HMBで簡単筋トレダイエット 注目のHMB極ボディ

健康になるためには、肥満を解消していく必要があります。

そこで、注目されるのが筋トレですよね。基礎代謝を上げる事があり、痩せやすい体になります。ダイエットの近道は運動による消費カロリーではなくて、どれだけ基礎代謝を上げるかという事です。

 

今注目となっているのが、「HMB}になります。

 

これは、これはロイシンの代謝産物でです。

そもそもロイシンは、筋肉を作る上で欠かす事が出来ないアミノ酸であり、筋トレの栄養摂取にも重要視されているものです。

HMBの効果は

筋肉量を増やして基礎代謝を上げる

筋肉の分解を防ぐ

脂肪量の減少

という素晴らしい効果があります。

 

さっそくHMBを摂取しよう

 

さて、HMBlの効果は筋トレをする上では素晴らしいですね。この成分を効果的に摂る事によって、筋肉量が増えて、基礎代謝が上がる。そして、痩せていくという感じでダイエットにとっては期待出来るものです。

 

また、筋トレをしながら痩せていくという事で、引き締まった体になります

 

せっかく、痩せたのに体がまったく引き締まってないという場合がありませんか?食事制限ダイエットでは、たしかに摂取カロリーが減り、痩せる事が出来ます。しかし、筋肉量はどうかといえば、衰えていきます。栄養の補給を抑えるのですから、筋肉にとってはマイナスです。

 

また、筋トレをしないでダイエットしていくと、脂肪がただ減っただけになり、痩せても貧相な体になってしまいます。有酸素運動を行っているから大丈夫と思っているあなた、それは間違いです。

有酸素運動では、筋肉は付きません。むしろ、有酸素運動は筋肉量が低下するのです。つまり、食事制限と有酸素運動lの組み合わせは、痩せる事が出来ても引き締まった体を手に入れられずに後で後悔します。

せっかく痩せても、体が引き締まっていないとちょっと違和感がありますよね。

だからこそ、HNBをうまく摂取した筋トレダイエットをしていきましょう。食事制限、有酸素運動、筋トレ、HMBの4つで脂肪を燃焼させていきます。誰でも素晴らしい肉体を手に入れるチャンスはあります。諦めずに、引き締まった体を手に入れて健康な体にしていきましょう。

 

HNB極ボディで運動ダイエットだ

 

さて、HMBは欠かす事が出来ないものですよね。

 

そのHMBを取り入れたサプリがHMB極ボディです。

このサプリの特徴としては

HMB含有量が2100㎎

HMB吸収が3150㎎と効果的に摂取する事が可能です。

 

さらに、このサプリには、筋トレに効果的な成分が多く含まれいます。

○トリプトファン

○リシン

○メチオニン

○フェニアルアラニン

○トレオニン

○ヒスチニン

○バリン

○ロイシン

○イソロイシン

などさまざまです。

このように筋肉構成に必要な必須アミノ酸が豊富に含まれているのです。さら、成果が出ますよね。

筋肉を作っていくためには、必須アミノ酸は必ず必要です。

もし、必須アミノ酸が欠乏すると、トレーニングをしても筋肉の減少や体力の低下などが起こり、あまり効果が出ない所か逆にマイナスですよね。筋トレは、ただ筋肉を鍛えていけば、筋肉量が増えるのではなくて、必須アミノ酸などの栄養が必ず必要です。栄養をしっかりと補給して、運動をすると初めて成果が表れると言う事です。

 

アミノ酸が多く含まれている身近な食品には黒酢がありますよね。

このHMB極ボディは、何とそのアミノ酸が黒酢の19倍も含まれています。しかも、人間が必要なアミノ酸20種類のうち、18種類も配合されています。

 

え?すごいでしょう。このサプリを服用するだけで、アミノ酸不足になりにくいですし、筋肉を増やしていくための十分なアミノ酸を補給する事が可能です。これで、栄養不足で筋肉が増えないなんて事はないですね。

 

これさえあれば、プロティンは必要ないです。HMBはサプリなので粒になっています。つまり、簡単に水で飲めますよね。粉のようにわざわざ溶かす必要などないという事です。手軽に飲めて、しかも絶大なる筋トレ効果があるという事は、手間がかからないです。

 

このサプリですが、何と94%の人がリピートしています。つまり、満足度が高いという事ですね。どうでしょう?

