ダイエットで注意したい成長不全

ダイエットで注意しなければいけない事は多数ありますが、その1つが「成長不全」になります。

 

二十歳を超えてからのダイエットの人は既に体は成長しているので気にする必要はないですが、成長期にダイエットする人はこの成長不全に注意しなければいけないです。もし、ダイエットが原因で成長に悪影響が出ると体の成長に影響が出て、うまく成長できない部分があるので注意します。

 

そこで今日のテーマは、「ダイエットで注意したい成長不全」になります。

 

成長不全の原因は食事

 

以前に、骨粗鬆症についてお話しましたけど、成長不全の原因は骨粗鬆症と同じです。つまり、食事による栄養が不足している状態が長く続くことによって起こります

 

成長期は、しっかりと栄養を摂取しなければいけないです。もし、栄養が不足すると成長しにくい体になり、身長があまり伸びなかったり、骨の発育に影響が出たりします。もちろん、成長期で栄養が不足すると大人になってからその影響がでることもあります。

特に、ダイエットの場合は過度な栄養不足に陥ることもあります。その原因は、食事制限をし過ぎてしまった事にありますが、痩せたい願望が強いと食事制限を強く意識する可能性があるので力の入れ所を間違えないようにします。

たしかに、ダイエットを成功させるためには摂取カロリーを抑える必要がありますが、成長期においては食事制限は軽めに行うのが理想です。

 

ちょっと制限しただけでは大丈夫

食事制限をする事によって、成長に影響がでる可能性がありますが、少しの食事制限であれば問題ないです。

 

例えば以前よりも200カロリーから300カロリーぐらいの制限ですとそれほど影響は出てこないです。500カロリー以上制限するとちょっと栄養不足になる危険度が上がり、1000キロカロリーの制限になると大きく影響してくるので注意します。

 

どれぐらいのカロリーを制限すれば健康的に痩せられるのかを考えながらやる必要があります。ダイエットだからとりあえず食事を制限すれば良いという軽い考えではなくて、頭を使いながらカロリー制限について考える必要があります。私がお勧めなのが1日のカロリーを1500カロリーぐらいにする事です。

後は、このカロリーを維持して、カロリーが低い食品を中心にバランス良く栄養素を摂取する事ですね。成長期の食事制限はこのように軽めに行うのが理想です。

 

心配ならサプリ

ダイエットをしたいけど、成長不全になりたくないのであればサプリを服用するのがお勧めです。

 

自分が不足している栄養素のサプリを服用する事でうまくフォローすることができるので、多少食事制限をしても栄養不足になる危険性はほぼないです。カロリーを制限すると、どうしても不足する栄養素が出てくる可能性があるので、その対処を忘れずに行います。

 

不足している栄養素を正確に見極めるには、自分がどの食品をどれぐらい摂取しているのかを把握する必要があります。後は、食品の栄養素などを調べます。自分が食べた食事の内容をメモすることが大事ですね。ちょっと手間がかかりますが、栄養素を把握してダイエットに役立てる事は必要です。最近では、ダイエットアプリもあるのでメモするのは簡単です。

 

今日のまとめ

成長不全の原因は食事

ちょっと制限しただけでは大丈夫

サプリを服用する

ダイエットはストレスにも注意

今回はダイエットと病気についてお話しますけど、ダイエットをしていく時に注意してほしいのがストレスになります。

ストレスは、仕事や恋愛、日ごろの生活などさまざまな部分で注意しなければいけないですけどダイエットにおいても場合によってはストレスが溜まる可能性があるので、ストレスを溜めないダイエットを意識する必要があります。

そこで、今日のテーマですが「ダイエットはストレスにも注意」になります。




 

うまく行かないダイエットに注意

stevepb

ダイエットをしていく時に、自分が思っていた通りにうまく痩せる事ができると当然、気分が良くなりますしほとんどストレスを感じることなくダイエットできます。

また、健康的に痩せる事ができればさらにダイエットして良かったと思えるようになり自分にとって大きなプラスです。

しかし、自分が思っているのと違う結果になると当然、ストレスが溜まりますから精神的に不安定になりやすいですし、ストレスの影響で体調を崩して仕事などに影響が出る可能性があります

痩せる事自体は、自分にとって大きなメリットになりますがうまく行かなければ当然マイナスに働く事を意識した上でダイエットしていくのが良いです。効果が期待できない前違ったダイエットをする人ほどストレスが溜まりやすいですので、これからどのようなダイエットをしていくのかはかなり重要な問題になります。

 

ストレスを感じたらダイエットを見直す

ストレスをダイエットしている時に感じているという事は、あまりうまく行っていないと実感している可能性が高いですし、間違ったダイエットをしている可能性もあります。

そこで、ストレスを感じる事が多くなれば今行っているダイエットを見直して本当に適切なダイエットなのかをインターネットや専門書などを読んで考える事が必要です。

また、ダイエットに詳しい人に聞く事でも今行っているダイエットが間違っているのか、正しいのかを理解できるので身近に詳しい人がいたら聞くのもありです。

ストレスを感じるままダイエットをしていると、ストレスによって病気になってしまう可能性があり、ダイエットをリタイアしてしまう可能性が高くなるのでストレスを感じたらそのまま放置せずに適切な対処をしていきます。

 

