有酸素運動を長く続けるための工夫

こんばんわ。

健康的に痩せるためには、運動は必要になりますがウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は心拍数を良くしたり、体力をつけたりなどさまざまな健康効果が期待できます。

しかし、どうしても長く続ける事ができなかった人も多く、少しでも有酸素運動を長く続けるためにどうすればいいのかについてお話します。

そこで、今日のテーマは「有酸素運動を長く続けるための工夫」になります。




 

自分に合った有酸素運動を行う

mohamed1982eg

まず、考えなければいけないのがどのような有酸素運動を行うかです。

ウォーキング

ジョギング

ランニング

水泳

など複数存在しますが、どの運動をするかによって体にかかる負荷や消費エネルギーなどが違います。

体に負荷がかかる運動ほど消費エネルギーが多いですので、その分毎日続ける事によって痩せやすくなります。しかし、消費エネルギーが多く痩せやすい方が良いかと言えばどうではなくて有酸素運動で一番大事なのが「続ける事」です。

いくら消費エネルギーが大きい運動をしても、長く続ける事ができなければあまりダイエット効果は期待できないといっていいでしょう。

そこで、自分に合った有酸素運動を行います。

今まで運動経験があまりなく、体力にも自信がない方は「ウォーキング」がベストと言えます。

逆に、運動には慣れていてしかも体力に自信がある方は

水泳」や「ランニング」がお勧めになります。自分の体の状態や運動経験などを考えながらどの運動を行うのかを決めていきます。

また、最初は軽い運動をして少しずつ負荷がかかる運動をしていくような感じでも良いです。

このように、まずは続けられる有酸素運動を行っていくようにします。




 

運動しやすい服やシューズを用意

Hans

さて、有酸素運動を続けるためには、服やシューズも重要になります。運動しにくい服やシューズですと体への負担が大きくなって、余計に体に負荷がかかりやすくなり、結局えらくなって運動を辞めてしまう可能性があります。

有酸素運動に適している服やシューズをしっかりと準備して、有酸素運動をしていくようにします。

運動をするための専用のシューズや服というのは、スポーツショップやインターネットショップなど幅広いお店で販売しています。準備するために数千円から数万円ぐらいの費用は必要になりますが、専用の服やシューズを着用すると有酸素運動しやすいのでお勧めです。

私は一般的なシューズと運動専用のシューズで有酸素運動した事がありますが、やはり専用のシューズの方が体が軽くなりますし、歩いたり走ったりするのに適しています。

長く続けたいという方は、まずは専用の道具から準備するのがお勧めです。

 

有酸素運動ができるマシーンを購入

skeeze

有酸素運動を続けるための方法として、有酸素運動ができるマシーンを購入するのも1つの良い方法です。

テレビショッピングで紹介されたり、スポーツジムに行くと専用のマシーンがあります。

有酸素運動ができるマシーンを購入する事によって、自宅の中で有酸素運動ができるのでわざわざ外に行かなくても運動ができます。外に行ってめんどくさいという人は、専用のマシーンを購入することによってそのめんどくさい状態を払しょくできる可能性があります。

また、気分によっても外で運動したくない日もありますし、雨や雪などで外の状態が悪い時はなかなか外で運動しにくいです。

そのような日が続くと自然と、有酸素運動をするのがめんどくさくなってしまう可能性があるので、有酸素運動ができるマシーンを購入しておくのは有酸素運動を長く続けるための1つの案です。




 

今日のまとめ

自分に合った有酸素運動をしていく

専用のシューズや服を購入する

有酸素運動ができるマシーンを購入する

糖質制限ダイエットの良い部分とは

おはようございます。

久しぶりに朝早くの更新になりますが、今回はダイエットにおいて1つのテーマとなっちる糖質による記事になります。

そこで、今回のテーマは、「糖質制限ダイエットの良い部分とは」についてお話します。

糖質制限ダイエットは既に有名なダイエット方法であり、多くの人が実戦しているダイエット方法ですのでこれからダイエットをしたいという人にとっては知っておかなければならない方法だと思います。




 

糖質制限ダイエットとは

OpenClipart-Vectors 

まずは、糖質制限ダイエットはどのようなものかお話します。糖質というのは、炭水化物の一種だと思ってください。

私たちの身近な栄養素には炭水化物がありますが、主に炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っています。つまり、糖質制限ダイエットとは、炭水化物すべてを制限するのではなくて、炭水化物のうち糖質だけを制限するダイエットです。

食物繊維は、不足すると体にとって大きなマイナスになりますし、太るということにはほとんど関与していないですので、糖質制限ダイエットをする時には、間違って食物繊維も制限してしまうことがないようにします

糖質制限ダイエットは、糖質が多く含まれているパンや麺類、お米などの主食を大幅に制限するとおいうのが一般的です。逆に、糖質以外のものは制限する必要がなく、タンパク質など他の栄養素に関しては制限せずに普段通り食べていきます。

 

糖質制限ダイエットの良い部分

jsks 

さて、糖質制限ダイエットの良い部分ですが、まずなエネルギー自体を抑える事ができます。

糖質を多く摂取すると、多くの摂取エネルギーを確保してしまうので、その分1日の総カロリーが多くなってしまいます。

ご飯1合だけでも、約500カロリーありますし、うどん一般でも300~400カロリーなど比較的摂取カロリーが多いです。これらをしっかりと制限して、少ない量に抑える事によって、大幅に1日に摂取カロリーを制限する事がでいるので太りにくくなります。

