中年肥満は危険?その理由をお話します

今日は肥満についてお話します。

ダイエットの目的の1つは、「肥満の解消」ですね。痩せていけば自然と内臓、皮下脂肪が取り除かれて肥満を解消します。

 

中年世代、つまり30代や40代になってくると、肥満は危険になります。30代はまだ若いですが、40代になってくると肥満になっている状態を早く解消しなければ命に関わる可能性もあり、注意が必要です。

 

肥満は病気の危険因子

jsks / Pixabay

 

このブログでは、肥満の危険度についていくつかお話してきました。

肥満は病気の危険因子となっていて、動脈硬化や糖尿病、痛風などあらゆる病気を引き起こします。つまり、肥満状態のままですと、常に病気を発症する危険性があり、時間が長ければ長いほど、病気の発症率アは高くなります。

 

肥満体型は決して珍しいことではないですよね。特に中年世代の肥満は、まだまだ多いような気がします。既に病気の予備軍になっている可能性すらあります。

 

肥満を軽く考えずに、少しでも痩せて肥満を解消しなければいけませんね。皮下脂肪はまだ大きな影響はないですが、内臓肥満は病気のリスクをかなり高くします。ぽっこりお腹は内臓肥満になっている可能性が高いので、病気を発症して後で後悔する前に解消しなければいけないです。でも、これってどの年代でも言えますよね。20代でも内臓肥満になっている場合は、病気のリスクが高いです。

では、なぜ肥満は中年世代の人は危険になるのか、それは体の代謝に理由が隠されています。

 

年齢を重ねるごと代謝は弱くなる

 

人間の代謝は、年齢を重ねるごとに弱くなります。20歳をピークに、年々代謝が弱くなり、40歳ぐらいになるとかなり衰えてきます。

代謝が弱ければ当然、痩せにくくなります。つまり、ちょっと運動するだけではもはや痩せられないという事ですね。20代だと軽い運動を週3日ぐらいしたり、ちょっと食事制限すれば十分痩せる事は可能です。しかし、40歳以上になると、このようなちょっとしたダイエットではあまり効果が出ないです。

 

 

このように、簡単に痩せる事が出来ないと、なかなか肥満解消できずに病気のリスクが高い状態が続いてしまいます。これが、中年世代で肥満が危険なわけです。つまり、中年世代で肥満になっている人は危機感を持って、ダイエットプログラムを考える必要があります。

 

若い時よりも痩せにくくはなっています。しかし、痩せられないわけではないです。運動、食事、サプリメントに力を入れることによって、痩せる事は可能です。ただ、簡単ではないですし、長期的目線でダイエットしていく必要があります。でも、努力すれば痩せる事が出来るので、何もしないで病気の危険度をアップするよりはましだと思います。

 

基本的なプログラムとしては

摂取カロリーは1日1500カロリー

運動はウォーキングを1日20分から30分

ダイエットサプリを毎日飲む

この3つです。後は、自分の肥満度を考えながら調整します。ただ、食事制限は1500カロリーより下げるのはダメです。これ以上下げると空腹時に耐えきれない可能性があり、さらに栄養不足になるので逆効果です。栄養不足になると、体の疲労が回復しないですし、仕事のやる気も出来にくいです。ストレスや病気などの危険もますので、あまりカロリーを制限しないようにします。

 

運動は、ウォーキングを1日20分から30分ですが、これも工夫出来ます。

例えば、仕事への通勤を徒歩や自転車にする事によって、カロリーを消費出来ます。つまり、運動気分で通勤をします。これによって、別にウォーキングをしなくても大丈夫です。自転車で会社までが20分から30分ですと、往復でウォーキングの代わりになります。

 

また、筋トレも取り入れて、基礎代謝を上げながら有酸素運動をします。

 

最後にサプリですね。これは、DHCの「ダイエットパワー」で十分です。他にもサプリはあるので、効果と飲みやすさで選びます。ただ、ダイエットパワーも脂肪燃焼効果があり、十分ダイエットサプリの働きをしてくれます。

 

