なぜ間違ったダイエットをするのか

こんばんわ。

ダイエットをしている人は多いですが、正しいダイエットをしている人もいれば間違ったダイエットをしている人もいます。そこで、今日のテーマですが、「なぜ間違ったダイエットをするのか」についてお話します。




これだけダイエットに関する情報が多く、しかもダイエットの手助けになる食品やサプリも多いのに不健康なダイエットをする原因としてはいくつか考えられます。

今回はその点についてお話します。

silviarita

 

痩せる事だけ考える

まず、間違ったダイエットをしてしまう原因が痩せる事だけを考えているという事です。ダイエットをする時にはまずはどれぐらい痩せたいのかを考える人が多いです。

例えば

○10キロ痩せたい

○芸能人みたいに痩せたい

などです。ダイエットの目的自体が痩せる事ですので、目標を持って痩せる事だけに集中するのは仕方がない事です。しかし、ここで大きな間違いを犯します。

手っ取り早く痩せる方法を探してしまう

たしかに手っ取り早く早く痩せる事ができれば、痩せるという目標は達成するので急激に痩せるダイエットがあれば気にありますし、実戦したくなります。

しかし、私たちの体はロボットではないです。急激に痩せるというのは体にとって大きな負担になるので不健康に痩せる事につながります

また、痩せる事だけを考えているとそれ以外の事を考えない可能性があります。例えば体に負担があっても、病気のリスクがあっても痩せやすい方法を取り入れてしまうのです。結果的に体調不良になったり将来病気のリスクがあがるなど問題が起きます

ダイエットは痩せるのが一番の目的ですけど、痩せる事だけを考えずに自分の体や健康の事を考えながら行う必要があります。もちろん、リバウンドしては意味がないですので、リバウンドしないダイエット方法も大事になります。

 

サプリやダイエット食品に頼り過ぎる

Clker-Free-Vector-Images

ダイエットをする時に、ダイエットサプリやダイエット食品を聞いた事があると思います。痩せるための補助的な効果があるのでこれらを活用すると痩せやすくなる可能性があります。

ダイエットする時の補助としては最高ですので、私も使用するのをお勧めしたいです。

しかし、サプリやダイエットに頼り過ぎると話は違ってきます。サプリやダイエット食品に頼ると普段の食事がおろそかになるがあります。また、運動をしなくても痩せる事ができると考えて、運動もしなくなります

その結果、不健康に痩せてしまう可能性がありますし、サプリやダイエット食品でなかなか効果が出なかった場合はストレスもたまります。サプリやダイエット食品で痩せる場合は、あくまで普段食事と運動をメインに考える必要があります。

 

情報量が少ない

ダイエットする時には、当然痩せるための方法を調べると思います。調べる方法としては、インターネットやダイエット本、ダイエット経験者に聞くなどがあります。

ここで間違ったダイエットをするようになる原因としては、情報量が少ないという事です。ダイエットに調べて気にあるものがあれば実戦していくようになりますが、気になる方法があれば情報収集を辞めてそのダイエット方法に専念してしまう可能性があります。

そのダイエットが正しいかどうか、どれぐらい効果があるのか少し調べただけでは分からないです。また、ダイエットの基礎知識を身につければどのような方法が効果があるのか分かってきますから、ダイエット知識が乏しいですとその判断もできないです

つまり、気になったダイエットがあまり効果がない、不健康になる可能性がある場合は間違ったダイエットをしばらく行う事になるので体の負担が出てきます。

どのダイエットをするにしてもしっかりとダイエットに関する知識を身につけてからどの方法のダイエットが一番ベストなのかを考えてから行います。

ダイエットの情報量は多いですから正しいダイエットができる可能性は高いです。

 

今日のまとめ

痩せる事だけを考えると不健康になる

サプリやダイエット食品に頼り過ぎない

情報量が少ないのは危険です

ダイエットで注意したい病気①骨粗鬆症

こんばんわ。

ダイエットをしていく時には、間違ったダイエットをしてしまう事もあります。そこで、間違ったダイエットをしまった時に注意したいのが病気です。

そこで、今日のテーマは「ダイエットで注意したい病気①骨粗鬆症」になります。

骨粗鬆症は骨の病気になりますが、主に生活習慣やホルモンバランスによって引き起こされる病気ですが、ダイエットにも関係してくるので把握しておきます。

 