 

夢のようなサプリですね。私はこのサプリを使ってぜひ筋トレに励んで、痩せていってもらいたいです。

今は、購入価格がかなりお得になっています。

気になる方はぜひ下のサイトをチェック



多くの人が愛用しているサプリでぜひ引き締まった体、脂肪が付きにくい体にして健康に生活しましょう。

 

HMB極ボディを飲む時の注意点

 

さて、最後にこのサプリを飲む時の注意点についてお話します。

 

まず、勘違いして行けないのは、サプリを飲んでいれば勝手に痩せられる、筋肉が付くと思わない事です。そんな魔法の薬ではないです。

HMB極ボディを飲むと同時に、トレーニングをしていきます。筋トレをして初めて効果があります。あくまで筋トレをの効果を高めるサプリなので、運動をしないで素晴らしいボディが手に入るというわけではないです。

 

ダイエット関係のサプリを服用している人の中には、サプリさえ飲めば大丈夫という思っている人がいて少し残念です。せっかくサプリを飲んでもそれでは意味がないですね。この点を勘違いしないようにします。

 

さらに、女性にもお勧めです。ダイエットをしっかりとフォローしてくれます。もちろん、筋トレをしていきましょう。女性の場合は、男性よりも筋肉が付きにくい体なので、トレーニングをしてもムキムキになるなんてあまりないです。毎日プロスポーツ選手ぐらい鍛えれば、ムキムキになりますが、ダイエットのための筋トレ程度ではムキムキにならないのでその点は心配しないでほしいです。どうしてもムキムキになりそうな場合は、トレーニングを軽くすればよいです。

 

今回は、HMBとそのサプリについてお話しました。

 

ぜひ、活用してもらって、不健康な体から抜け出しませんか?これは心強い味方になってくれます。

 

 



なぜ肥満になってしまうのか

私たちにとって肥満は大敵と言えます。

肥満になると、メタボリックシンドロームになる危険性が高くなります。当然、生活習慣病になるリスクも高く長生き出来ない可能性も高まってきます。

 

そこで、なぜ肥満になってしまうのか今回はこのテーマを元にお話していきます。

 

摂取カロリーの多さ

 

肥満になる原因としては、摂取カロリーが多い事が上げられます。これはすでに多くの人がご存じですが、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回るとそれだけl脂肪が蓄積される事になります。つまり、過剰にカロリーを摂取すると、少しずつ脂肪が付いて肥満になっていきます。

 

私たちが食べる食品はすべてにカロリーが含まれます。つまり、大食いしたり、1日に何度もご飯を食べると自然と摂取カロリーは多くなりますね。また、間食や夜食、高カロリー食品ばかり摂取するのも過剰摂取に繋がります。すぐに太るのではなくて、少しずつ太るので初めは太った事に気づかずにしばらくたって自分が太ってしまったと認識する人が多いです。

 

お腹や太ももに脂肪が蓄積されやすく、見た目も悪くなりますね。過剰摂取を避けるだけでも太りにくい体になります。日々の食生活を見直して、1500カロリー~1900カロリーぐらいに抑える事が出来れば太るリスクは下がります。基礎代謝が1300カロリー~1400カロリーぐらいあるので、仕事や運動をしていれば総カロリーは1500カロリー~1900カロリーぐらいにはなると思います。

 

食べる事が好きな人はついつい飲食するのが多くなったり、お菓子を食べなりなどしてしまい太る原因を作ってしまいます。飲食が好きというのは仕方がない事ですが、やはり肥満にならないようにするためにはある程度は、摂取カロリーに注意しなければいけないという事です。カロリーを制限するのは自分次第になりますが、30歳を過ぎたら病気のリスクも高くなるので早くカロリーを意識して、正しい食生活にしていく必要があります。

 

基礎代謝が低下している

 

肥満になる原因としては、基礎代謝が低下しているという事が考えられます。

 

良く食べて、基礎代謝が低下している二重パンチだとかなり太りやすくなります。基礎代謝エネルギーは私たちの消費エネルギーの大半を占めています。この基礎代謝が低下すると、当然1日の消費カロリーも低下してちょっと食べ過ぎただけで脂肪が付いてしまう事が起こります。

 

基礎代謝が低下する原因としては体調不良や筋力の低下ですね。

 

特に年齢に重ねるごとに筋力は低下します。20歳と30歳では筋肉量に差があります。当然若い方が筋力が付いている人が多いですね。では、どうすれば良いかですが筋力を低下させないように努力する事です。