このように、代謝が環良くなり、中年世代の肥満はかなり危険です。早く痩せるためのプログラムを考えて、すぐにでも肥満を解消していくようにします。

 

歳を重ねるごと病気のリスクが高くなる

 

また、中年世代の肥満が危険なのは、代謝の低下だけではないです。

 

歳を重ねると当然免疫力が低下します。つまり、病気になりやすくなります。肥満によってリスクが上がる病気を発症しやすくなるので、同じ肥満でも20代と30代とはでは病気のリスクが違います

 

代謝の低下、病気のリスクが上がるこの2点によって中年の肥満は若い時の肥満よりも危険だという事です。中年になって生活習慣病になるなんて、別に不思議ではないですよね。特に肥満型の人は他の人よりもなりやすいので、肥満を放置しないようにします。

 

肥満によって発症する病気はけっこう重たいものもあり、長期入院が長期治療などが必要になる物も多いです。さらに、命の危険になる病気もあるので、まだ中年なのに病気になって、家族と遊べない、仕事が出来ないような事が起こらないように今から肥満を解消します。肥満の解消は本人がどれだけ危機感を持てれるかが大事ですね。

 

まとめ

肥満は病気の危険因子

中年になると代謝が下がる

中年になると病気のリスクが高くなる

リバウンドしやすい人の特徴

今現在は、痩せるという目的は達成しやすくなっています。

ダイエットしたい人には情報収集しやすい世の中ですよね。

ダイエット教材

インターネット

ダイエットの本

など簡単に考えてみてもさまざまな情報源があります。特にダイエットの事を書いているブログやサイトは多くの人が見る事ができますからインターネットで情報を集めてダイエットしている人は多いと思います。

ダイエット関係のブログやサイトも数が多くなっていますから、少しでも価値を高めようと競争意識が起こり質が高いダイエットの記事、新しいダイエット方法も取り入れやすくなっており見る人からすると嬉しいですよね。

ダイエットは、痩せることが一番の目的ですが、このようにさまざまな情報源がある今は、痩せるのはそこまで難しくないですよね。自分が努力して我慢すれば痩せられるという時代ですから多くの人が目標体重まで痩せられるのが現在になります。

もちろん、すべての人がうまく痩せられているわけではないですけどまったく痩せる事ができずに苦戦している人は減っています。

しかし、今問題になっているのは痩せた後ですね。どれだけ痩せた体重をキープできるのかが1つの課題になっています。そこで、今回はリバウンドしやすい人についてお話します。

リバウンドするとさまざまデメリットがあります。その点については既に記事に記載してありますので参考にしていただけたら良いです。

 

そこで、今日のテーマですが「リバウンドしやすい人の特徴」になります。




 

ダイエット終了したらすぐに生活が元に戻る人

RitaE

さて、ダイエットでリバウンドしてしまう人の特徴が、まずはダイエット活動が終了したらすぐに以前の生活スタイルに戻る人です。

例えば、ダイエット中は

食事制限、運動、サプリ

この3つをしていて痩せたとします。しかし、目標体重まで痩せる事ができてダイエットを終了した途端に、食事制限、運動、サプリの活動を止めてしまう人です。

たしかに、目標体重まで痩せる事ができればもうダイエットする必要はないですから元の生活に戻るのは自然な流れです。

しかし、これはリバウンドの引き金になることが多いです。

まず、食事制限を止めると制限をしなくても良いということから自分が好きな物を食べてしまう可能性がありますし、カロリーを気にせずに食べる事でカロリーオーバーする日が続いてしまう可能性があります。

そうなると半年後には太ってしまって少しずつリバウンドしてしまいます。

さらに、以前の生活習慣が原因で太ってしまった人も多いです。

例えば、運動不足やカロリーオーバーなどです。こういう人たちがダイエットが終了してまた元の生活に戻ると当然太ってしまいますよね、リバウンドするのはごく自然な流れです。

 

