青汁の粒タイプの良さと欠点

Pocket

こんにちは。

秋も本格的になっており、運動ダイエットをしている人にとっては良い季節になっていますね。そこで、今回は青汁についてお話していきますが、

テーマとしては、「青汁の粒タイプの良さと欠点」になります。

以前も少しだけ青汁についてお話しましたけど、今回は粒タイプについてお話します。




 

粒タイプの良さとは?

jsks

まずは、青汁の粒タイプの良さについてお話します。

臭いをあまり気にすることなく飲める

青汁というとドリンクとして飲む時には、どうしても臭いが気になりますね。青汁の臭いが好きな人からすると問題ないですが、臭いが苦手という人も多いです。

しかし、粒タイプの場合はそのような臭いをあまり感じることなく飲む事ができますから、臭いが気になる人にとっては粒タイプの方が飲みやすいです。

ただ、いつまでも粒を口の中に入れておくと当然、臭いが出てきやすいですから粒タイプを飲む時はすぐに飲み込んでしまうようにします。

手軽さがある

粒タイプは水などと一緒に飲み込むだけですから、コップなども必要ないです。つまり、ドリンクとして飲むよりも手軽さが売りですね。

また、水などが必要なくても飲めるものもありますし、外出時は特に粒タイプの方が飲みやすいという特徴があります。

薬など飲む時に粒タイプに慣れている人からすると、ドリンクタイプよりも手軽に青汁を摂取できると思うので、粒タイプに慣れている人はぜひ青汁を購入する時は粒タイプも見てほしいです。

多くの成分が含まれている

粒タイプは、粉タイプよりも多くの良い成分が含まれている可能性があります。粉タイプですと多くの成分を含んでしまうと、ジュースにする時に混ざりにくく粉っぽくなってしまう可能性があります。

しかし、粒タイプは飲み込むだけですのでそのような心配もいらないですから多くの成分が配合されている可能性があります。

 

青汁の粒タイプの欠点

粒タイプの中には、ドリンクタイプにはないものが使われている可能性があります。

例えば、粒錠に固めるために使う成分があり、健康には害はないですが、ちょっと気になる部分ですね。

ただ、それを特殊な成分が含まれていないものもありますし、健康に害がない場合はそこまで気にする必要はないと思います。

粒が苦手な人は少し飲みづらい

粒タイプは、臭いを軽減できたり、飲みやすいという特徴がありますが、粒が苦手な人からすると少し飲みづらいです。

そこで、粒が苦手な人は無理に粒タイプにするのではなくて、粉タイプでジュースとして飲むというのが望ましいです。

どうしても粒タイプの方が良いという人は、粒が小さい青汁を購入するのがお勧めです。

 

青汁の粒タイプを購入する時も情報収集

Appel-und-n-Ei

青汁の粒タイプの特徴についてお話しましたけど、青汁の粒タイプにも成分の違いや価格

購入場所などの違いもあります。

健康のためにやるものですから、必ずプラスになるものでなくてはならないです。そのためには、やはりどの粒タイプの青汁でも良いというのではなくて、自分にとって効果が高いものやプラスになるものせお選択します。

そのためには、情報収集が大事ですので購入する時は念入りに調査します。

お勧めのポイントとしては

満足度が高い青汁

多くの人が購入している

余計な成分が含まれていない

この3点を気にしながら決めていくと良い青汁の粒タイプに出会える可能性が高くなります。




今日のまとめ

青汁の粒タイプは臭いがあまり気にならない

粒タイプが苦手な人はドリンクがお勧め

さまざまな青汁があるので情報収集をしていく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA