メタボリックシンドロームが増えている

健康にとって肥満は大敵となります。

肥満になると生活習慣病を発症しやすくなり、結果的に寿命が縮むデータがあります。特に最近はメタボリックシンドロームが増えていますから、日本人にとっても大きな課題となっていますね。

メタボリックシンドロームは通称メタボと言われていますけど、ただの肥満ではなくて肥満になっている状態で糖尿病などの一部の病気を発症している状態の事を言います。

メタボについては、このブログでも紹介していますからそちらを参考にしてもらいたいです。メタボにならないためには肥満に注意する必要があり、ちょっと肥満気味の人は将来メタボになる可能性が高いですから注意しなければいけないです。

 

食べ物が豊富

RitaE 

メタボになっている人が増加している原因は複数存在しますが、その1つが食べ物が豊富だという事です。

私たちの身の回りには、食べ物の種類が多くスーパーに行けばほとんど手に入りますね。さらに、ファーストフード店も多くあり、多くの料理を食べる事ができます。この食べ物が豊富になっている状態ですと私たちにとっては美味しい料理が食べる事ができるメリットがある半面、カロリーの摂りすぎになる危険性もあります。

これだけ、食が豊富ですとついつい自分が好きな料理ばかり食べてしまいますね。外食は特にそうで、自分が好きなメニューを注文するのが一般的ですね。特に欧米食を好んで食べいる人は、カロリーだけでなくて脂肪の摂取も多くなります

例えばステーキやハンバーグなどがそうですね。お肉メニューは特に高カロリーになっている可能性があります。さらに、デザートも豊富ですから、デザートが好きな人は毎日自分が好きなデザートを食べていると思います。

このように、食が豊富な分、カロリーを摂取しやすくなりますから結果的にメタボになる可能性が高い人が増えています。メタボは身近な存在であり、命の危険まではないですからあまり気にしていない人もいますし、他の病気と比べると真剣に考えていない人もいますが放置しておくと取り返しが付かない可能性があるので注意します。メタボになる前になんとか肥満を解消してスリムな体型を維持していくように心がけます

 

メタボ予防にはダイエット

メタボにならないためには、肥満にならないことが重要です。肥満とは名前の通り体に脂肪が付き過ぎてしまっている状態であり余分な脂肪を体にぶら下げているような感じです。

肥満になっているかどうかは、体重計を計れば分かりますけど、自分の体を鏡で見るだけでも自分は肥満気味かどうか分かると思います。

もし、肥満気味になっていたらメタボ予防としてダイエットします。

ダイエットで痩せる事ができれば肥満が解消されて、メタボになるのを防ぐ事が可能です。ダイエットは簡単ではないですが、そのまま放置してメタボになってしまうのではあなたの健康において多いな害をもたらすので早めにダイエットに励みます。

あまりに太り過ぎてからダイエットすると脂肪を燃焼するのにかなりの労力が必要になるので早めにダイエットするのが得策です。10キロぐらいなら十分に痩せる事が可能です。これが30キロになるとかなりダイエットするのが大変ですからダイエットを真剣に考える時期が大事です。

 

メタボになると見た目も悪くなる

さて、最近はメタボが増えていますけど、メタボは健康において害をもたらすだけでなくて見た目もマイナス印象になりやすいです。

かなり肥満気味になると体がふっくらして、さらに脂肪が垂れてくる可能性があるので体のバランスがアンバランスになりやすいです。体が引き締まっているのと脂肪が垂れて引き締まっていないとでは大きな違いですからメタボになると見た目の部分も悪くなる可能性があります。

実際に、肥満気味になっていた人が痩せてもてるようになったとかありますから、スリムな体型になる事は私たちにとって良い事だと思います。今よりももてたい、引き締まった体になりたいという人は肥満にならないようにカロリーを調整したり、運動をします

このように、メタボになると何も言い事がないですからご飯が好きな人や太りやすい人、さらに運動不足になっている人は注意します。

 

今日のまとめ

食べ物が豊富になっているのがメタボが増えている原因

メタボを予防するためにはダイエットが効果的

メタボは見た目も悪くする

ダイエット食品を摂取したからといって痩せるわけではない

今回はダイエット食品についてお話します。

 

ダイエット食品は、市販でも多く販売していますよね。ドラッグストアやスーパーなど手軽に購入できますし、ネットでも多く販売しています。ダイエットする人にとっては心強い味方になっています。私も、ダイエット食品を摂取してのダイエットはお勧めですし、ダイエットを成功するための近道になる可能性もあります。

 

そこで、今回のテーマですが、「ダイエット食品を摂取したからといって痩せるわけではない」になります。

 