 

このブログでも何度も行っていますが、筋力アップの方法はトレーニングですね。筋トレをすると筋力の低下を抑える事が出来て、さらに筋力が増してくるので30歳でもマッチョみたいな人もいますよね。加齢によってたしかに筋力は低下しますが、筋トレする事によってその加齢による筋力低下をうまくフォローする事が可能です。

 

筋トレをしなければ当然筋肉は衰えていきます。仕事で力仕事をしている人は、筋力を維持する事が出来ますが、力仕事ではない人は筋肉を使う機会が少なくなり結果的に衰えていきます。週に2回から3回筋トレをするだけでも大きな成果を上げる事が出来るので、肥満になりたくないのであれば筋トレをして基礎代謝を上げていくようにします。

 

ダイエットでも筋トレは大事なポイントなので、太りにくい体にするためにも筋トレは大事なポイントです。

 

運動によるカロリー消費が少ない

 

肥満になってしまう原因の1つが、日頃の消費エネルギーが少ない事です。例えば事務職であれば、動く事自体が少なくなりますね。椅子に座ってパソコンでの作業が多くなるので、仕事の消費カロリーは少ないです。さらに、車を運転する機会が多かったり、運動しないような人は消費カロリーが少なく、摂取カロリーを上回る事が出来ないです。

 

つまり、そんなに食べていないのにちょっと太ってしまうという事も起こります。

 

いくら1500カロリーぐらいしか摂取していなくても、1日の消費カロリーが1300ぐらいだと当然太りますよね。

 

日頃どれだけ動いているのかも肥満予防には重要になるので、車をなるべく使わずに歩いたり、暇な時に運動したりなど少しでもカロリーが消費出来るような生活にしていく事が必要です。簡単な事ではないですが、習慣になればそこまで難しくない事です。

 

他にも遺伝やドリンクの飲みすぎというのも原因としてありますね。肥満体形は遺伝する事があるのでより肥満に注意しなければいけないです。さらに、カロリーが多いドリンクを多く飲む事も肥満に繋がります。砂糖が多く入っているものは当然カロリーが高いです。珈琲やソフトドリンクなどはおいしいですが、カロリーが高めに設定されています。

 

珈琲の場合は、砂糖を少なくしたり、ブラックだとそこまで気にしなくても良いですが、砂糖を多く入れる人は注意が必要ですね。このように、肥満になる原因は多く存在します。周りから指摘されて肥満対策をするのではなくて、自分で肥満にならないように努力して、少しでも健康を維持する事が必要です。

運動で痩せるためのポイント これだけは知っておこう

生活習慣病予防のためには、肥満を解消する事は重要なポイントです。

肥満を解消するためには、ダイエットして痩せていく事が大事ですね。30代になって肥満が解消出来ていない人は、まずは痩せる事が健康への第一歩となります。

 

そこで、痩せるためのポイントが「運動」ですが、運動で痩せるためにはどのような事を意識すれば良いのか、知っておきたい知識についてこれからお話します。

 

有酸素運動だけで痩せる事が出来るのか

skeeze 

 

このブログでも既に記載していますが、有酸素運動だけで痩せる事は簡単ではないです。

その理由としては

消費カロリーが少ない

基礎代謝が下がる

 

この2点が主な原因です。

まず、消費カロリーですが、有酸素運動は脂肪燃焼効果があるので脂肪を効果的に燃焼させる事が出来ます。ただ、消費カロリー自体は少ないという事ですね。

 

約20分ウォーキングをしても100キロカロリーが消費されるだけなので、あまり多くはないですよね。ランニングやジョンだと20分で150カロリー~200カロリー消費出来ますが案外カロリーは消費されないです。

つまり、有酸素運動だけで痩せようと思えば1日1時間以上運動をする事が必要ですよね。また、食事制限を行っていない場合は、さらに難しくなります。有酸素運動はたしかにカロリーを消費してくれますが、単体ではあまり期待は出来ないという事です。

 

食事制限と組み合わせることによって初めて効果が期待できますね

 

次に基礎代謝が下がるという事です。

実は、これが大きな問題であって、基礎代謝とは何もしないでも消費されるエネルギーですね。いわば生命活動に必要なエネルギーです。

何もしなくても臓器は動いていますし、呼吸もしていますよね。筋力を維持するためにもエネルギーが必要です。基礎代謝エネルギーは成人で約1500カロリーぐらいですかね。個人差はあります。

