筋トレをしてもすぐに基礎代謝は上がらない

今日は筋トレについてお話します。

無酸素運動は、基礎代謝を上げる効果があります。基礎代謝を上げる事は、ダイエットにおいて必要不可欠な事なので、筋トレは重要です。

 

しかし、筋トレをしたらすぐに基礎代謝が上がるというわけではないです。

 

筋肉が付くまでに時間がかかる

 

基礎代謝は、まずは筋肉量が増えないといけないです

筋トレをしても、すぐに筋肉量は増えないので、しばらくはそこまでダイエット効果は期待出来ないという事です。すぐに、筋肉が付いたら何も苦労しませんよね。そう、便利に私たちの体は作られていないので、筋トレですぐにダイエット効果が期待出来るとは思わない方が良いでしょう。

 

筋トレをしていつぐらいから基礎代謝が上がるのかと言うと、個人差があります。半年ぐらいは見ておいた方が良いでしょう。ずっと筋トレしていけば、一年後にはしっかりと基礎代謝が上がって、太りにくくなっています。

 

有酸素運動はどちらかというと即効性がある運動です。逆に筋トレは、即効性がなく、ゆっくり効果が表れるものだという事です。すぐに痩せたいという人は、筋トレで痩せるのはあまり満足出来ないでしょう。数か月で痩せたいという人は、有酸素運動メインで行いましょう。

 

数年後しっかりとスリムなボディになれれば良いという人は、筋トレ重視でダイエットしていきます。ダイエットは、急激に痩せると失敗しやすいです。1年以上は、余裕を持ってダイエットしていく事が大事なので、私は筋トレダイエットをお勧めしています。筋トレ6:4有酸素運動ですね。

 

ダイエットに詳しい人は、有酸素運動をどうしてもメインで行っている人が多いです。でも、健康でスリムなボディを手に入れたいのであれば、有酸素運動だけでは難しいです。

 

少しでも早く筋肉を付けたい場合

 

とはいっても、早く痩せたいですよね。

 

そこで、筋トレをする時に、少しでも早く筋肉を付けたい方法についてお話します。

まずは、負荷を強くする事です。本来であれば、ゆっくり負荷をかけていくのがベストです。例えば腹筋で例えるなら、最初の1週間は1日復帰10回からスタートして、2週間目は15回、3週間目は20回のように少しずつ負荷をかけます。

 

しかし、ゆっくり負荷をかけるデメリットは、筋肉がすぐには付かないという事ですね。そこで、負荷をかけるスピードを速めます。そうする事で、早く筋肉が付く可能性があります。

 

ただ、注意したいのは、同じ筋肉を毎日鍛えない事と、自分の体の状態を見ながら負荷をかけるスピードをコントロールする事です。私たちの体は機械みたいに上手く出来ていないので、無理をすると体を壊します。負荷を早めるというという事は、それだけリスクがある事を理解する必要がありますね。

 

次に、プロテインを飲む事ですね。プロテインはたんぱく質を効率よく補給する事が出来ます。また、ビタミンなどの体の必要な栄養素も補給出来るので、私たちにとってはメリットが大きいものです。

 

筋肉はたんぱく質を主な原料としています。つまり、いくら負荷をかけて筋トレしても、たんぱく質を補給しなければ筋肉が大きくならないですよね。だからこそ、プロテインを摂取して、十分な栄養素を補給するのです。普段の食事でたんぱく質が不足していても、プロテインで補えば良いです。プロテインは、価格は数千円ぐらいですね。

 

1か月でいうと、2000円から5000円の事が多いです。安くはないですが、高くもないですね。肉体改造して、ダイエットするのは、投資も必要です。プロテインを摂取して、早くスリムなボディを身につけていきましょう。

 

筋トレだけで痩せるのは簡単ではない

 

さて、筋トレの基礎代謝の上げ方についてお話しました。

 

一つ言える事は、筋トレだけでも十分痩せる事は可能です。しかし、時間が必要だという事です。いくら筋肉音負荷をかけたり、プロテインを飲んでも、それなりに時間は必要です。

 

もっと早く痩せたい人は、筋トレだけでなくて、食事制限や有酸素運動、ダイエットサプリを活用していくのが望ましいいです。複数のダイエット方法を取り入れていけば、もっと効率よく痩せる事は可能です。

 