 

また、糖質を多く摂取すると、体内ではインスリンが多く分泌してしまいます。インスリンはブドウ糖に変えてそれを体内に蓄積しますが、ブドウ糖は日々の生活や運動によって消費されます。

しかし、糖質を多く摂取すると体内に多くのブドウ糖が蓄積されて、日ごろの生活や運動などで消費できない可能性があり、その余分なブドウ糖が脂肪へと変換されます。

糖質を制限する事によってこの体内のインスリンの分泌を減らしてブドウ糖を少なくする事ができるのでブドウ糖が脂肪へ変換される可能性は少なくしてくれます

また、糖質制限する事によって血糖値も上がりにくくなるので糖尿病の改善や予防などにも一役かってくれるのもメリットの1つです

 

糖質制限はメリットはあるがやりすぎに注意

糖質制限はこのようにいくつかのメリットがあり、ダイエットに向いている方法です。しかし、糖質自体は私たちにとって必要な栄養素になります。

もし、糖質が過剰に不足すると、体内のブドウ糖も減りエネルギー不足になります。エネルギー不足になると体調がすぐれなかったり、頭がボーとして仕事や勉強などに集中できない可能性があるので注意します。

糖質制限ダイエットをうまく成功させるためには、適度に制限して体調管理をしながら無駄な脂肪を蓄積しないようにコントロールする事が大事です。今後も注目されるダイエット方法であり、成果もうまく行けば上がりやすいので、メリットと注意点だけは覚えておくようにします




 

今日のまとめ

糖質制限は糖質だけを制限するダイエット

糖質制限にはメリットがいくつもある

糖質制限はやり過ぎには注意が必要です

うまく痩せるために筋トレは全身を鍛えよう

こんばんわ。

最近は、雨が多い日が続いていますけど、こういう天気でもできる限りの運動をしてダイエット活動がおろそかにならないようにする事が大事です。

そこで、今回のテーマですが「うまく痩せるために筋トレは全身を鍛えよう」になります。

筋トレは、無酸素運動の1つであり、基礎代謝を上げる効果があります。もちろん長期的な事をが前提ですが、ダイエットにおいて大事な運動になるものです。そこで、今回はうまく痩せるための筋トレについてお話します。




 

筋トレはバランスが大事

stevepb

筋トレは基礎代謝を上げる効果もありますが、筋力を付けて見栄え良く痩せていく効果もあります。筋肉が適度に付いている方が痩せた時に体が引き締まって見えるのでよりスリムに見えますし、若々しく見えるので筋肉を付けながら痩せるというのはうまく痩せるためには必要です。

そこで、筋トレをする時はバランスを重要視します。例えば腕だけを鍛えて他の部分を鍛えないですと腕だけが筋肉がより付いてしまって体のバランスが悪くなってしまいます。

そうなるとアンバランスな体系になってしまう可能性があり、見た目においては少し違和感が出てしまう可能性があります。

そのような事が起きないように、なるべく全身を適度に鍛えてバランスが良い体系にしていくのが望ましいです。そうすると、うまく痩せた時に体も全身がバランス良く引き締まって見えるので納得がいく体系を手に入れる可能性があります。

ただ、痩せる事が目的の場合は適度に筋トレをする事が大事です。あまりに筋トレをし過ぎてしまうと筋力によって体重があまり減らないという現象が起きる可能性もあります

体重を減らす事が目的の場合は適度に筋トレをする事を心がけていきます。

 

毎日違う筋トレを行うのがお勧め

Arcaion

バランス良く痩せて引き締まった体を手に入れるためには、全身を適度に鍛える事が大事ですが、毎日違う部分を筋トレしていくのが望ましいです

今日は腹筋をしたから、明日は腕立てをしよう見たいに毎日事なった部分を筋トレしていくと同じ部分だけ鍛えてしまう可能性がなくなります。ローテーション制で各部分を鍛えていく事によってバランスが良く筋肉が付いて痩せていける可能性が高いですので、筋トレする時はどの部分を鍛えるのかを考えながら行います。

全身を鍛える場合は、筋トレの種類を多く知っておく必要があるので、筋トレの知識もなるべく身につけるようにします。

家でできる筋トレには、ダンベル持ち上げ、腹筋や背筋、腕立て伏せやスクワットなどがあります。もし、多くの筋トレの種類をこなしていきたいのであればスポーツジムがお勧めです。スポーツジムですと、専門のトレーナーがいますし筋トレ器具や機会も多いですので満足がいく筋トレができます

 

痩せるだけでは不満な方はぜひ筋トレを取り入れる

今回は筋トレのうまく痩せる方法についてお話しましたけど、ただ痩せるだけであれば有酸素運動メインでも十分です。

しかし、有酸素運動だけですとどうしても筋肉が落ちてしまう可能性があるので痩せた時に引き締まった体になるのは少し難易度が高いと思います。

痩せるだけではなくて、引き締まった体を手に入れたいのであればぜひバランスが良い筋トレを取り入れて自分の体を改善していくのがお勧めです。




今日のまとめ

筋トレはバランス良く行う

毎日違う部分を鍛える

引き締まった体を手に入れるためには筋トレ