短期間で健康的に痩せる事は可能なのか

今年に入って、まだまだ寒い日は続いていますけど、後少しでダイエットしやすい春の季節になります。

外での有酸素運動もしやすいですし、寒いですと体をほぐすのも大変ですからダイエット願望がある私たちにとっては後少しの辛抱ですね。

そこで、今日のテーマですが「短期間で健康的に痩せる事は可能なのか




 

何も考えずに痩せる事だけ意識するのであれば食事制限

Bru-nO 

まず、健康に痩せる事を何も考えずに単に痩せたいのであれば食事制限に力を入れるだけで良いです。

摂取カロリーを落とすことが手っ取り早いダイエットですので、あまり運動をしなくても例えば1日のカロリーを1000カロリーぐらいに抑えるだけでもダイエットは効果は出ますし、短期間で痩せることができます。

ただ、不健康になる可能性があるので私はお勧めしないだけです

例えば

女性であれば月経が止まる可能性がある

思春期であれば発育に障害出る可能性

リバウンドしやすい

栄養不足

病気の発症の危険が高まる

などなどさまざまですね。

過度の食事制限のダイエットは、痩せる事は可能ですがそれなりのマイナス点もあるので健康的に痩せたい場合は例え短期間で痩せることが出来ても、食事制限だけのダイエットはお勧めしないです。

 

短期間で健康的に痩せるためにはサプリ

健康的に痩せるためには、やはり栄養不足にならないことが大事です。

何かが不足すると体調が不調になる可能性がありますから、まずは栄養不足にならないことを意識します。

そこで、使えるのが栄養を摂取できる「栄養サプリ」です。

ドラッグストアでも販売していますけど、例えばビタミンを摂取できるサプリや鉄や亜鉛などを摂取できるサプリなどありますね。

特にお勧めなのがDHCの栄養サプリであり、価格が手ごろでありしかもさまざまな栄養を摂取できます。

短期間に痩せるためには食事制限がどうしても必要ですが、総カロリーを制限すると、どうしても中には栄養が十分に補給できない場合もありますね。

その時に不足している栄養素をサプリで補強する方法です。これなら食事制限でうまく落としながらも栄養もしっかりと補強できて栄養不足による病気のリスクを下げながらダイエットできます

私も行っていた方法ですが、体調が悪くならずに体重を落とすことができたのでお勧めの方法です。

せっかくサプリが多く販売されていますから、サプリに投資してダイエットしていくのがお勧めです。

 

ダイエット機器を購入

 

もう1つ短期間でダイエットするための方法として、ダイエット機器を購入する事です。

腹筋を手軽に行うことが出来るマシーンや複数の筋トレを行うことができるダイエット器具などもあります。

筋トレは、基礎代謝を挙げることができるのでダイエットに特化した筋トレマシーンを購入することによって健康的に痩せることができます。

有酸素運動が出来るマシーンもありますし、ダイエット機器や機械を購入して活躍する方法は健康面を考えるとお勧めです。

サプリ、食事制限、ダイエット機器、この3つをフル活用していけば、健康的に短期間で痩せることも難しくないです。もちろん、自分自身が行う事ですので、継続することが何より大事でありダイエットのへのモチベーションも必要です。

しかし、この方法を行えば健康的に数か月ぐらいでうまく痩せることができるので、今までダイエットで苦労してきた人も成功できる可能性は高くなります。何回もいいますが、ダイエットは健康に痩せてこそ価値があるので、健康とダイエットこの2つをポイントに考えながらダイエットしていきます。




 

今日のまとめ

だた痩せるだけなら食制制限

栄養補給できる栄養サプリを使う

運動ができるダイエット機器や機会を購入すること

肥満とメタボリックシンドロームの違い

今日は、脂肪についてお話します。

最近は全国的に寒く、この中で有酸素運動をするのはきついですね。こういう寒い日こそスポーツジムで運動したり、有酸素運動ができる専用のトレーニングマシーンを購入して運動するのが良いですね。

さて、肥満と健康は密接な関わり合いがありますが、中でも肥満状態は非常に危険である事です。

肥満は病気のリスクを高めるものですから、若い時は免疫力などの影響で肥満状態でも病気を発症する可能性は高くはないですが、中年以降になると肥満はかなり病気のリスクを高めるものですから注意です。

そこで、今日のテーマは「肥満とメタボリックシンドロームの違い」になります。




 

メタボリックシンドロームとは

PublicDomainPictures

メタボという言葉は、聞いたことがあると思います。

正式にはメタボリックシンドロームと言い、肥満とそれ以後の肥満に関わり合いがある病気や体の異常を合わさったものを言います。

つまり、ただの肥満でありまだ病気や異常になっていない人は通常通り肥満と言います。

しかし、肥満になっていて血液や中性脂肪、血糖などに異常があったり、高血圧や糖尿病さらに脂質異常症になっている人は、メタボリックシンドロームと言います。

このように、メタボリックシンドロームは肥満以上に危険な状態ですので、治療することが必要です。

メタボリックシンドロームになっているのか確認するためには、まずは血液検査を行って数値に異常がないのかを確認します。血液検査では、中性脂肪血や血糖値などあらゆる体の数値を検査することができるので優秀な検査項目です。

また、メタボリックではなくてまだただの肥満だからあまり気にしなくても良いというわけではないです。

肥満を放置しておくと、いずれはメタボリックになってしまう可能性があるので、ある意味予備軍と言えます。肥満になっている人は、まずは肥満を解消して病気のリスクを下げることが必要です。

 