このように、ダイエットが終了したら安心したのか、すぐに元の生活に戻るというのはリバウンドの危険が伴います。ではどうすればいいかですが、

ダイエット中みたいに食事制限や運動などはしなくても良いですから、多少は意識する必要があります。

例えば夕食のご飯の量で例えると

ダイエット前 500カロリー

ダイエット中 200カロリー

ダイエット後 400カロリー

のように、ダイエット中みたいに制限する必要はないですがダイエット前よりも制限する感じです。これならリバウンドするリスクを最小限度に抑える事ができます。

運動も同じですね。

ダイエット中見たいには運動しなくても良いですが、ダイエットが終了しても自分の健康のために適度に運動をしてリバウンドのリスクを減らします。

このように、リバウンドを防ぐための工夫をすればダイエット後に体重が元に戻ってしまう危険度が下がります。

 

食べるのが好きな人

さて、食べるのが元から好きな人もリバウンドしやすいです。

ダイエット中は、体重を痩せるためにカロリー制限をうまくしていく事は可能ですが、その目標が達成すると制限を止める事が多いです。

食べる事が好きな人は、制限を止めた途端に今までの食欲が爆発したみたいに自分が好きな物を食べてしまう傾向があります。

また、そこまで食欲が活発にならなくても、甘い物が好きな人はダイエット中よりもあきらかにお菓子を食べる機会が多くなって結果的に少しずつ体重が増えていく傾向になります。

食べることが好きな人はそれでストレスを発散したり、人生を楽しく生きていると思うのでダイエット中みたいに制限しないさいというのは厳しいですが、少しでもカロリーが高いものは沢山食べないように意識します。

カロリーが低いお菓子を作ったり、見つけたりすると良いかもしれませんね。食べるのが好きな人はどうしても一日の総カロリーが高くなる傾向が強いですからうまく痩せる事ができてもダイエット後の生活は依然よりもカロリーを気にして食生活を改善するのがリバウンドしないための秘訣です。

 

健康を意識しない人

さて、ダイエットをしてリバウンドする人の特徴になりますが、最後が健康を意識しない人です。

 

ダイエットする時もとりあえず痩せたいという気持ちだけでダイエットした人に多いですが、健康を意識する人としていない人ではリバウンドのリスクも違います。

 

肥満気味になってうまくダイエット出来た場合は、健康を意識している人であれば肥満になっていたころには健康への危機感が出ていたと思いますし、うまく痩せる事ができたら今度は肥満にならないようにもっと健康的な生活をしていこうという考えが強くなって生活習慣が改善されてリバウンドするリスクが減ります。

しかし、健康を意識していない人の場合は、痩せる事に成功するとまた元の生活に戻ってしまいますし、生活習慣を改善しようとは考えないことが多いですから、太りやすい生活習慣の場合は再び太ってしまいます。健康を意識していない人は、多少体重が重くなっても気にしない可能性がありますから気付いた時にはかなりリバウンドしていたという事もあります。

このように、健康を意識するのかしないかでリバウンドのリスクが代わりますからダイエットして成功したらなるべく健康を意識して生活習慣を改善するようにします。




 

今日のまとめ

ダイエット終了したらすぐに元の生活に戻る人は要注意

食べる事が好きな人は要注意

健康を意識していない人は要注意

健康維持のために必要なお肉と必須アミノ酸

私たちの周りには沢山の食品がありますが、それぞれの食品には良さがあります。

そこで、みなさんが大好きなお肉に関しても、健康維持にためには欠かすことができない成分が含まれているので、お肉を食べる事は大事な事です。

そこで、知っておきたいのが必須アミノ酸であり、今回のテーマも「健康維持のために必要なお肉と必須アミノ酸」になります。




 

お肉の良さは必須アミノ酸

RitaE

さて、お肉が健康にとって大事なものだといいましたけど、その理由として上げられるのがやはり「必須アミノ酸」になります。

良くお肉は良質な蛋白源と言いますが、良質なたんぱく質とは、体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸をバランス良く含まれている事を言います。