ダイエット食品の効果

RitaE 

 

文頭でダイエット食品をお勧めしながら、今回の記事のテーマはちょっとダイエット食品を否定しているかのようになっていますが、まずはダイエット食品の効果についてお話します。

 

ダイエット食品は、食品によって効果は違いますが、主にあるのが

カロリー制限効果

脂肪燃焼効果

になります。

ダイエット食品は、当然カロリーを意識されて作られています。つまり、多くの食品が低カロリーというのが1つのテーマになっています。

低カロリーで美味しい、低カロリーで満腹感があるなどのダイエット食品が多いですね。低カロリーがという事は、それだけ1日の摂取カロリーを制限できる可能性があります。

ダイエット食品は置き換えダイエットにも効果を発揮できるものであり、朝と夜は普通のご飯メニューを食べて、昼はダイエット食品などのように置き換えてダイエットする時でもうまく使えます。

この場合ですと、昼食のカロリーを大幅に制限することができますから、1日の摂取カロリーが自然と少なくなりますね。このように、低カロリーが多いダイエット食品はカロリーを制限する必要があるダイエットにおいて効果を発揮してくれます。

 

また、ダイエット食品の中には脂肪燃焼効果を取り入れているものもあり、これもダイエットにおいてプラス要素ですね。

このように、ダイエット食品はダイエットに必要な効果を発揮してくれるものですから、私はダイエット食品を有効活用するのを勧めています。

 

ダイエット食品の穴

さて、次はダイエット食品の穴ですけど、ダイエット食品を食べたから痩せるわけではないという事です。

ダイエット食品の基本的な効果は1日の摂取カロリーを制限できたり、多少の脂肪燃焼効果があったりなどになります。つまり、ダイエット食品を摂取していれば勝手に減量していくというのは難しい事です。

脂肪燃焼効果があるダイエット食品を摂取していれば体重が減量する可能性はありますが、大幅に減量する事は難しいですね。

 

名前にダイエット食品と書かれているので、どうしても初めて摂取する人はダイエット食品を食べれば簡単にダイエットできると勘違いします。ダイエット食品だけ食べて勝手に痩せてくれるのであれば誰も苦労しないです。

あくまでダイエットの手助けになってくれるものであり、ダイエット食品だけ食べればダイエットは簡単だと認識しない事です。

 

コントロールが大事

ダイエット食品を摂取して、ダイエットするのは効果的ですが、大事になるのが摂取カロリーのコントロールです。

 

いくらダイエット食品を食べても例えば朝や夜のご飯のカロリーが高かったり、間食などを摂取していると低カロリーのダイエット食品を摂取していてもその効果を実感するのは難しいです。

ダイエット食品を活用してうまく痩せるためには、間食はなるべく控えてさらに他のご飯の摂取カロリーを考える必要があります

ダイエット食品を食べれば他のご飯の摂取カロリーが気にする必要がないではなくて、昼にダイエット食品を食べる場合は朝と夜のご飯のカロリーが多すぎないようにしてダイエット食品によってうまく1日のカロリーを制限します。ダイエット食品自体のカロリーが低いですから他のご飯のカロリーが高すぎないようにすれば大丈夫です。しっかりと制限する必要はないですから気が楽です。

 

今日のまとめ

ダイエット食費の効果は低カロリーと脂肪燃焼

ダイエット食品を摂取すれば痩せるわけではない

ダイエット食品以外の食事のカロリーのコントロールが大事

リバウンドしやすい人の特徴

今現在は、痩せるという目的は達成しやすくなっています。

ダイエットしたい人には情報収集しやすい世の中ですよね。

ダイエット教材

インターネット

ダイエットの本

など簡単に考えてみてもさまざまな情報源があります。特にダイエットの事を書いているブログやサイトは多くの人が見る事ができますからインターネットで情報を集めてダイエットしている人は多いと思います。

ダイエット関係のブログやサイトも数が多くなっていますから、少しでも価値を高めようと競争意識が起こり質が高いダイエットの記事、新しいダイエット方法も取り入れやすくなっており見る人からすると嬉しいですよね。

ダイエットは、痩せることが一番の目的ですが、このようにさまざまな情報源がある今は、痩せるのはそこまで難しくないですよね。自分が努力して我慢すれば痩せられるという時代ですから多くの人が目標体重まで痩せられるのが現在になります。

もちろん、すべての人がうまく痩せられているわけではないですけどまったく痩せる事ができずに苦戦している人は減っています。

しかし、今問題になっているのは痩せた後ですね。どれだけ痩せた体重をキープできるのかが1つの課題になっています。そこで、今回はリバウンドしやすい人についてお話します。

