて明確する事によって、モチベーションを再度上げる事ができますし、目標を修正するのも1つの案だと思います。

順調にダイエット出来ている人は、さらに上の目標を定めたり、ちょっとうまくいっていない人は目標を下方修正したりなど気持ちを改めてダイエットできるようにしていきます。

まだ、私自身はダイエットに関しては、今年の目標を決めていないですけど、1つの目標としては、このブログをさらに発展させて、記事数も上乗せできればいいと思っています。まだ、記事数が100行っていない小さいブログですが、今年で200や300行けばそれなりにまとまったブログになるのかなと思います。

 

目標は負荷がないように

新年に入って、新しいダイエットの目標を立てる時は、なるべく負荷がないようにします。

つまり、自分で達成できないような目標をあまり立てない方がいいですね。達成できないような目標ですと途中であきらめてしまう可能性が高いです。目標は現実的な方がいいですので、意気込みだけが強くで難しい目標は立てないようにします。

例えば半年で20キロ痩せるや1カ月に10キロ痩せるなどですね。

目標は努力して達成できるようなものでないと、目標を立てた意味がないですし、後でがっかりするだけです。また、ダイエットにおいては、あまり難しい目標は、それを成し遂げるためにはかなり激しいダイエットをしていく必要があり、結果的に不健康になりやすいです。

たしかに、目標は大きい方が達成した時の喜びは大きいですが、その部分だけに執着せずに、自分が達成できるかどうかを重視して考えるようにします。

 

目標を忘れないことが大事

さて、ダイエットに関する目標が決まれば後はそのための行動を取るだけです。

どのようにすれば目標を達成できるのかを考えながらダイエットに取り組むと目標を達成しやすいです。ただ、目標を達成するために大事になるのが、自分が考えた目標を常に把握する事ですね。

忘れてしまうようでは、目標は達成できないので自分が頭の中に刻み込めるくらいの目標を考えます。

どうしても忘れてしまう人は、家にあるカレンダーなどにダイエットの目標を記載したり、自分のスマホのダイエットアプリなどに目標を記入しておきます。

以上のように、今回は、新年の目標についてお話しましたけど、去年の良い部分や悪い部分をうまく頭の中で整理しながらまだ、ダイエット成功していない人は今年こそ成功できるように頑張ります。




 

今日のまとめ

新年の目標を決める

目標は現実味がある事が大事

目標を忘れない事