骨粗鬆症とはどのような病気

Taokinesis 

まずは、骨粗鬆症とはどのような病気なのか理解する必要があります。骨に異常が出る病気であり、骨密度の低下が主な症状になります。

私たちの骨は健康な場合ですと丈夫であり、ちょっとの衝撃では折れないです。健康な人で転んだり物にちょっとぶつけたりしても多くの場合は折れるどころかひびすらできないです。

この要因としては、骨の密度が濃いというのがあります。骨に密度があるからなかなか折れないというわけです。しかし、骨粗鬆症になると骨の密度が下がってスカスカになってしまう事もあります

骨の密度が低下すると、それだけ骨の強度も弱くなって転んだり、ぶつけたりしたらすぐに骨折する可能性が高くなります。

骨密度は検査する事ができますが、密度が低いと骨粗鬆症の可能性が高くなるので注意します

骨折しやすくなるので、普通の生活が出来にくい状況になりますし、骨折した場所が悪いと最悪車いす生活になったりとマイナス点が多いです。もし、骨粗鬆症になったら早めに治療する必要がありあまり骨に刺激を与えないように生活する必要があります

 

骨粗鬆症のリスクを高める危険因子

jsks 

骨粗鬆症は骨がもろくなる病気ですが、原因について考えます。

食事バランスの低下と運動不足

まずは生活習慣が主な原因になりますが、食事と運動は特に注意が必要です。偏った食事になると栄養不足になる可能性が高く骨が丈夫にならない可能性があります。

特に、カルシウム不足やビタミン不足というのは致命的ですので、バランスが良い食事を心がけます。次に、運動不足ですが、運動不足も体にとってマイナス要因であり、当然骨にも影響を与えます。運動不足になると骨がもろくなりやすいので注意します

 

この2つはすぐに改善できますし、もし食事のバランスが悪かったり、運動不足の人は早めに対策を考えて実行します。

食事ですとバランスが良い食事にする、運動の場合は適度に有酸素運動や無酸素運動をする事が必要です。

有酸素運動については有酸素運動はスリムになるためには欠かす事ができないです

無酸素運動については無酸素運動とは

を参考にしてください。

食事と運動の改善は骨粗鬆症のリスクを下げるだけでなくて、他の病気の予防になりますし健康的に痩せるためにも欠かす事ができないです。

 

間違ったダイエットで骨粗鬆症になる原因

では、間違ったダイエットをするとなぜ骨粗鬆症のリスクが上がるのかをお話します。

一番の原因なるのが

栄養不足

です。ダイエットをしていく人の中には食事制限ダイエットしている人が多いですが、過度な食事制限ですと栄養不足になりやすいです

栄養不足になると骨の成長や強度に影響してきますので次第に骨粗鬆症のリスクを上げてしまいます。特に注意したいのが、

思春期での食事制限です。

思春期は成長期にも当たりますが、この時には骨が成長している段階です。この時に骨にとって必要な栄養素が不足すると骨がうまく成長できずに強度が弱くなります。また、密度の方も低くなるので骨折したやすい骨になります。

特に女性の場合は、中年以降になると女性ホルモンの分泌量も低下するのでさらに骨粗鬆症になりやすいです。成長期での栄養不足になるダイエットは致命的になるので注意が必要です。

成長期の女性は美しくなりたい、スリムになりたい願望が強いですが間違ったダイエットをしてしまうリスクが高いですので、もしダイエットする時は正しいダイエットをしてなるべく食事制限は控える事が必要です。

 

今日のまとめ

ダイエットで注意したい骨粗鬆症

骨粗鬆症の主な原因は栄養不足と運動不足とホルモンの低下

成長期でのダイエットは特に注意する

簡単に痩せた5キロ

こんばんわ。

今日は私個人の日記になりますけど、実際に行ったダイエット方法についてお話します。この方法も健康的に痩せる事を目的としたダイエットです。

そこで、今日のテーマはですが、「簡単に痩せた5キロ

PublicDomainPictures 

 