ただ、私が言いたいのは、筋トレは必ずダイエット計画に入れておくべきだという事です。今までも、筋トレの良さについてお話してきましたし、ダイエットするだけでなくて、健康なボディを手に入れたいのであれば、やはり筋トレを必要不可欠です。

 

せっかく、ダイエットしたのに体がぷよぷよではちょっと見苦しいですよね。ダイエットに成功して、しかも体も引き締まっている状態にするのが本当にダイエットだと思います。これは、男性女性にも言える事です。筋肉を付けずに体重を減らしても、皮が垂れ下がってしまう事があります。つまり、本当のスリムにはならないという事です。

 

特に、かなり肥満体型の人が痩せると、ぷよぷよ状態になってしまうので、筋肉を付けて、ぷよぷよ状態を防ぐ必要があります。

 

まとめ

すぐに筋肉は付かない

プロテインを使おう

筋トレはダイエット計画に必ず入れる

中年肥満は危険?その理由をお話します

今日は肥満についてお話します。

ダイエットの目的の1つは、「肥満の解消」ですね。痩せていけば自然と内臓、皮下脂肪が取り除かれて肥満を解消します。

 

中年世代、つまり30代や40代になってくると、肥満は危険になります。30代はまだ若いですが、40代になってくると肥満になっている状態を早く解消しなければ命に関わる可能性もあり、注意が必要です。

 

肥満は病気の危険因子

jsks / Pixabay

 

このブログでは、肥満の危険度についていくつかお話してきました。

肥満は病気の危険因子となっていて、動脈硬化や糖尿病、痛風などあらゆる病気を引き起こします。つまり、肥満状態のままですと、常に病気を発症する危険性があり、時間が長ければ長いほど、病気の発症率アは高くなります。

 

肥満体型は決して珍しいことではないですよね。特に中年世代の肥満は、まだまだ多いような気がします。既に病気の予備軍になっている可能性すらあります。

 

肥満を軽く考えずに、少しでも痩せて肥満を解消しなければいけませんね。皮下脂肪はまだ大きな影響はないですが、内臓肥満は病気のリスクをかなり高くします。ぽっこりお腹は内臓肥満になっている可能性が高いので、病気を発症して後で後悔する前に解消しなければいけないです。でも、これってどの年代でも言えますよね。20代でも内臓肥満になっている場合は、病気のリスクが高いです。

では、なぜ肥満は中年世代の人は危険になるのか、それは体の代謝に理由が隠されています。

 

年齢を重ねるごと代謝は弱くなる

 

人間の代謝は、年齢を重ねるごとに弱くなります。20歳をピークに、年々代謝が弱くなり、40歳ぐらいになるとかなり衰えてきます。

代謝が弱ければ当然、痩せにくくなります。つまり、ちょっと運動するだけではもはや痩せられないという事ですね。20代だと軽い運動を週3日ぐらいしたり、ちょっと食事制限すれば十分痩せる事は可能です。しかし、40歳以上になると、このようなちょっとしたダイエットではあまり効果が出ないです。

 

 

このように、簡単に痩せる事が出来ないと、なかなか肥満解消できずに病気のリスクが高い状態が続いてしまいます。これが、中年世代で肥満が危険なわけです。つまり、中年世代で肥満になっている人は危機感を持って、ダイエットプログラムを考える必要があります。

 

若い時よりも痩せにくくはなっています。しかし、痩せられないわけではないです。運動、食事、サプリメントに力を入れることによって、痩せる事は可能です。ただ、簡単ではないですし、長期的目線でダイエットしていく必要があります。でも、努力すれば痩せる事が出来るので、何もしないで病気の危険度をアップするよりはましだと思います。

 

基本的なプログラムとしては

摂取カロリーは1日1500カロリー

運動はウォーキングを1日20分から30分

ダイエットサプリを毎日飲む

この3つです。後は、自分の肥満度を考えながら調整します。ただ、食事制限は1500カロリーより下げるのはダメです。これ以上下げると空腹時に耐えきれない可能性があり、さらに栄養不足になるので逆効果です。栄養不足になると、体の疲労が回復しないですし、仕事のやる気も出来にくいです。ストレスや病気などの危険もますので、あまりカロリーを制限しないようにします。

 