肥満の種類を把握しておく

さて、次にメタボに関係性が深い肥満についてお話します。

肥満には主に2種類あり、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満です。

皮下脂肪型の肥満の特徴としては

体の外側に脂肪が蓄積しているということです。おなかやお尻などに付きやすく、特に下半身に脂肪が付きやすいです

次に内臓脂肪型肥満の特徴ですが

内臓に脂肪が蓄積してしまうのが主な特徴です。お腹がぼっこりと膨らんでいる状態は内臓脂肪型肥満になっている可能性があります。

内臓脂肪型肥満は、病気のリスクを上げることが多いですから、早めに改善していく必要があります。

これらの肥満を解消するためには、やはりダイエットが必要です。また、病気のリスクを上げやすい内臓脂肪型肥満を解消するためには、適度に運動したり、低カロリーを意識した食事を摂取します。

内臓脂肪は、誰でも蓄積されているものですが、内臓脂肪が多くなると問題ですので、内蔵脂肪が多い人はダイエットに力を入れます。

 

メタボリックシンドロームの基準

さて、最後にどのような状態ならメタボリックシンドロームなのかを詳しくお話します。

まずは、腹囲が男性で85センチ 女性で90センチをオーバーしているのが条件です。

次に、中性脂肪値が150ミリグラム以上か善玉コレステロール値が40ミリグラム未満血圧値が上が130以上下が85以上血糖が空腹時に110以上の値が目安です。

中性脂肪、血圧、血糖にどれかに異常があり、さらに腹囲が基準値をオーバーしているとメタボなっていると言えるのでメタボリックを診断するためには、医療機関で検査を受ける必要があります。

また、簡単に自分の体の肥満値を測る方法としてはBMIが主流となっています。

計算式は、体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)で求めることができます。

いずれにしても、肥満になっている人は一度検査してみるのがお勧めです。




 

今日のまとめ

メタボリックと肥満は違う

脂肪の種類は2つ

メタボリックシンドロームの基準を把握しておく

無酸素運動は筋トレだけではない

昨日から今朝にかけては、関東中心に大雪になりましたね。

私は関東に住んでいないので状況を詳しく把握できていないですが、記録的な大雪になったというのは間違いないみたいです。

前置きにちょっとしたニュースをお話しましけど、今回は無酸素運動についてお話します。そこで、今日のテーマになるのが「無酸素運動は筋トレだけはない」です。




 

無酸素運動の基本は筋トレ

skeeze 

無酸素運動というは、あまり酸素を取りこまずに行う運動ですが、実際には激しい運動になるので酸素をあまり取り込めない状況になります。

筋トレをしていると、激しい運動ですのでなかなか酸素を取り込めないと思います。筋トレは体に大きな負荷をかけるものですから、酸素をうまく取り込めないのは仕方がないです。

筋トレをした後は、体が異様にえらいですよね。私も筋トレをし始めた段階では、数十分しただけでも体に大きな負荷がかかり体がしんどかったです。

無酸素運動の基本はやはり筋トレです。

家でも

ダンベル持ち上げ

腹筋

背筋

スクワット

腕立て伏せ

などさまざまな筋トレができます。スポーツジムに行くとより負荷をかける筋トレができますし、全身の筋トレが出来ますのでスポーツジムに行った方が効果が高いです。

筋トレは家でも出来る手軽なものですし、知識させ身に付ければ初心者でも簡単にできます。

半年後には筋肉がしっかりと増強できて、さらに基礎代謝も上がりダイエットにおいても一定の効果を発揮することになります

 

筋トレだけが無酸素運動ではない

さて、無酸素運動の基本は確かに筋トレですが、筋トレだけが無酸素運動ではないです。

激しい運動すべてが無酸素運動になるので、短距離走や激しいスポーツ全般すべてが無酸素運動です。

スポーツをすると自然と筋力が付いてきますけど、無酸素運動をしているから筋力が付きます。

私もサッカーをしたことがありますけど、数年ぐらいサッカーをするとやはり足の筋肉は付きますね。別に足の激しい筋トレをしたことはないですけど、走ったりボールを蹴ったりすると自然と筋肉は付くものです。

どうしても、筋トレでは飽きると言う人は、激しい運動ををしていきます。激しいスポーツは多くあり、サッカーや野球、テニスなど多くありますね。

スポーツですと、自分が好きな物も探しやすいので、定期的にスポーツをして楽しむのがお勧めです。

ゴルフが好きならゴルフ場に行けばいいですし、野球ならバッティングセンターがお勧めです。

無酸素運動の種類は多いですから、筋トレだけにとらわれずに他の運動を探すのも得策です。

 

無酸素運動はなるべく短時間

PublicDomainPictures 

今日は、無酸素運動は筋トレだけではないという事をお話しましたけど、最後に無酸素運動を続けるポイントとして、無酸素運動はなるべく短時間にしておきます。

1日に30分ぐらいがベストだと思います。

1日に長時間行うと、筋肉痛になるリスクが高いですし、肉離れなどの心配も出てくるので30分間しっかりと負荷をかけていけば無酸素運動は大丈夫です。

筋肉を痛めてしまってはあまり意味がないですし、体の疲労を考えると長く続けるためには30分ぐらいが良いのかなと思います。

あまり長い時間やると、体が持たないですから途中リタイアしてしまう可能性が高くなるのでその点は注意が必要です。このように、無酸素運動は激しいものですから、無理をしないことが大事なるので意識していきます。




 

今日のまとめ

無酸素運動の基本は筋トレ

無酸素運動は筋トレだけではない

続けるポイントは短時間