少々のストレスは仕方がない

silviarita

さて、ダイエットにおいてストレスを感じたらそのまま放置してはいけないことをお話しましたけど、少々のストレスはダイエットにつきものだと理解する事も大事です。

最初から理想通りのダイエットが出来ればいいですけど、経験値がない場合は最初から理想通りのダイエットができるとは限らないです。

ダイエットに苦戦してしまう事もあれば、最終的に上手く行っても最初はストレスが溜まってイライラしてしまう事もあります。

ダイエットは結果がすべてであり、結果が少しでも出ないですとイライラしてしまいますし、難しい部分があります。

このように、上手くいく場合でも少々のストレスを感じる事があるので、ストレスが少し出たからと言ってすぐにそのダイエット方法を止めるのではなくて、ストレスが軽い場合は我慢してダイエット活動を続行する事も大事です。

ストレスが溜まり過ぎたら当然、今のダイエット方法を見切る必要がありますが少々のストレスはつきものだと理解してうまくストレスと付き合いながらダイエットを成功させていく事も大事になります。




 

今日のまとめ

うまく行かないダイエットはストレスが溜まりやすい

ストレスを感じたらダイエットを見直す

少々のストレスは仕方がない

 

ダイエットで注意したい病気①骨粗鬆症

こんばんわ。

ダイエットをしていく時には、間違ったダイエットをしてしまう事もあります。そこで、間違ったダイエットをしまった時に注意したいのが病気です。

そこで、今日のテーマは「ダイエットで注意したい病気①骨粗鬆症」になります。

骨粗鬆症は骨の病気になりますが、主に生活習慣やホルモンバランスによって引き起こされる病気ですが、ダイエットにも関係してくるので把握しておきます。

 

骨粗鬆症とはどのような病気

Taokinesis 

まずは、骨粗鬆症とはどのような病気なのか理解する必要があります。骨に異常が出る病気であり、骨密度の低下が主な症状になります。

私たちの骨は健康な場合ですと丈夫であり、ちょっとの衝撃では折れないです。健康な人で転んだり物にちょっとぶつけたりしても多くの場合は折れるどころかひびすらできないです。

この要因としては、骨の密度が濃いというのがあります。骨に密度があるからなかなか折れないというわけです。しかし、骨粗鬆症になると骨の密度が下がってスカスカになってしまう事もあります

骨の密度が低下すると、それだけ骨の強度も弱くなって転んだり、ぶつけたりしたらすぐに骨折する可能性が高くなります。

骨密度は検査する事ができますが、密度が低いと骨粗鬆症の可能性が高くなるので注意します

骨折しやすくなるので、普通の生活が出来にくい状況になりますし、骨折した場所が悪いと最悪車いす生活になったりとマイナス点が多いです。もし、骨粗鬆症になったら早めに治療する必要がありあまり骨に刺激を与えないように生活する必要があります

 

骨粗鬆症のリスクを高める危険因子

jsks 

骨粗鬆症は骨がもろくなる病気ですが、原因について考えます。

食事バランスの低下と運動不足

まずは生活習慣が主な原因になりますが、食事と運動は特に注意が必要です。偏った食事になると栄養不足になる可能性が高く骨が丈夫にならない可能性があります。

特に、カルシウム不足やビタミン不足というのは致命的ですので、バランスが良い食事を心がけます。次に、運動不足ですが、運動不足も体にとってマイナス要因であり、当然骨にも影響を与えます。運動不足になると骨がもろくなりやすいので注意します

 

この2つはすぐに改善できますし、もし食事のバランスが悪かったり、運動不足の人は早めに対策を考えて実行します。

食事ですとバランスが良い食事にする、運動の場合は適度に有酸素運動や無酸素運動をする事が必要です。

有酸素運動については有酸素運動はスリムになるためには欠かす事ができないです

無酸素運動については無酸素運動とは

を参考にしてください。

食事と運動の改善は骨粗鬆症のリスクを下げるだけでなくて、他の病気の予防になりますし健康的に痩せるためにも欠かす事ができないです。

 

間違ったダイエットで骨粗鬆症になる原因

では、間違ったダイエットをするとなぜ骨粗鬆症のリスクが上がるのかをお話します。

一番の原因なるのが

栄養不足

です。ダイエットをしていく人の中には食事制限ダイエットしている人が多いですが、過度な食事制限ですと栄養不足になりやすいです

栄養不足になると骨の成長や強度に影響してきますので次第に骨粗鬆症のリスクを上げてしまいます。特に注意したいのが、

思春期での食事制限です。

思春期は成長期にも当たりますが、この時には骨が成長している段階です。この時に骨にとって必要な栄養素が不足すると骨がうまく成長できずに強度が弱くなります。また、密度の方も低くなるので骨折したやすい骨になります。

特に女性の場合は、中年以降になると女性ホルモンの分泌量も低下するのでさらに骨粗鬆症になりやすいです。成長期での栄養不足になるダイエットは致命的になるので注意が必要です。

成長期の女性は美しくなりたい、スリムになりたい願望が強いですが間違ったダイエットをしてしまうリスクが高いですので、もしダイエットする時は正しいダイエットをしてなるべく食事制限は控える事が必要です。

 

今日のまとめ

ダイエットで注意したい骨粗鬆症

骨粗鬆症の主な原因は栄養不足と運動不足とホルモンの低下

成長期でのダイエットは特に注意する