運動は、ウォーキングを1日20分から30分ですが、これも工夫出来ます。

例えば、仕事への通勤を徒歩や自転車にする事によって、カロリーを消費出来ます。つまり、運動気分で通勤をします。これによって、別にウォーキングをしなくても大丈夫です。自転車で会社までが20分から30分ですと、往復でウォーキングの代わりになります。

 

また、筋トレも取り入れて、基礎代謝を上げながら有酸素運動をします。

 

最後にサプリですね。これは、DHCの「ダイエットパワー」で十分です。他にもサプリはあるので、効果と飲みやすさで選びます。ただ、ダイエットパワーも脂肪燃焼効果があり、十分ダイエットサプリの働きをしてくれます。

 

このように、代謝が環良くなり、中年世代の肥満はかなり危険です。早く痩せるためのプログラムを考えて、すぐにでも肥満を解消していくようにします。

 

歳を重ねるごと病気のリスクが高くなる

 

また、中年世代の肥満が危険なのは、代謝の低下だけではないです。

 

歳を重ねると当然免疫力が低下します。つまり、病気になりやすくなります。肥満によってリスクが上がる病気を発症しやすくなるので、同じ肥満でも20代と30代とはでは病気のリスクが違います

 

代謝の低下、病気のリスクが上がるこの2点によって中年の肥満は若い時の肥満よりも危険だという事です。中年になって生活習慣病になるなんて、別に不思議ではないですよね。特に肥満型の人は他の人よりもなりやすいので、肥満を放置しないようにします。

 

肥満によって発症する病気はけっこう重たいものもあり、長期入院が長期治療などが必要になる物も多いです。さらに、命の危険になる病気もあるので、まだ中年なのに病気になって、家族と遊べない、仕事が出来ないような事が起こらないように今から肥満を解消します。肥満の解消は本人がどれだけ危機感を持てれるかが大事ですね。

 

まとめ

肥満は病気の危険因子

中年になると代謝が下がる

中年になると病気のリスクが高くなる

ダイエットに失敗する原因は何?これだけは理解しておこう

ダイエットは、成功する人、失敗する人がそれぞれですね。

失敗すると、ダイエットしたことが無駄になってしまいますし、精神的にきついですね。では、なぜ失敗に終わってしまうのか?もしかしたら致命的な誤解をしている可能性があります。

 

今回は、これだけは知っておきたいダイエットの知識についてお話します。

 

食事制限だけで痩せられると思っている

 

一番失敗の原因が食事制限だけで痩せられると思っている事です。実際に食事制限をすると痩せる事が出来るのかというと、「痩せる事ができます」というのが現状です。

 

では、なぜ失敗するのかという事ですが、食事制限は大きな欠点があるからです。それが「リバウンド」です。リバウンドとは、痩せたのにまた元の体重に戻ってしまう減少です。食事制限ダイエットではこのリバウンドが起こりやすいです。

 

例えばダイエット中は摂取カロリーを1000カロリーまで落とします。

消費カロリーが1500カロリーだった場合は、1日に約500カロリー消費されますね。1カ月だと15000カロリーも消費される事になります。さすがにこのペースだと半年でダイエットは成功します。

 

しかし、問題はこの後ですね。食事制限ダイエットで目標体重まで痩せると、通常ですとダイエットはここで終了ですよね。つまり、食事制限も止めてしまいます。しかし、ここで起きてしまうのが食への欲ですね。今まで我慢してきたら一度食事制限を解消しておいしいものを食べていくと、食への要求が大きくなり、おいしいものを食べていく習慣が付きます。当然、ダイエット中よりも摂取カロリーが増えて、少しずつ体重が増加するという事です。

 

特に元々食べるのが好きだった人は、食事制限を解消するといっきに食への要求が高まり、食べ過ぎてしまう事があります。また、ちょっとぐらい食べても大丈夫という安心感から食べ過ぎても気にしない事が起こります。結果的にリバウンドして、元の体重に戻ってしまうので、ダイエットは長期的に見ると失敗になりやすいです。また、もう1つリバウンドする原因があり、食事制限だとで痩せていくと、当然栄養が不足したり、筋力が低下します。

筋トレを維持するためには、栄養が必要不可欠なので、栄養が不足するという事は、筋力を維持出来なり、少しずつ筋力量が減ります。筋肉が減ると、基礎代謝エネルギーが減り、痩せにくい体になりますね。

 