この条件をクリアしているのが、お肉であり、お肉は良質な蛋白源として私たちの健康には欠かすことができないです。

たんぱく質の働きとしては、みなさんがご存じのように体を作ってくれる働きがあります。筋肉や臓器、さらに酵素、ホルモン、免疫などさまざまな部分で活躍している栄養素であり、もし不足すると体の各部分の維持が難しくなったり、体の調子を崩したりなどマイナス要素があります。

過剰摂取すると、逆に体にとってマイナスになる事があるので過剰摂取は良くないですが、不足するとそれはそれで大きなマイナスになるので、不足と過剰この2つの頭の中に入れてたんぱく質を摂取していきます。

 

過剰摂取が1つの問題になっている

さて、お肉は良質なたんぱく質を摂取できるものちして、紹介してきましたけど最近気になるのが過剰摂取ですね。

お肉は特に牛肉はうまみ成分が多く、多くの人が好んで食べます。例えばステーキやハンバーグ、焼き肉などみなさん好きな人が多いのではないでしょうか?

美味しいという事もありますが、これらお肉メニューを好むようになるとやはり食べる頻度が多くなって過剰摂取になりやすいですね。特に牛肉の過剰摂取は、悪玉菌を増やしたり、腸内で悪臭を放ったりなど体にとっては良くない事も起きます。

適度に食べる分には問題ないですが、過剰に食べると牛肉は特に問題が起きます。

以前は、癌と言えば胃がんが主流でしたよね。

しかし、最近は胃がんというよりは、大腸がんや乳がんといった欧米で猛威をふるっている癌が日本でも多くなりましたね。

大腸がんは、男女共に多くなっている病気の1つですが、これはお肉の過剰摂取が1つの原因としてあげられています。お肉はたしかに良質なたんぱく質を摂取できるものであり、体の各部分に良い影響を与えてくれますが、過剰摂取すると大きな負担になる事も覚えておきます。

 

お肉と言えば牛肉、豚肉、鶏肉

PublicDomainPictures

さて、お肉と言えば、牛肉と豚肉と鶏肉ですね。

この3つが日本では出回っています。では、それぞれに違いはあるのかについてお話します。

牛肉

私たちがより好んで食べるのが牛肉ですね。

牛肉の栄養成分の特徴としては鉄分が多い事です。

他のお肉と比べると数倍多く含まれているので鉄分が不足している人にとっては牛肉はお勧めです。

鉄分は、貧血予防の効果があります。貧血にちょっと不安を抱えている人は牛肉を摂取するのも1つの対策です。鉄分が多く含まれている部分としては、赤みの部分がお勧めです。

ただ、脂肪が気になる方は牛肉の食べる部分に注意します。もも肉やひれ肉は脂肪が少なめの事が多いですが、サーロインやひき肉は脂肪分が多いです。

ステーキが好きな人は、どうしてもサーロインを好んで食べる傾向があり、脂肪が蓄積されやすいので注意します。

豚肉

豚肉に含まれている成分と言えばビタミンB1ですね。

この栄養素は、糖質を体内でエネルギーに変換するためには必要なものですので、糖質の代謝を良くしてくれる可能性が高いです。

糖質と言えばやはりお米ですけど、私たち日本人は良くお米を食べるので、このビタミンB1をしっかりと摂取する事は必要です。

 

鶏肉

鶏肉は健康に良いとされていますけど、その理由の1つにビタミンAが豊富に含まれている事が言えます。

ビタミンAは、皮膚や粘膜などの健康を守る働きをしますから体の健康によっては欠かすことができないです。

目にも良い効果をもたらすので視力低下の予防になります。このように、健康を意識したいのであれば鶏肉は欠かすことができないです。

また、鶏肉の特徴の1つが皮以外は基本的に低脂肪だということです。低脂肪ですと、脂肪を気にする人にもプラス要素ですし、脂肪の過剰摂取を抑えたい場合は鶏肉がお勧めです。

以上のようにお肉によって含まれている成分が違ってくるので自分に合ったお肉を選ぶ事も大事です。




 

今日のまとめ

必須アミノ酸を含んでいる

過剰摂取に注意する

牛肉、豚肉、鶏肉それぞれ成分が違う