 

有酸素運動ばかりしていると、この基礎代謝エネルギー下がります

1500キロカロリーあったのに、1450カロリーになってしまうような感じです。基礎代謝が下がるという事は、それだけ消費カロリーが下がるので、痩せにくくなりますね。

 

また、有酸素運動を長時間していると、脂肪が燃焼されるだけでなくて、筋力もエネルギーとして使われます。つまり、長時間の有酸素運動は、基礎代謝を低下させて結果的に効果が出ないです。逆にマイナスに働きなかなか痩せる事が出来ない状況になります。

 

つまり、有酸素運動だけで痩せるのは辞めた方が良いという事です。有酸素運動をするのであれば、1日30分から40分までにして、他のダイエット方法を取り入れる事ですね。1日行う時間帯を制限する事によって、筋肉力の低下を抑えて、脂肪だけをうまく燃焼させる事が出来jます。

 

有酸素運動は、ダイエットに効果があるとかなり評判が良いものですが、間違った方法で行うと逆効果になり事を知っておく必要があります。

 

運動ダイエットでは筋トレが必要不可欠

 

さて、有酸素運動がダイエットでは人気がありますが、筋トレも必要不可欠な運動です。

 

有酸素運動ばかりしていると、どうしても筋力が低下して基礎代謝が下がります。これを防ぐためにも、筋トレが必要です。筋トレをする事によって、筋力の低下が防げて、さらに筋力量を増やす事が出来ます。

筋肉が増えると、基礎代謝が上がり痩せやすくなるという事ですね。運動でダイエットするのであれば、有酸素運動+筋トレというのが重要です。

 

筋肉のよる消費エネルギーは、部位によって違います。筋肉が大きい部位程、消費エネルギーは必要になるので、痩せたいのであれば太ももなどを鍛えるのが効果的ですね。太ももは筋肉が大きく、鍛える事によって筋力維持のためにかなりエネルギーを消費してくれます。

 

もちろん、体のバランスを考えると全体的に鍛える事が必要ですね。ただ、太ももを重点的に鍛えると基礎代謝が上がりやすいという事です。

 

腕と肩を鍛える場合は、ダンベル持ち上げ

太ももを鍛える場合は、スクワット

腹筋を鍛える場合は、腹筋

など、筋トレメニューによって鍛えられる部位は違います。

 

また、女性が気にしているのが筋トレしていると、体がムキムキになってしまうのでは?と心配している人も多いですが、心配ないです。

 

余程筋トレに力を入れない限りは、ムキムキにはならないです。ムキムキになるためには、相当な筋トレをする必要があり、アスリート並にトレーニングを行う必要があります。つまり、ダイエット目的で筋トレを行う場合は、ムキムキにはなrにくいです。

 

また、女性は男性よりも筋肉が付きにくいのでそれも手伝って、女性は筋トレしても体が引き締めるぐらいです。体が引き締めるとスタイルも良くなります。

男性の場合は、頑張ればムキムキになれる事は可能です。

筋トレを行う時は、ダンベルを所持していた方が良いですし、後はたんぱく質を多く摂取する事です。筋肉を作るのはたんぱく質なので、たんぱく質が不足しているといくら筋トレしても筋肉が付かないです。

 

また、筋トレは毎日同じ部位を鍛えると逆効果です。

 

筋肉は負荷を与えて、一定期間回復しなければいけないです。回復してまた負荷を与える事を繰り返すと次第に筋肉が大きくなります。これを超回復と言いますね。もし、毎日負荷を与え続けると、筋肉が回復する暇がなくて、超回復出来なくてまったく効果が出ないです。

 

同じ部位を鍛える時には、2日~3日おきにします。もし、毎日筋トレしたい場合は、違う部分を筋トレしていくようにして、うまく超回復していく事が必要です。

さらに、食事は筋トレが終わった後に取るのが効果的です。

 

このように、運動で痩せるためには、筋トレで体を引き締めたり、基礎代謝を上げて、有酸素運動で脂肪燃焼を適度に行っていく事がベストです。

 

筋トレは、痩せる上ではかなり重要です。筋トレだけで痩せる事も十分可能です。それぐらい痩せる効果が期待出来るので、ぜひ取り入れておきます。痩せるためには、まずは自分の体を改善していくという事ですね。