少し脂肪が増えてきたの痩せる事にした

まず、今回のダイエットは1カ月から2カ月で5キロ痩せる事ができましたけど、なぜ本格的に痩せる決意をしたかというと単純に「脂肪が増えてきたから」という事です。

日ごろから痩せる意識を持っていますし、なるべく脂肪が蓄積されないように注意しています。しかし、たまには多く食べたいという時もありますし、天候などの影響が運動をする時間がなかった場合もありその提供で体重が増えてしまう事があります。

 

さすがに肥満体形にはなりたくないですし、病気のリスクを上げないためにも本格的にダイエットする事はあります。

 

行った方法は運動と食事

skeeze 

この時に行ったダイエット方法は運動と食事です。

運動ですけど、有酸素運動がメインになりますが夕方に30分から40分ウォーキングプラスジョギングを行う事です。

ウォーキングだけですと、消費カロリーはそこまで多くないです。30分ぐらいですと消費カロリーが100キロカロリー行かない場合も多いです。

しかし、半分ウォーキング半分ジョギングだと30分から40分で消費カロリーが150キロカロリーぐらいになります。実際に徒歩計を使って計算したので私のウォーキングとジョギングのペースでは確かな数字です。

毎回計っていましたけど、安定してこの数字ですのでぶれる事はほとんどないです。

運動で150カロリーぐらい消費できれば十分です。当然、カロリー消費には他の要素も多くあるので、運動だけでカロリーを消費する事自体が大きいです。

ジョギングを合わせる事によって負荷をかける事ができますし良い方法です。

食事ですけど、多少カロリーを制限する感じです。

stevepb 

まず行ったのがご飯をいつもより3分の2にする事です。ご飯はカロリーが比較的多い食品です。

1合ですと570カロリーぐらいあるのでこれを制限する事は摂取カロリーの削減になります。

それ以外の行った方法としては

野菜を多く摂取する

お菓子類は大幅に制限する

ジュースは飲まない

になります。これだけでもかなり摂取カロリーを制限できます。野菜を多く摂取すると書いていますけど、野菜はカロリーが少ないものが多いです。

つまり、他の食材を少し抑えてその分野菜を多く摂取します。多く摂取しても太りにくいですし、野菜は栄養素多く含まれているものが多く、さらに量が多いと満腹感も出ます。

ただ、野菜にも栄養素の量は違っていますしどの栄養素が含まれているのかも違いますのでなるべく栄養素が豊富に含まれている物を摂取します。また、野菜サラダにするのがお勧めです。複雑な調理をすると栄養素が抜けてしまう可能性があります。

特に野菜をゆでる場合は水に溶けるビタミン類はなくなってしまう可能性があるので注意します

 

食事に関してはカロリーが低い物を多く摂取して満腹感を出して、カロリーが多い食品は制限するといのが基本です。

サプリメントは利用していない

 

この痩せた方法ではサプリメントは一切服用していないです。ブログにサプリメントについて記載しているのに摂取していないのは少し理にかなっていないですが、サプリメント利用しなくても1カ月から2カ月ぐらいで5キロは十分痩せる事ができるからです

また、サプリに頼らずに痩せる事も大事です。サプリに頼り過ぎてしまうと他の痩せるための活動に隙が出来てしまいます。なるべく普段の運動と食事で痩せるのが健康的で良いです。

以上のような方法で無事に痩せる事ができましたけど、結論的には日々の生活習慣の改善で痩せる事ができるという事です。そこに補助としてサプリメントやダイエット食品を合わせるのがお勧めです。

 

今日のまとめ

1ヶ月から2カ月で食事と運動だけで5キロ痩せられる

運動と食事が痩せる事では大事

補助的にサプリメントダイエット食品を活用する事

運動を趣味して痩せたいのであれば

運動を趣味にして痩せる

に詳しく記載してあります。