リバウンドするとさまざまデメリットがあります。その点については既に記事に記載してありますので参考にしていただけたら良いです。

 

そこで、今日のテーマですが「リバウンドしやすい人の特徴」になります。




 

ダイエット終了したらすぐに生活が元に戻る人

RitaE

さて、ダイエットでリバウンドしてしまう人の特徴が、まずはダイエット活動が終了したらすぐに以前の生活スタイルに戻る人です。

例えば、ダイエット中は

食事制限、運動、サプリ

この3つをしていて痩せたとします。しかし、目標体重まで痩せる事ができてダイエットを終了した途端に、食事制限、運動、サプリの活動を止めてしまう人です。

たしかに、目標体重まで痩せる事ができればもうダイエットする必要はないですから元の生活に戻るのは自然な流れです。

しかし、これはリバウンドの引き金になることが多いです。

まず、食事制限を止めると制限をしなくても良いということから自分が好きな物を食べてしまう可能性がありますし、カロリーを気にせずに食べる事でカロリーオーバーする日が続いてしまう可能性があります。

そうなると半年後には太ってしまって少しずつリバウンドしてしまいます。

さらに、以前の生活習慣が原因で太ってしまった人も多いです。

例えば、運動不足やカロリーオーバーなどです。こういう人たちがダイエットが終了してまた元の生活に戻ると当然太ってしまいますよね、リバウンドするのはごく自然な流れです。

 

このように、ダイエットが終了したら安心したのか、すぐに元の生活に戻るというのはリバウンドの危険が伴います。ではどうすればいいかですが、

ダイエット中みたいに食事制限や運動などはしなくても良いですから、多少は意識する必要があります。

例えば夕食のご飯の量で例えると

ダイエット前 500カロリー

ダイエット中 200カロリー

ダイエット後 400カロリー

のように、ダイエット中みたいに制限する必要はないですがダイエット前よりも制限する感じです。これならリバウンドするリスクを最小限度に抑える事ができます。

運動も同じですね。

ダイエット中見たいには運動しなくても良いですが、ダイエットが終了しても自分の健康のために適度に運動をしてリバウンドのリスクを減らします。

このように、リバウンドを防ぐための工夫をすればダイエット後に体重が元に戻ってしまう危険度が下がります。

 

食べるのが好きな人

さて、食べるのが元から好きな人もリバウンドしやすいです。

ダイエット中は、体重を痩せるためにカロリー制限をうまくしていく事は可能ですが、その目標が達成すると制限を止める事が多いです。

食べる事が好きな人は、制限を止めた途端に今までの食欲が爆発したみたいに自分が好きな物を食べてしまう傾向があります。

また、そこまで食欲が活発にならなくても、甘い物が好きな人はダイエット中よりもあきらかにお菓子を食べる機会が多くなって結果的に少しずつ体重が増えていく傾向になります。

食べることが好きな人はそれでストレスを発散したり、人生を楽しく生きていると思うのでダイエット中みたいに制限しないさいというのは厳しいですが、少しでもカロリーが高いものは沢山食べないように意識します。

カロリーが低いお菓子を作ったり、見つけたりすると良いかもしれませんね。食べるのが好きな人はどうしても一日の総カロリーが高くなる傾向が強いですからうまく痩せる事ができてもダイエット後の生活は依然よりもカロリーを気にして食生活を改善するのがリバウンドしないための秘訣です。

 

健康を意識しない人

さて、ダイエットをしてリバウンドする人の特徴になりますが、最後が健康を意識しない人です。

 

ダイエットする時もとりあえず痩せたいという気持ちだけでダイエットした人に多いですが、健康を意識する人としていない人ではリバウンドのリスクも違います。

 

肥満気味になってうまくダイエット出来た場合は、健康を意識している人であれば肥満になっていたころには健康への危機感が出ていたと思いますし、うまく痩せる事ができたら今度は肥満にならないようにもっと健康的な生活をしていこうという考えが強くなって生活習慣が改善されてリバウンドするリスクが減ります。

しかし、健康を意識していない人の場合は、痩せる事に成功するとまた元の生活に戻ってしまいますし、生活習慣を改善しようとは考えないことが多いですから、太りやすい生活習慣の場合は再び太ってしまいます。健康を意識していない人は、多少体重が重くなっても気にしない可能性がありますから気付いた時にはかなりリバウンドしていたという事もあります。

このように、健康を意識するのかしないかでリバウンドのリスクが代わりますからダイエットして成功したらなるべく健康を意識して生活習慣を改善するようにします。




 

今日のまとめ

ダイエット終了したらすぐに元の生活に戻る人は要注意

食べる事が好きな人は要注意

健康を意識していない人は要注意