筋力が低下して基礎代謝が減っている状態で、食べ過ぎると簡単に太ります。

簡単に言うと

 

ダイエット前 基礎代謝1500 摂取カロリー2000

ダイエット中 基礎代謝1500(筋力低下により少しずつ低下) 摂取カロリー1000

ダイエット後 基礎代謝1200(筋肉量の低下)摂取カロリー1500から2000

 

という感じですね。例えばダイエット前よりも同じカロリー摂取でも、基礎代謝が減ったダイエット後は太りやすくなるという事です。こうなるとリバウンドするのも時間の問題ですね。これが食事制限だけでダイエットを行うと失敗する原因です。

 

ダイエット後も摂取カロリーを1500までにおさせたり、運動をしていくとまた違っていますが、元の生活に戻すとリバウンドする事を覚えておきましょう。これがあるから、食事制限だけでダイエットするのは必ず止めておくようにします。

 

有酸素運動だけで痩せられる

 

有酸素運動だけで痩せていく人もダイエットに失敗しやすいです。

 

でも、有酸素運動って消費カロリーを増やしてくれるんでしょう?失敗するわけないよね。と思っている方、それは大きな間違いです。

 

まず、有酸素運動を30分した消費カロリーはウォーキングですと約120カロリーぐらいしかないです。つまり、あまりカロリーを消費出来ないですね。1か月行っても、3600カロリーの消費ですから、痩せていくのはかなりの時間が必要です。数年ぐらいしたら痩せているとは思いますけど、あまり結果が出ないですから途中で止めていく人は多いですね。

もう1つ有酸素運動で失敗する原因があります。それが、筋肉量を減らしてしまう事です。有酸素運動を1日に40分以上すると、脂肪が燃焼されるだけでなくて、筋力もエネルギーとして使ってしまいます。つまり、カロリーは消費されるけど、筋力が低下して基礎代謝が下がるという事ですね。

 

基礎代謝は、私たちの消費エネルギーの大半を背負っています。つまり、筋力の低下で基礎代謝が下がると痩せにくくなり、有酸素運動をしているのになかなか痩せないという自体になります。有酸素運動を1日に長時間行う事は、あまり意味がないという事です。まあ、体力は付くので、その点ではプラスですが、ダイエットを考えるとあまり効果は期待できないです。

 

では、運動で痩せていくためにはどうすれば良いか?ですが、有酸素運動と無酸素運動を行う事です。有酸素運動だけではあまり減量出来ないです。しかも、基礎代謝が下がる可能性があるので欠点もあります。

しかし、無酸素運動をすると筋肉を低下せずに逆に筋肉を増やす事が出来ます。もちろん、無酸素運動は筋トレを選びます。筋トレによって前進を鍛えて、基礎代謝の低下を抑えて、さらに筋肉量を増やします。そうすると、基礎代謝が増えて、痩せやすい体になります。

 

もちろん、有酸素運動を行っていても、筋トレをしているので、筋肉量の低下が起こらずに消費カロリーだけ増えていきます。運動でダイエットするためには、有酸素運動と無酸素運動両方を行っていく必要があるのです。

 

サプリメントだけで痩せられる

 

サプリメントだけで痩せられると思っている人もダイエットに失敗します。

そもそも、ダイエットサプリは脂肪燃焼を補佐する役目ですね。サプリだけでは思うように脂肪燃焼されないです。食事制限をしたり、運動をしていくと初めて効果が出てきます。

 

サプリメントはさまざまな成分が含まれていて、脂肪燃焼出来ると記載しているのでそれだけでも痩せられると勘違いしている人も多いですが、そんな魔法の薬ではないです。

 

メインに使うものではなくて、あくまで補佐として使っていきましょう。

 

このように、3つの失敗する原因についてお話しました。どれもダイエットを始めた人が誤解してしまうものばかりです。そんなダイエットは簡単ではないですし、甘くはないです。もし、簡単に痩せる事が出来たら誰も苦労しないですし、ダイエットで悩んでいる人はほとんどいないと思います。

 

人間の体は、機械みたいにうまくは出来ていないです。体の事を理解して、適切なダイエット方法を行う事が必要ですね。

 

まとめ

食事制限だけでダイエットを行うとリバウンドする

有酸素運動だけでは痩せる事が出来ない

サプリメントは魔法ではない